So-net無料ブログ作成
映画、音楽、JAZZ ブログトップ
前の10件 | -

ダークナイト (バットマン) 化したジェームズ・ボンド。果たして「007」にダークさって要るの? [映画、音楽、JAZZ]

ちょっとここらで珈琲ブレイク…

先日、某映画レビューサイトでダニエル・クレイグの007「スカイフォール」の記事を読み、ちょっと気になって体調が悪かったこともあり、休日毎にダニエル主演の007を見直していました。
ここのところ映画観てなかったから、丁度いい機会かなと…。

KIMG1419.JPG


元々007シリーズは好きで、劇場では「私を愛したスパイ」以降、ピアース・ブロスナンの「ダイ・アナザー・ディ」まで。それ以前のロジャー・ムーア作品と、ショーン・コネリー作品はビデオ・DVDで全て観ている所謂「007マニア」(笑)。
ただダニエル・クレイグになってからのは劇場では観ていません。
どうしても彼の風体がジェームズ・ボンドって感じじゃないんですよね(苦笑)。
とりあえずはソフト化されてから一通りは観ているのですが…。

で、先日某映画レビューサイトでこのダニエル・ボンドの記事を読んで、かなりいい評価をされていたので、再度観てみようと思ったわけですが…。


続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

11月24日、フレディ・マーキュリーの命日にクィーンとフレディのことについて思うこと。 [映画、音楽、JAZZ]

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観てからクィーンの音が耳から離れない…。いつも頭の中をグルグル回っているという方、かなりいらっしゃるのではないかと思います。
私もそのひとりで、映画を観た後、怒涛の如くクィーンを聴きまくっている次第です(笑)。
観た者の心をがっちりと掴んだ映画「ボヘミアン・ラプソディ」。そして奇しくも本日11月24日はその渦中の人物、フレディ・マーキュリーの27回目の命日にあたります。
例年通り私もこの日はクィーンの音盤を聴きまくる日なのですが、加えて当ブログ記事でもクィーンのことについてちょこっと記してみようかなと思います。
(これはあくまで私の主観ですので悪しからず)

queen4.jpg


最初にお断りしておきます。今回のブログ記事には映画「ボヘミアン・ラプソディ」本編のネタバレが多少含まれます。未見の方はなるべく目を通されないよう、お願いいたします。劇場鑑賞されている方、または未見でも「別にネタバレ関係ないよ」「そんなこと全然問題ない」といっていただける方のみご覧くださいませ。勝手申し上げてすみません。


続きを読む


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

涙腺崩壊! 魂に響く映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。 [映画、音楽、JAZZ]

遂に、遂にこの時が来ました。
世界中のだれもが知るバンド "クイーン"のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーの半生を映画化した「ボヘミアン・ラブソディ」。
漸く見に行くことが出来ました。本当は公開日初日に行きたかったのですが…(涙)

KIMG1197 (1).JPG

天性の歌声を持つ青年フレディが、どのようにしてスターへと上り詰めて行ったのか。栄光に隠された“苦悩”と“挫折”、その果てに到達した“救い”を限りなくエモーショナルに描いた作品です。

※ 物語の核心に触れる部分、所謂 "ネタばれ" が本文に含まれています。ご了承ください。

続きを読む


nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

あれから25年…。鬼才デヴィッド・リンチが衝撃のドラマの25年後を描いた『ツイン・ピークス リターン』 [映画、音楽、JAZZ]

TwinPeaks.jpg

世界が熱望した 25年後の新作 !
空前の社会現象となり、 その後の海外ドラマブームの先駆けとなった 「ツイン・ピークス」が、25年の時を経て帰ってきました。
鬼才デイヴィッド・リンチが製作総指揮を手掛け、 海外ドラマの常識を打ち破った「ツイン・ピークス」。 最終回でローラ・パーマーがクーパー捜査官に 「25年後に会いましょう」と告げた まさにその“25年後"の世界を描く衝撃の問題作、全18話。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

奇跡の発掘! ジョン・コルトレーンの完全未発表音盤「Both Directions at Once: The Lost Album」 [映画、音楽、JAZZ]

今回はちょっと珈琲ブレイクを。
実は既に(6/29)リリースされていて、JAZZファンの方はもう堪能されているかとは思います。私も入手してこの一ヶ月、全く飽きずに聴きまくっているジョン・コルトレーンの完全未発表音盤『Both Directions at Once: The Lost Album』。本日はこちらを取り上げてみたいと思います。

lost.jpg

これは「世紀の大発見!」とか「奇跡の発掘!」とか絶賛されていますが、本当にその通りで、こんなにクォリティの高い音盤よく残っていたなぁ、出てきたなぁと私自身も驚愕してる音盤です。




続きを読む


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

「デヴィッド・リンチ : アートライフ」順次公開! [映画、音楽、JAZZ]

ようこそ、リンチの "アタマの中" へ!

リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか?
『ツイン・ピークス The Return』で再び世界を騒がせる、
映画界で最も得体の知れない監督―
その「謎」が「謎」でなくなる、かもしれない。

davidlynch.jpg


今回は個人的な嗜好の話でごめんなさいm(__)m
私の愛してやまない "変態監督"、デヴィッド・リンチのドキュメンタリー映画が新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、立川シネマシティを皮切りに、この27日より全国順次公開される。
自作について多くを語らなかったリンチが、自分自身の人生について語るドキュメンタリー映画だそう。
リンチマニアにとっては非常に興味深いドキュメンタリーですねぇ。
全国順次公開とあるのですが、公式サイトによると中部地方は名古屋公開のみで、なんと千種区今池の「シネマテーク」(2/24公開)。またコアな劇場ですなぁ(笑)。
上映期間も多分短いような気がするので、スケジュールを確認しておかなきゃ(笑)。

それに加え、東京では立川シネマシティで1/13~26、アップリンク渋谷では2/17~3/2の期間で彼の代表作品を一挙に公開するという…。

上映作品は劇場によって異なりますが、

『イレイザーヘッド』4Kデジタル復元版
『ロスト・ハイウェイ』デジタル復元版
『エレファント・マン』デジタル復元版
『マルホランド・ドライブ』デジタル復元版
『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』4Kデジタル復元版
『インランド・エンパイア』

といったラインナップ。「インランド・エンパイア」以外は全てデジタル復元版だとのこと。
これは是非堪能してみたいですねぇ。
特に個人的に大好きな作品、 "サイコジェニック・フーガ" 「ロスト・ハイウェイ」は劇場で是非観てみたい!
しかしこちらの作品群の公開は、果たして地方ではするのだろうか…(苦笑)。

いずれにしても、この『デヴィッド・リンチ:アートライフ』、公開が楽しみです。

-----------------------------------------


『デヴィッド・リンチ:アートライフ』公式サイト 

〇予告編



デヴィッド・リンチ/// 1946年アメリカ・モンタナ州生まれ。映画監督、脚本家、プロデューサー、画家。

米コーコラン・スクール・オブ・アーツ、ペンシルベニア美術アカデミー、アメリカン・フィルム・インスティテュートで絵画から映像制作を学び、映画『イレイザーヘッド』(1976年)で監督デビュー。その不気味で不可解な自主映画は全米で話題となり、独立系映画館の深夜上映にもかかわらずロングランヒットする。当時、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の『エル・トポ』(1970年)や、ジョン・ウォーターズ監督の『ピンク・フラミンゴ』(1972年)、ジム・シャーマン監督の『ロッキー・ホラー・ショー』(1975年)と並び、ポップカルチャーに大きな影響を与えた作品として "ミッドナイト・カルト" と呼ばれ、一部の観客たちに熱狂的に支持された。
次作『エレファント・マン』(1980年)はアカデミー作品賞にノミネート、『ブルーベルベット』(1986年)ではアカデミー監督賞にノミネートされる。『ワイルド・アット・ハート』(1990年)では、カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞。『マルホランド・ドライブ』(2001年)でカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞する。米国や日本でも大ヒットしたTVドラマ『ツイン・ピークス』(1990~1991年)の続編『ツイン・ピークス The Return』(2017年〜)でも監督を務め、大きな話題を呼んでいる。(公式サイトより)




イレイザーヘッド 4Kリストア版 [Blu-ray]

イレイザーヘッド 4Kリストア版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray



マルホランド・ドライブ 4Kリストア版 [Blu-ray]

マルホランド・ドライブ 4Kリストア版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray



ロスト・ハイウェイ 2Kリストア版 [Blu-ray]

ロスト・ハイウェイ 2Kリストア版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray



ブルーベルベット(オリジナル無修正版) [Blu-ray]

ブルーベルベット(オリジナル無修正版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray






ツイン・ピークス/ローラ・パーマー 最期の7日間 4Kリストア版 [DVD]

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー 最期の7日間 4Kリストア版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: DVD



nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

「STAR WARS Episode.8 最後のジェダイ」観てきました。 [映画、音楽、JAZZ]

先日のことになりますが、漸く「スター・ウォーズ ep. 8 最後のジェダイ」を観てきました。

sw8.jpg


観た感想・・・「うーん…。どうなんだろ」って感じ。
絶賛している皆様には申し訳ないんですが、勿論私もSWファンなので、絶賛したいところなのですが、なんか、こんなものかな~。と思えてしまいました。なんかマンネリ感が半端ないんです。
ep.4から6、ep.1から3、そしてこの新シリーズ2作と全て観てきてるのですが、この各三部作、一貫しておんなじ流れなんですよね。一話目でひとりのヒーロー(またはヒロイン)が誕生し、二話目でそのヒーロー(またはヒロイン)がどん底に堕ち、三話目で這い上がって行く…。
どのエピソード観てもそのパターンは崩れない。永遠のワンパターン展開なんですね。
今回も冒頭からクライマックスまで観たことある様なシーンばかり。
なんか観終わったあとの達成感がないんですよね~。もうちょっと「わっ」と思うような展開が欲しかったなぁ。こうなってくると、次回作の展開も読めちゃうし…。

あ、これはあくまでも私個人的な感想です(^^;。
全体的にはストーリーもしっかりしてて良い作品だとは思います。
まあ、なんだかんだ言っても、ここまで観ちゃってたら、2年後の最終章も多分観るのでしょうけど…(笑)。

で、レイア役のキャリー・フィッシャー、亡くなっちゃいましたが、どうするのかなぁと心配してましたが、結局次作ではレイア抜きという形で進めていくとか。

もうひとつ、その前に6月公開のスピンオフ作品「ハン・ソロ」は面白そうですね。SWファンの愛すべきキャラですから(笑)。

そうそう。Ep.8の劇中、キャストにデヴィッド・リンチの秘蔵っ子、ローラ・ダーンと、愛すべきやんちゃ俳優(?)、ベニチオ・デル・トロが出ていたのが嬉しかったな。

-----------------------------------------


--関連サイトLink--
「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」公式サイト
「ハン・ソロ」告知

--関連作品Link--





スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray







にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

なんと33年ぶり! 山下達郎が伝説のサマーソングベスト、続編をリリース! 「COME ALONG 3」 [映画、音楽、JAZZ]

come3.jpg

「33年ぶりに帰ってきた 「COME ALONG」 !!! 終わらない夏に贈る。」

なんと実に33年ぶりに名盤「COME ALONG」の続編がこの夏リリースされました。勿論DJは、あの小林克也。 これには本当吃驚です。 ちょっとこの記事のアップが遅くなってしまいましたが、これは取り上げないとね。
今年は久しぶりに「夏のタツローサウンド」炸裂ですかね(笑)。


続きを読む


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

あの "世界一美しい死体" の謎が25年の時を経て再び! 「TWIN PEAKS The Return」 [映画、音楽、JAZZ]

下呂御前山山行記の途中ですが、ちょっと珈琲ブレイク(笑)。今日はこの話題を…

25年前世界中に一大センセーションを巻き起こしたアメリカTVシリーズ、「TWIN PEAKS」。
放送終了から25年経った今、再び帰ってきます。
この話題、デヴィッド・リンチファンでありながら、恥ずかしいことについ最近まで全くノーマークでした(苦笑)。以前そういった噂を聞いたことがありますが、当のご本人様に全くそんな素振りがなかったものだから…
しかもTVシリーズの最終話。ローラ・パーマーの「25年後に会いましょう」のセリフ通り、本当に25年経った今、続編が出来てしまうなんて…

tp1.jpg


続きを読む


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

映画界の巨匠、逝く…ジョナサン・デミ [映画、音楽、JAZZ]

先日このニュースが飛び込んできました。
"「羊たちの沈黙」監督、ジョナサン・デミ氏が死去 73歳、食道癌の合併症"

demi.jpg


このニュースを目にしたとき、やはり思い浮かべたのが「羊たちの沈黙」のワンシーン。

代表作「羊たちの沈黙」はショッキングな内容でしたね。特にアンソニー・ホプキンス演じるレクターの怪演は心に刻みこまれる程素晴らしく、デヴィッド・リンチ監督の「ブルー・ベルベット」におけるデニス・ホッパーに並ぶ演技でした。

それだけあの映画は影響力のある作品で、この作品の公開後に同じようなプロットの映画が沢山世に出ましたっけ。
あのデミ監督が亡くなった…。




続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 映画、音楽、JAZZ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。