So-net無料ブログ作成

登山速報! 文殊の森、文殊山周回登山をしてきました。@岐阜県本巣市 [速報!]

知人の方が主催するアウトドア博覧会「MOTOSU OUTDOOR Fes.」(10月6日~11月17日開催)。
岐阜県の本巣市で行われる一大アウトドア・イベントにほんの少しだけ私もサポートさせていただくことになりました。(公式サイトはコチラ⇒)
私がスタッフとしてサポートさせていただくのは、「Outdoor Butlers」さん主催の登山部門、地図読み講習。実際の山でコンパスと地図を用いて、ハイキングをする実践講習です。
当日登る山の下見をと、先日の9/27日に岐阜県山県市にある里山、釜ヶ谷山へ向かったのですが、先日来の台風の影響で、登山口は荒れ放題。更に前日まで降り続いた雨のため登山道の足場が緩く、しかもヤマビルが大量発生しているとの情報を得、この日の下見は中止。
代替えとして、会場になる本巣市の「文殊の森公園」のキャンプサイトを視察しがてら、文殊山へサクッと周回ハイクをしてきました。

DSC_0102.JPG


詳細は後日またお伝えしますが、今回は例によってほんの少しだけご紹介します。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

2018.08.08 青い空と雲海、そして可憐な花々に囲まれた最高の山歩き。白山周回登山 (其の四;御前峰登頂、そして下山)  [山歩き]

白山登山、第四弾。
お池巡りを終え、いよいよ今回の周回登山の核心、御前峰に登頂します。
お花松原へ向かう途中、まさかの高山病が発症し、一時どうなるかと思いましたが、しっかり休養したのと、途中で飲んだ薬が効いてきてなんとか回復することができました。
この白山登山の最後の大一番、御前峰に向かって皆と一緒に登っていくことが出来そうです。

DSC_1201.JPG

抜けるような「白山ブルー」の青空の下、眼下の雲海と絶景を楽しみに白山御前峰へ出発です。

※ 前回のブログ記事はコチラ

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2018.08.08 青い空と雲海、そして可憐な花々に囲まれた最高の山歩き。白山周回登山 (其の三;お花松原への道と翠ヶ池) [山歩き]

辺り一面のお花と素晴らしい雲海。絶景の白山周回登山の第三弾です。
前回は白山登拝道から室堂へ、そして室堂から池を巡りながら一面に咲き誇るチングルマやリンドウ、クロユリを愛でながらまったりと散策いたしました。

DSC_1148.JPG

この第三幕は、大汝峰登山口から北東方向へ。同行のお友達が白山に来たらどうしても行きたいと話していた「お花松原」へ向かいます。そのお花松原にはこの時期、ハクサンコザクラという花が一面に咲いているのだといいます。
地図上では大汝峰登山口分岐から片道約一時間ちょっと…。距離でいくと結構な距離になるんじゃないかと。果たして辿り着けるのか。そしてお花松原一面に咲いているという、ハクサンコザクラを観ることが出来るのでしょうか。

※前回のブログ記事はコチラ


続きを読む


nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

登山速報! 久しぶりに低山歩き。地元ホームマウンテン、納古山と鳩吹山に登ってきました。 [速報!]

またまた速報です(笑)。
中々白山本編が更新できませんね(苦笑)。
今回は久々の地元低山歩き。岐阜県の七宗町というところにある、超有名低山の納古山と、同じ岐阜県可児市の木曽川沿いに鎮座する、これもまた有名低山の鳩吹山に滋賀県のお友達をお招きして登ってまいりました。

DSC_0005.JPG

先日蓼科へ登った時の山荘内で、たまたま同じ日に泊まっていた方が地元の方で、意気投合し、地元の山の話になったところ、この両山の話題で盛り上がり、聞いていた滋賀のお友達が是非行きたいということになり、お招きしてみました。本日はダブルヘッダー(笑)。


この両山は本ブログ記事に何度も登場していますので、興味ある方は是非INDEXで探してみてくださいませ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

登山速報! 蓼科山を中心に北八ヶ岳の山々を周回してきました。 [速報!]

ブログ記事は白山周回登山の途中ですが、先日、9/12~13で北八ヶ岳連峰の蓼科山を中心に周回登山を楽しんできたので、速報記事にてお伝えいたします。
ルートは北八ヶ岳ロープウェイ利用で、坪庭から北横岳を経由して蓼科山へ。蓼科山頂ヒュッテで一泊した翌日、大河原峠を経由して双子山へ。そして双子池と雨池といった池を巡ってきました。

DSC_1718.JPG

元々はこの日、徳本峠を島々からクラシックルートを歩き、霞沢岳へ登る計画をしていたのですが、計画段階から楽しみにしていたメンバーの一人が諸事情で参加できなくなり、その方がいなければこの山行をする意味がないとのことで、キャンセル。残りのメンバーで考え、その代案として挙がった計画でした。
北八ヶ岳の蓼科山は以前から気になっていた山で、是非とも行ってみたかったので、念願が叶ったわけですが、当日計画を実行してみると…

詳細は後日しっかりとお伝えいたしますが、今回も例によって触りだけお伝えしますね。


続きを読む


nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

2018.08.08 青い空と雲海、そして可憐な花々に囲まれた最高の山歩き。白山周回登山 (其の二;室堂からお池巡り・千蛇ヶ池) [山歩き]

絶景の白山周回登山、第二幕。
台風の影響により、当初の常念、蝶ヶ岳縦走を断念して影響の少ない白山登山へと変更。これがまた見事に当たり、素晴らしい晴天の下、絶景と沢山のお花を眺めながらの素晴らしい山歩きとなりました。

DSC_1105.JPG

早朝の取り付きから森林限界を越え、絶景とお花に囲まれた白山登攀。前回は室堂手前、黒ボコ岩までをお伝えいたしました。この第二幕は、いよいよ室堂から白山の核心でもあるお池巡りをお伝えいたします。

※前回第一幕のブログ記事はコチラ




続きを読む


nice!(7)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

2018.08.08 青い空と雲海、そして可憐な花々に囲まれた最高の山歩き。白山周回登山 (其の一;別当出合から砂防新道で黒ボコ岩まで) [山歩き]

当初の 北アルプス、常念岳から蝶ヶ岳へ小屋泊縦走という計画が、台風の接近でまさかの中止。その代替えとして候補に挙がった 白山登山。
速報!」でお伝えしましたが、山友さんのひとりが「どうしても "お花松原" のハクサンコザクラを観に白山に登りたい」との希望を受け、決定しました。天気予報では、白山方面は晴れ。全く台風の影響はない模様。ということで、私個人的に言うと初の白山登山ですが、楽しんできちゃいましょう。
今回のメンバーさんは前回の御嶽山登山のメンバー(本当はこのメンバーで常念~蝶を歩く予定でした)。

DSC_1047.JPG

しかし、地元から白山まで結構遠い(苦笑)。 高速を使っても登山口の別当出合まで3時間半は掛かります。しかも、白鳥ICから国道158号(美濃街道)が夜間は本当に真っ暗(笑)。途中サルやシカに何度も遭遇しながらもなんとか登山口までたどり着くことが出来ました(笑)。



続きを読む


nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

2018.07.30 ロープウェイで行く御嶽山 黒沢ルート7合目から賽の河原 (其の二;二の池、賽の河原) [山歩き]

ロープウェイでいく御嶽山、第二幕。
約9ヶ月ぶりの御嶽山まったり登山。前回はロープウェイを利用して7合目行者小屋から8合目女人堂へ。そして、聖域の境界である金剛童子を越え、9合目石室山荘を目指しました。
8合目から9合目に向かいながら振り返って望む景観の素晴らしさと、噴火の傷跡が生々しい登山道のアンマッチさを改めて体験しました。

DSC_0805.JPG

さぁこの第二幕は、いよいよ石室山荘から剣ヶ峰分岐を経て、二の池方面に向かいます。
非常にゆっくりと登ってきたので、やはり三の池、五の池小屋へは時間的にちょっと難しいかな? まぁ、行けるところまで行ってみましょう。

※前回のブログ記事はコチラ

続きを読む


nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

2018.07.30 ロープウェイで行く御嶽山 黒沢ルート7合目から賽の河原 (其の一;7合目行者小屋から9合目石室山荘) [山歩き]

速報!」でお伝えしておりましたが、7/30に約9ヶ月ぶりに御嶽山に登ってまいりました。
元々、仲間内で岐阜は中津川の奥に鎮座する「奥三界山」を歩く計画だったのですが、なんせこの暑さ、そしてルートを調べてみたら、かなり長い距離…(苦笑)。こりゃかなり過酷な山行になりそう。「もう少し涼しくなったら行きましょう」ということでこの計画は一旦蔵に仕舞って、ほかの山に登る案を練っていたところ、同行予定の滋賀のお友達おふたりが御嶽山が未踏との話を聞きました。それならばと、御嶽山に決定。

DSC_0740.JPG

普段は岐阜側の濁河温泉側の小坂ルートか、長野側の中の湯からの黒澤ルートで登るのですが、今回は御岳ロープウェイを使って黒澤ルート7合目から登ってみることになりました。ルートは黒澤ルート7合目から8合目、女人堂を経由して山頂剣ヶ峰分岐を二の池方面に向かいます。そして二の池、三の池を巡り、ピストンで下山するというルート。実は三の池から女人堂にショートカットできるトラバースルートが台風、大雨の影響で崩落し、通行止めになってしまったので、ピストンにせざるを得ない状況とのこと。
今回ロープウェイ利用なので時間的制約があり、16:30までに戻ってこないといけません。もしかしたら時間上、三の池までは行けないかもしれませんが、駄目なら二の池で折り返して帰ってきてもいいですね。
御嶽山初めてのお友達も楽しみにしています。噴火の傷跡もまだ生々しいところもありますが、それも含めて御嶽山の良さ、素晴らしさを堪能していただければと思いますね。



続きを読む


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。