So-net無料ブログ作成

「デヴィッド・リンチ : アートライフ」順次公開! [映画、音楽、JAZZ]

ようこそ、リンチの "アタマの中" へ!

リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか?
『ツイン・ピークス The Return』で再び世界を騒がせる、
映画界で最も得体の知れない監督―
その「謎」が「謎」でなくなる、かもしれない。

davidlynch.jpg


今回は個人的な嗜好の話でごめんなさいm(__)m
私の愛してやまない "変態監督"、デヴィッド・リンチのドキュメンタリー映画が新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、立川シネマシティを皮切りに、この27日より全国順次公開される。
自作について多くを語らなかったリンチが、自分自身の人生について語るドキュメンタリー映画だそう。
リンチマニアにとっては非常に興味深いドキュメンタリーですねぇ。
全国順次公開とあるのですが、公式サイトによると中部地方は名古屋公開のみで、なんと千種区今池の「シネマテーク」(2/24公開)。またコアな劇場ですなぁ(笑)。
上映期間も多分短いような気がするので、スケジュールを確認しておかなきゃ(笑)。

それに加え、東京では立川シネマシティで1/13~26、アップリンク渋谷では2/17~3/2の期間で彼の代表作品を一挙に公開するという…。

上映作品は劇場によって異なりますが、

『イレイザーヘッド』4Kデジタル復元版
『ロスト・ハイウェイ』デジタル復元版
『エレファント・マン』デジタル復元版
『マルホランド・ドライブ』デジタル復元版
『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』4Kデジタル復元版
『インランド・エンパイア』

といったラインナップ。「インランド・エンパイア」以外は全てデジタル復元版だとのこと。
これは是非堪能してみたいですねぇ。
特に個人的に大好きな作品、 "サイコジェニック・フーガ" 「ロスト・ハイウェイ」は劇場で是非観てみたい!
しかしこちらの作品群の公開は、果たして地方ではするのだろうか…(苦笑)。

いずれにしても、この『デヴィッド・リンチ:アートライフ』、公開が楽しみです。

-----------------------------------------


『デヴィッド・リンチ:アートライフ』公式サイト 

〇予告編



デヴィッド・リンチ/// 1946年アメリカ・モンタナ州生まれ。映画監督、脚本家、プロデューサー、画家。

米コーコラン・スクール・オブ・アーツ、ペンシルベニア美術アカデミー、アメリカン・フィルム・インスティテュートで絵画から映像制作を学び、映画『イレイザーヘッド』(1976年)で監督デビュー。その不気味で不可解な自主映画は全米で話題となり、独立系映画館の深夜上映にもかかわらずロングランヒットする。当時、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の『エル・トポ』(1970年)や、ジョン・ウォーターズ監督の『ピンク・フラミンゴ』(1972年)、ジム・シャーマン監督の『ロッキー・ホラー・ショー』(1975年)と並び、ポップカルチャーに大きな影響を与えた作品として "ミッドナイト・カルト" と呼ばれ、一部の観客たちに熱狂的に支持された。
次作『エレファント・マン』(1980年)はアカデミー作品賞にノミネート、『ブルーベルベット』(1986年)ではアカデミー監督賞にノミネートされる。『ワイルド・アット・ハート』(1990年)では、カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞。『マルホランド・ドライブ』(2001年)でカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞する。米国や日本でも大ヒットしたTVドラマ『ツイン・ピークス』(1990~1991年)の続編『ツイン・ピークス The Return』(2017年〜)でも監督を務め、大きな話題を呼んでいる。(公式サイトより)




イレイザーヘッド 4Kリストア版 [Blu-ray]

イレイザーヘッド 4Kリストア版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray



マルホランド・ドライブ 4Kリストア版 [Blu-ray]

マルホランド・ドライブ 4Kリストア版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray



ロスト・ハイウェイ 2Kリストア版 [Blu-ray]

ロスト・ハイウェイ 2Kリストア版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray



ブルーベルベット(オリジナル無修正版) [Blu-ray]

ブルーベルベット(オリジナル無修正版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray






ツイン・ピークス/ローラ・パーマー 最期の7日間 4Kリストア版 [DVD]

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー 最期の7日間 4Kリストア版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: DVD



nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

「STAR WARS Episode.8 最後のジェダイ」観てきました。 [映画、音楽、JAZZ]

先日のことになりますが、漸く「スター・ウォーズ ep. 8 最後のジェダイ」を観てきました。

sw8.jpg


観た感想・・・「うーん…。どうなんだろ」って感じ。
絶賛している皆様には申し訳ないんですが、勿論私もSWファンなので、絶賛したいところなのですが、なんか、こんなものかな~。と思えてしまいました。なんかマンネリ感が半端ないんです。
ep.4から6、ep.1から3、そしてこの新シリーズ2作と全て観てきてるのですが、この各三部作、一貫しておんなじ流れなんですよね。一話目でひとりのヒーロー(またはヒロイン)が誕生し、二話目でそのヒーロー(またはヒロイン)がどん底に堕ち、三話目で這い上がって行く…。
どのエピソード観てもそのパターンは崩れない。永遠のワンパターン展開なんですね。
今回も冒頭からクライマックスまで観たことある様なシーンばかり。
なんか観終わったあとの達成感がないんですよね~。もうちょっと「わっ」と思うような展開が欲しかったなぁ。こうなってくると、次回作の展開も読めちゃうし…。

あ、これはあくまでも私個人的な感想です(^^;。
全体的にはストーリーもしっかりしてて良い作品だとは思います。
まあ、なんだかんだ言っても、ここまで観ちゃってたら、2年後の最終章も多分観るのでしょうけど…(笑)。

で、レイア役のキャリー・フィッシャー、亡くなっちゃいましたが、どうするのかなぁと心配してましたが、結局次作ではレイア抜きという形で進めていくとか。

もうひとつ、その前に6月公開のスピンオフ作品「ハン・ソロ」は面白そうですね。SWファンの愛すべきキャラですから(笑)。

そうそう。Ep.8の劇中、キャストにデヴィッド・リンチの秘蔵っ子、ローラ・ダーンと、愛すべきやんちゃ俳優(?)、ベニチオ・デル・トロが出ていたのが嬉しかったな。

-----------------------------------------


--関連サイトLink--
「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」公式サイト
「ハン・ソロ」告知

--関連作品Link--





スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray







にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

三角点タッチ集 其の二 (2017) [登山関連(山道具など)]

三角点 (さんかくてん) ;三角測量に用いる際に経度・緯度・標高の基準になる点のこと。測量法で定められている測量標の一分類であり、永久標識に分類される。通常、見晴らしの良い場所に設置されるため高山の山頂付近に設置されている場合が多い。このため、一等三角点を山頂に持つ山の踏破を目標とする登山愛好者も多い・・・。(Wikipediaより)

DSC_0007.JPG


いつのころからか山頂に登る度に撮ってきた "三角点タッチ"。
今回はその第二弾として、昨年(2017年)のタッチ集をお届けいたします。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

三角点タッチ集 其の一 (2015~2016) [登山関連(山道具など)]

三角点 (さんかくてん) ;三角測量に用いる際に経度・緯度・標高の基準になる点のこと。測量法で定められている測量標の一分類であり、永久標識に分類される。通常、見晴らしの良い場所に設置されるため高山の山頂付近に設置されている場合が多い。このため、一等三角点を山頂に持つ山の踏破を目標とする登山愛好者も多い・・・。(Wikipediaより)

DSC_0156.JPG


いつからか、山に登り山頂を制した時に始めだした「三角点タッチ」。その山に三角点があれば必ずタッチするようになり、それがいつの間にか自分のなかの登山の儀式的なものになってしまいました(笑)。
そしてその三角点にタッチした様を写真に収めていたら、膨大な枚数になってしまいました(笑)。
今回は山に登る度に撮り続けてきた「三角点タッチ」の写真の数々をご紹介してみようと思います。
過去登った山の写真の整理をしていたら、やり出したのは2015年の9月に登った燕岳山頂から。
一部三角点だけの写真もありましたが、本日は2015年から2016年にタッチした三角点を並べてみます。

尚、「等級」や「点名」には拘りを持っていないため、その点については割愛させていただいています。




続きを読む


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

2017年の山行を振り返って [登山関連(山道具など)]

昨年一年間の山登りを振り返ってみると、この2017年は本当に様々な体験をさせてもらいました。
年初めから3月までの雪山体験は殆どの山で途中撤退。平日休みの方々、特に木曜に休みが集中している方を募った木曜登山会の設立(大袈裟だなぁ…笑)。地図読み講習の参加。夏はアルプス縦走。二度の御嶽山登山などなど…。
多分過去最高の山行日数になるのではないかと思います。
当ブログは自転車旅中心の記事でスタートしたはずなのですが、いつしか登山ブログに変わりつつあります(苦笑)。おかげさまでとうとう、登山記事が自転車旅の記事を越えてしまいました(笑)。
自転車もやらないといかんなぁ。と思いつつも、多分今現在は山登りが楽しくて仕方ないのでしょう。
暇があると、いつも山行計画を考えている今日この頃です。

DSC_0778.JPG


そこで、かなり遅くなってしまいましたが、昨年2017年の山行を振り返ってみました。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

2018.01.18 樹氷を求めて毎年恒例の綿向山登山 [山歩き]

毎年恒例となった綿向山登山。この山は積雪期、それは素晴らしい樹氷を観ることが出来ると話題になっていて、かの有名な登山誌「山と渓谷」にも紹介された名山。
ただ過去何回かにわたってこの山に樹氷を観に登っているのですが、決まって樹氷どころか雪も積もっていないという状況。全くもって相性が悪い…(苦笑)。
そこで、今回は在籍する登山会の仲間でイベント企画を立てずに、内輪だけで行こうと計画。更に、決行日をいつもの1月初旬を1月中~下旬に遅らせてみました。 内輪だけの少人数でと数人の友人に声を掛けたつもりなのですが、なんと集まったのが総勢11名(笑)。自分を含めて12名の大所帯となってしまいました(笑)。
まぁ、仕方ないですね(笑)。たまにはワイワイと登るのもいいだろうって…(笑)。

DSC_0154.JPG


で、いよいよ綿向山登山決行の日が近づいてきた3、4日前。まさかの気温上昇、そして雨。
当日ご一緒くださるヤマさん(久しぶりにご一緒します)が、下見をしてきてくださったときは最高のコンディションだったそうなのですが…。
不安材料一杯の中、いよいよ当日。果たして樹氷は観ることが出来るのか! そして雪のコンディションは?

過去の綿向山登山の記事はコチラ…
2016年1月6日
2017年1月6日



続きを読む


タグ:綿向山
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

2018.01.10 念願のスノーシュー・デビュー! 池田山 スノーハイク [山歩き]

本年度2座目は岐阜のお山。池田山に登ってきました。実のこと言うと、なんと池田山は初登山(笑)。
当初は伊吹山へスノーハイクに行く予定だったのですが、予報は全て荒れ模様。ならば「伊吹山の近くの山に登って伊吹山を望んでみよう」ということになり、登ってまいりました。
そして今回は私の念願のスノーシュー、デビュー! こちらも期待でワクワクでした。

DSC_0098.JPG


前回の藤原岳スノーハイクで、ご一緒戴いた方のスノーシューを試し履きさせていただいて、いたく気に入ってしまった私(笑)。次の日の仕事帰りに登山専門店に出向き、色々物色。その日は購入しなかったのですが、その晩の皆さんからの暖かい?悪魔の…いや天使の誘惑に(笑)後押しされ、思い切って次の日にゲットしてしまいました。ハッキリ言ってお小遣いがヤバイ感じなのですが、今後も使える逸品ということと、誕生日の自分へのプレゼントということで…(笑)。
…ってことで、今回初のマイスノーシューを持参してのハイキング。
雪の山が楽しくなるといいなぁ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

2018.01.05 2018年最初の山行は、バースディ登山、雪の藤原岳 [山歩き]

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
本年もまったりいきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
今年の正月は皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。私といえば、毎年恒例で2日から仕事でして、やっと落ち着いてきたという感じです。
で、巷の仕事始めである5日に休みを戴いて今年初の山歩きを楽しんできました。
登ったお山は、三重県と滋賀県の境にある、鈴鹿セブンマウンテン最北のお山、藤原岳。

DSC_0998-1.JPG

え? この山年末にも登らなかった? そうなんです。丁度一か月前の12月5日に藤原岳に登っていました。前回登った時は、樹氷を期待して登ったのですが、生憎ほとんど溶けてしまっていて天狗岩に向かう途中に少々雪原があった位。あとはドロドログチャグチャの山行でした。
年明けて、どこか気軽に行ける山ないかいなと山専門SNSで検索していたところ、藤原岳の雪の写真が目に留まり、皆に聞いてみたところ「是非登りたい」との返事が。
ということで、本年初の山登りは藤原岳になりました。そして当日はワタクシの〇〇回目のバースディでもあります。
今回は、勿論雪山ハイク。登山ルートも八合目からは冬道ルート(直登)に変更されています。冬用装備を完璧にして、さぁ、バースディ登山、楽しんできましょ♫

DSC_0011.JPG



続きを読む


nice!(5)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。