So-net無料ブログ作成

追悼…アルバムカバーワークの巨匠 [映画、音楽、JAZZ]

PF_afc_AtomHMother.jpg


本日は音楽のお話。…ちょっと違いますが(笑)。
私はCD(昔はレコード)を購入するとき、結構アルバムジャケットのデザインで購入するときがあります。お店で物色していて、目にとまったアルバムのジャケットデザインの善し悪しで購入を決めることがしばしば。某テレビ局の某アナウンサーが朝のワイドショーのMCで言っていた言葉、「音楽アルバムはジャケットを含めてひとつの文化」…まさしく私はそれです(笑)。
アルバムジャケットのデザインが良いものは、大抵内容も比例していると思います。ま、希に例外もありますが…(笑)。

で、選んだアーティストのアルバムのデザインを手がけている殆どが "ヒプノシス" という英国のデザイン集団。一度彼らのアートワークにハマって調べ上げたことがあります(笑)。
彼らの作品集を一冊の書籍にまとめたものも探しましたし、普段は行かない(笑)図書館まで足をはこんだこともありました。 多分画像を見ていただければこれらのアルバムジャケットを見たことある方も多いかと思います。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

峠をめざして [自転車関連]

漸く朝晩が涼しくなってきました。
いよいよ自転車シーズン第二幕の到来ですね(*^^)v。
この7月8月は酷暑を通り過ぎて炎暑になっていましたので中々遠出ができませんでしたが、これからのシーズン、時間があれば各方面に繰り出していきたいですね。

さて、私の愛読誌「シクロ・ツーリスト」も全国のジュンク堂書店で入手可能になり、リリースされる度にあちこち探すことなく購入できるようになったことに感謝♪
その「シクロ・ツーリスト」の今回の特集は『峠』。この特集は二度目(Vol.2で一度特集されています)。この2冊で日本の300もの峠が紹介されたことになります。
しかし、多いですね。紹介されているもので300。無名な峠も含めて日本にはどれだけの峠があるのでしょうか。
しかも、殆どのサイクリストがこの峠が好き(笑)。

KIMG2175.JPG
この2冊で300もの峠が紹介されている愛読誌「シクロ・ツーリスト」

峠とは、"山道を登りつめてそこから下りになる場所。山脈越えの道が通る最も標高が高い地点" とあります(Wikipediaより)。
なぜ人は峠に魅了されるのでしょうか。きつい勾配の坂道を必死に自転車を漕いで登っていく…。 その道中は苦しいのに、なぜ何度も峠にチャレンジするのでしょうか。

私自身も、坂道は基本好きじゃありません。いや、嫌いです(笑)。ですが、なぜか峠を目指してしまう…(笑)。苦しくて「もうダメ」なんて弱音を吐きながら、時には押し歩きをしてまで登っていきます。(苦笑)。そんなに沢山の峠を登ったわけではないのですが(先日も途中リタイアしてしまいましたし…--笑)、やはり「峠」という文字に強く反応してしまうのです(笑)。

以前、屋久島でトレイルランニングをされるという女性の方とご一緒することがあり、走ることについてお話をしたことがあります。その女性の方曰く、「山を走ったり、峠を目指す人間は、(自分を含めて)皆"M"だ(笑)」とのこと(笑)。
確かにそうなのかなと笑いながら思ったことがありますが…。

KIMG2179.JPG

愛読誌"シクロ・ツーリスト"には「心躍る峠越え、これがサイクリングの醍醐味である」「登りががつらい、下りが怖い、峠は嫌だと嘆きながらも実は皆峠が好き。地図を開くと勝手に"峠"の文字が飛び込んでくる。上るにしろ、避けるにしろ、峠が旅路を決めてくれる…」とあります。
う~ん、やはりサイクリストは皆"M"なのか!(笑)。


急な勾配の山道や林道を「ハァハァ、ヒィヒィ」と齷齪しながら登り続ける。「なんでこんな坂を」「もう嫌だ」とボヤきながらもやっとのことで峠に到達したときの達成感!
登ってきて里山のおばあちゃんたちに「あれまぁ、よく来なさったなぁ」と褒められる喜び(笑)。
山の頂点にやっとの思いで辿り着き、そこから観た山々の眺めの壮大さ、美しさ、そして何ともいえない高揚感を味わうために登っていくのかなぁ。

なんて考えながら、この2冊の300にも及ぶ峠の特集を眺めている今日このごろです(笑)。
そして、次はどの峠を走ってみようか…なんて妄想のなかで思いに耽ったりしてしまうのです(笑)。

皆さんは「峠」好きですか?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2013.08.22 中山道妻籠宿から大平街道へ 大平(木曽)峠を目指して [自転車散歩]

8月後半になってもまだまだ暑い日が続いています。暦の上ではもう秋なのですが、一向に秋の気配がしてきません。
私もこの暑さでいささかバテ気味。昨日も東濃地方は39度をマーク。一体いつまでこの暑さは続くのでしょうか。
そんな中、22日の休みの日に長野県の南木曽まで輪行して中山道妻籠宿から飯田方面へ向かい、大平街道を登ってきました。

KIMG2163.JPG

続きを読む


nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

2013.08.16 知多半島半分だけ縦断、そして名古屋…無念のリタイア [自転車散歩]

8月も折り返してもう後半に突入しました。皆様盆休みはしっかり休まれましたか?
私は相変わらず、この時期は猛烈に忙しく、夏休みは夏が過ぎ去ってからとなります。
涼しくなってからの休み♪ と言いたいところですが、今年も残暑厳しくなるような…(苦笑)。
もうちょっとの辛抱です(^^;

さて、先日の16日。亡き母親の命日でしたので、お休みを一日戴き、墓参り、供養に行ってまいりました。はいっ、勿論自転車です(笑)。
お寺が知多半島の半田市にあるので墓参りのあと、"知多イチ"でもできればと思い、輪行で行ってまいりました。

KIMG2135.JPG


続きを読む


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2013.08.12 ミニベロで多治見界隈町並み散策 (再訪) [自転車散歩]

午前中に組んだDahon Bordwalk ツーリング "ぼの" ヴァージョン(笑)を、午後というか夕刻ですが、試走させてみました。
日中はこの日もうだるような…というよりも溶けるほどの暑さ。新聞では「酷暑」ではなく、「炎暑」と書かれていましたが、ここ東濃地区はまさしくその "炎暑"(笑)。
昼過ぎには完成していましたが、夕方まで待って、陽が傾きかけてから家を出るようにしましたが…それでも暑い(苦笑)。一体どうなっているのでしょうか。

KIMG2110.JPG


続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

DAHON ミニベロ改造計画・その4 ツーリングバイク化実行中 [自転車関連]

本当に暑い東濃地区です(苦笑)。 本日も日中39.8℃。これで5日間連続で39度超え。
…もう笑うしかありませんね(笑)。

KIMG2116.JPG


本日(といってももう昨日になりましたが) 休みだったのですが、この暑さでは流石に遠出は躊躇します。今日のところは外出は夕方からにしようということで、予てから計画していたミニベロのツーリング車仕様にカスタマイズを実行いたしました。
幸い二日前にパーツが届き、丁度タイミング良く本日パニアバッグも届いたので、これは今日やるっきゃないでしょ(笑)。

KIMG2103.JPG
KIMG2104.JPG
二日ほど前に届いたリアキャリアとマルチポジションバー

今回ツーリング仕様にカスタマイズするにあたって、前回ハンドルの取替をフラットハンドルバーからブルホーンバーに変更する計画を取りやめたのですが、やはりどうしてもハンドルを替えたいという気持ちが治まらず、色々と検索をし、考えていました。
ミニベロを所有しているお方のブログやDahonオーナーの方のカスタマイズブログを拝見してみたら、マルチポジションバーを使用した画像を発見。「これは!」と思い、早速調べてみました。
マルチポジションバーは、様々なポジションでのハンドル操作が可能で、ロングツーリングでも疲れにくいとのこと。これですね(*^^)b。早速リアキャリアとともに発注いたしました。ブランドはDahonの色に合わせ、シルバーでBBBのもの(他のハンドルはブラックばかりで、BBBしかシルバーを扱っていなかったので)。

リアキャリアは、トピークやタイオガといったブランドのものも検討しましたが、結局Dahonのオリジナル純正モノで。どちらもちょっと高かったですが、奮発しちゃいました。嫁さんに金額知れちゃったら殴られるな…(爆)。

さて、Dahonくんのツーリングバイク化計画実行です。
まず、リアキャリアから。これは全くないところに取り付け、しかも純正ですからすぐに完了ですね(笑)。

KIMG2106.JPG
   ↓↓↓↓↓↓
KIMG2108.JPG
上段 ノーマルのDahonくん。 下段 オン・キャリアしたDahonくん。かなりイメージ変わりますね。

しかし、キャリアを取り付けただけでかなり印象が変わってしまうものなんですね。
次にハンドル。フラットバーからマルチポジションバーに取り替えます。まず裸のままのハンドルバーにマルチハンドル用のグリップをはめ込みます。クネっと曲がっているのではめ込むのにちょっと時間がかかってしまいました。

次にDahonくんのフラットバーを外します。まずグリップを外し、ブレーキレバーとシフターを抜き取ります。ブレーキレバーとシフターはそのまま使う為、ワイヤーから外さなくても良いので、簡単です。さらにスマホ用クレイドル、サイコンクレイドルを外し、マルチハンドルバーに取り付けます。

その後、マルチハンドルバーをDahonくんに装着。ブレーキレバーとシフトレバーをそれぞれ取り付けます。取り付け箇所に少々悩みましたが、結局バーエンドの部分に取り付けるのが一番簡単だということでバーエンド部分に取り付けました。これでよし!…あ、ベルを取り付けてない! ベルも取り付け箇所に悩みましたが、安易なところで左ブレーキレバーの横に(笑)。
跡で操作してみましたが、操作性に全く問題ないのでOKです(笑)。

そして完成です。案外早く出来てしまいました。

KIMG2109.JPG
完成したDahon Boadwalk D7 ツーリング仕様

これに本日届いたパニアバッグ(オーストリッチ製)を装着すれば、旅する自転車に変身です♪
あとは、実際走ってみての微調整ですね。
そのほか、ペダルの変更やマッドガード取り付けは追々やっていこうと思います。

KIMG2110.JPG
Dahon 旅する自転車、ぼのバージョン(笑)

さ、夕方、陽が陰ってきたら一度試走してみましょう♪
ということで、試走の様子は次回にアップいたします。ご期待下さい。

今回カスタマイズの参考にさせていただいたサイト
※サイトオーナー様、無断LINK申し訳ございません。
ケッタマシーン 的 ミニベロ 生活 ●●●
このサイトのオーナー様、メインページを拝見したら、実は隣の市にお住まいのレストラン経営者の方でした(´∀`)。 ちょっと嬉しい…(笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

愛読誌『シクロツーリスト』が… [自転車関連]

私の愛読誌のひとつである『シクロツーリスト』最新刊が名古屋近郊の書店から消えました。


…なんてことだ!(涙)





ct.jpgツーリングサイクル乗りのバイブル的存在でした。
毎回刊行を心待ちにしている雑誌なのですが、なんとこの度編集者の独立に伴い、出版社がグラフィック社から変わってしまったためでした。
シクロツーリストのブログで確認したら、販路がかなり少なく、殆どの書店での取り扱いは当面はされないとのこと。
名古屋地区では唯一取り扱うショップが、名古屋市南区の聖地カトーサイクル。
う~ん、私の住む地区からはちょっとばかし遠いです(泣)。
仕事帰りにも時間的に立ち寄ることが出来ないし…。
あとは、ネット通販という手も考えたのですが、Amazonなどの通販も当面はされない旨が書かれてありました。

半ば諦めかけていましたが、今まで定期購入していたジュンク堂に問い合わせたところ、池袋のジュンク堂で取り扱うそうで、特別にそちらから取り寄せていただけるとのこと。
いい書店だ(´∀`)。
しかし、名古屋のお店では当分取り扱う予定はないとのこと。
で、刊行された時に池袋に取り寄せはお願いできるかの問い合わせに対しては、「あちらの発注数による」ところみたいですね。毎回取り寄せということは難色をみせていました。

とりあえず、今回の分は取り寄せていただくことに。

今後どうしましょう。やはり、頑張ってカトーサイクルに立ち寄るしかないのか…(苦笑)。
あとは、出版社様に頑張って販路拡大をしていただくしかなさそうです。

ひびき出版様、どうかよろしくお願いいたします♪


--関連サイトLINK--
「シクロツーリスト&ランドヌール製作日記 」

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2013.07.31 中山道中津川宿から大井宿と下街道 再訪 [自転車散歩]

今回のポタリングは、7/31に約一年ぶりに中山道中津川宿から恵那大井宿を走ってきました。
昨年は初めてだったこともあり、殆ど街道を走っただけで散策する余裕がなかったので、今回はゆっくりと散策しながら走ってみることにしました。
前回の中津川宿から大井宿の旅は コチラ をご覧ください。

KIMG2032.jpg


続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。