So-net無料ブログ作成

2018.11.12 鈴鹿セブンマウンテンの名峰、岩の殿堂・御在所岳の秋。 初めての本谷ルート登攀。 [山歩き]

11月に入って、秋も段々深くなってきた感があり、紅葉と山を堪能したくて、どこかいいところないかと調べていたところ、滋賀の山友さんから「秋の御在所なんかどう?」のひとことで即決定(笑)。
そういえば御在所って秋に登ったことなかったような…。ということで、秋の御在所岳を登ってきました。
山友さん曰く「秋の紅葉を観ながら登るなら本谷が一番綺麗」だとのこと。
御在所岳登山は毎年恒例となっているのですが、その殆どが中道ルート。この本谷ルートは初めてです。
この本谷ルートは正規の登山道ではなく、登山地図にも記載されていない所謂バリエーションルートで、以前はよく、単独では絶対に入山しないような呼びかけもありました。これは現在も余程このルートを歩き慣れた経験者に同行してもらったほうが良いとされる難所。
私もこのルート、以前から気になっていたのですが、中々登る機会に恵まれず、今日に至ってしまいました。

DSC_0071.JPG

この度、ご一緒いただく山友さんが何回かこの谷で登っていらっしゃるということで、今回は念願の本谷ルートにチャレンジできることとなりました。
いやぁ、楽しみだなぁ。
-----------------------------------------


鈴鹿山脈の中心的存在、御在所岳。鈴鹿セブンマウンテンのなかでもとりわけ人気の高い山です。麓から山頂付近までロープウェイで上っていけることもあり、登山愛好者だけでなく一般の観光客にも人気があり、山頂は観光客と登山者が入り乱れるという中々他では見ることのできない光景も体験することが出来ます(笑)。

DSC_0085.JPG

登山としては、ルートが表、中、裏、武平峠、そして一ノ谷新道と代表的なルートが5本あります。
そしてバリエーションルートとして人気を誇るのが今回登攀した本谷ルート。
本谷は一ノ谷本沢を遡っていくルートで、丁度ロープウェイの通っている真下を登っていくのです(丁度中道と一ノ谷新道の間に位置します)。

DSC_1846.JPG

早速取り付きましょう。スタートは中道登山口から。中道の正規ルートはこの指標から右へ登っていくのですが、本谷は左に折れます。

DSC_1848.JPG

御在所山の家の前を通り…。

DSC_1850.JPG

沢に到達しました。ここから本谷ルートに入っていきます。

DSC_0001.JPG

本谷ルートに入っていきなりのガレ場!
沢を遡るということで、当然渡渉や山岳特有の巨岩のガレ場や、大小幾つもの滝が待ち構えています。その巨岩やいくつもの滝を乗り越えていかなければいけないという、かなり難易度の高いルートで、地図上にはルートが描かれておらず、また指標にも「上級者向け」と標されています。

DSC_0011.JPG

実際に道迷いや滑落事故も起きているそうで、入山は自己責任において行動するように勧告されているルートなのです。

DSC_1853.JPG

取り付いて暫くは谷の両脇はいい感じに紅葉していました。

DSC_0009.JPG

果てしなく続く、ガレ場の道なき道。岩ひとつひとつが大きいので乗り越えるのが中々大変(苦笑)。

DSC_0016.JPG

歩いてきた谷を振り返ってみる。いい景観ですね。雰囲気は最高です。

DSC_0025.JPG

暫し休憩。気持ちいいなぁ。

DSC_0027.JPG

谷を遡るということで、眺望は中道のようにはいきませんが、所々で紅く染まった木々を楽しみながら登れます。

DSC_0035.JPG

中腹まで登ってきて、ようやく顔を出した山々に歓喜したり…(笑)。

DSC_0037.JPG

岩が大きすぎてよじ登ることが出来ず、高巻きしたりとアトラクション味溢れます。

この本谷ルートにチャレンジして無事下山してきての感想としては、難易度も高かったですが、大変面白かったです。ロープウェイの真下を登っていく形で進むわけですが、自分たちの真上を通るロープウェイを仰ぎながら歩を進めるのもこのルートの醍醐味。

DSC_0049.JPG

沢に沿った岩場の登攀は北八ヶ岳の蓼科山登攀を思わせます。クライマックスの大黒岩へのロープを使った直登もスリル満点で楽しかった。紅葉は中腹までは綺麗でしたが、山頂付近はもう落ちきっていましたね。

DSC_0040.JPG

DSC_0058.JPG


流石難所といわれているルート、巨岩をひとつひとつ乗り越えて行ったり、ロープ、鎖を屈指しての登攀は少々手こずりましたが、大黒岩に登りきった後の達成感は半端なかったです。

DSC_0043-3a.JPG

解りにくいルートという認識でしたが、ペンキなどで、しっかりルート案内されていましたし、難所にはロープや鎖もしっかり付けられていたので、迷い等はありませんでした。

DSC_0076-1.JPG

最後のほぼ垂直の直登をよじ登ったところにある大黒岩から本谷を見下ろす…。気持ちいいですねぇ。

DSC_0075.JPG

大黒岩から周辺を見渡す。ん~、見晴らし最高です。ロープウェイが自分の目線の高さに!

DSC_0080.JPG

大黒岩から眺める迫力の鎌ヶ岳。先客の女性登山者がここでランチしてました。邪魔してごめんね。

DSC_0083.JPG

DSC_0083-1.JPG

上へ辿り着いたら、山頂に行く前に先ず腹ごしらえ。ロープウェイ山上駅内に移設した旧アゼリア(現ナチューレ)でお約束のカレーラーメンを。

DSC_0084.JPG

山上駅から眺める大好きな鎌ヶ岳。いつ見てもカッコイイ(*^^)v

DSC_0085.JPG

昼食後、山頂三角点へ。

DSC_0087.JPG

柵により手が届かないので、遠巻きにエア三角点タッチ(笑)。

DSC_0093.JPG

DSC_0094.JPG

望湖台からの眺望は、少々ガスが掛かってきてイブネも薄っすらとしか見ることが出来ませんでした。

DSC_0096-6.JPG

望湖台の一番先の岩に立ってみました(笑)。最近岩の上に立つことが多くなってきてる気が…(笑)。

DSC_0089.JPG

イブネ、また歩きたいねぇ。


DSC_0110.JPG

下山は中道ルートで。中道は普段登攀時でしかこのルートは使っていなかったので、かえって新鮮でしたね。

DSC_0111.JPG

DSC_0114.JPG

DSC_0116.JPG

いつもは振り返らないとその美しい景観を目の当たりにできない岩峰からの眺望を今回は目の前で眺めながら歩けるのです。贅沢ですねぇ。

DSC_0122.JPG

DSC_0125.JPG

中道の難所、7合目のキレットも下山に使うと崖を登る形になります。

DSC_0122-3.JPG

キレット登攀中♬ 下るときより緊張感が漂わないですよ。キレット下るのはちょっと緊張しますもんね(苦笑)。

DSC_0127.JPG

DSC_0143.JPG

また、下山に使った中道ですが、危険個所などに柵や木階段など取り付けられ、朽ちかけた梯子もしっかりと修復、整備されていてびっくりしました。3合目以下もあれだけ抉れていた登山道も奇麗になっています。整備、修復に尽力された方々には頭が下がる思いです。本当にありがたく思います。

DSC_0131.JPG

危険個所はこんな感じに綺麗に柵が取り付けられていました。

DSC_0136.JPG

DSC_0141.JPG

DSC_0145.JPG

3合目、2合目と高度を下げる毎に再び緑が赤に色付いてきて綺麗でした。

初めての御在所本谷ルート。楽しかったです。またこのルートで登ってみたいと思います。ほかの山友さんによると、雪の本谷も楽しいそうです。なんか気になりますよね。
ご同行、アテンドくださいました山友ヨッシーさん、本日は本当にありがとうございました。

尚、このルートは御在所岳のルート中、一番、二番の難所といわれているルートです(多分一番の難所は裏道にある "藤内壁" かと思います)。また、バリルートとなるため、ルート地図には記載がありません。案内板にもあるように上級者向けのルートとなりますので、決して単独では入らぬよう、また入山に関しては自己責任と自己判断でお願いいたします。
入山の際は地図とコンパスは必須です。必ず持参しましょう。

-----------------------------------------




--本日の山行ルート--
08:26 中道登山口駐車場 発
08:32 一ノ谷御在所山の家
09:21 不動滝
10:15 大黒滝
10:31 ジョーズ岩
10:48 大黒岩
11:24 一ノ谷新道分岐
11:26 旧アゼリア跡
11:32 御在所山上公園駅 ナチューレにてランチ
12:25 第一ケルン 裏道登山道九合目
12:36 御在所山 一等三角点
12:52 御在所岳 望湖台
13:00 御在所山 一等三角点
13:15 第一ケルン 裏道登山道九合目
13:20 富士見岩
14:22 キレット
14:27 地蔵岩
14:38 おばれ石
15:23 中道登山口
15:27 御在所岳中道ルート前駐車場 着

--本日の山行データ--
場所 三重県三重郡菰野町大字菰野
距離 6.4km
最大標高差 663m
平均斜度 上り:21.9% 下り:25.2%
獲得標高 上り:724m 下り:743m
日時 2018年11月12日 08:24:44 ~ 2018年11月12日 15:28:55
所要時間 7時間4分11秒
平均速度 0.9km/h

御在所岳(ございしょだけ):三重県三重郡菰野町と滋賀県東近江市の境にある標高1,212 mの山で、御在所山とも呼ばれます。鈴鹿国定公園の中に位置し、日本二百名山、関西百名山及び鈴鹿セブンマウンテンに選定されている山です。
急峻な岩壁や四季を通して花々が美しく、変化に富んだ山で、春夏の花々は勿論、秋の紅葉、冬の樹氷と年間通して楽しめます。また "籐内壁(とうないへき)" という岩壁があり、ロッククライミングの名所にもなっています。
また「岩の殿堂」ともいわれており、巨岩、奇岩が多く点在しているのも特徴。特に中道ルート上に "おばれ石" や "地蔵岩" 、山頂付近には "大黒岩" "ゆるぎ岩富士見岩"、国見尾根には "天狗岩" "ゆるぎ岩" などがあり、登山者の目を楽しませてくれます。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ





nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 4

えれぇこった2号

ぼのさん

おはようございます[わーい(嬉しい顔)]
本谷は何度か行ってますが、雪のない時に行った事ないので不思議な感じです!!
本谷で登って、その時々で色々なルートから降りれる本谷は良いですね。
by えれぇこった2号 (2019-02-08 08:53) 

ぼの

えれぇこった2号 ・kakaさま、
こんばんわ。本谷ルート、面白いですね。
今度は雪の本谷を体験してみたいです。
ただ、今年は雪少ないからちょっと見合わせですかね。
by ぼの (2019-02-08 23:49) 

yuko

険しい岩場も多い登山道ですね!
登山に慣れた方じゃないと危なそうな感じがしました。
そんな中で見れる紅葉は、きっとほんとに綺麗なんでしょうね!


by yuko (2019-02-09 15:11) 

ぼの

yuko さま、
このルートは、ビギナーの方は経験者の方と同行いただいたほうが良いかと思います。
その他の正規ルートなら道を逸れなければ大丈夫ですよ。
ロープウェイもありますので、不慣れでご心配なようでしたら、山頂までロープウェイで一気に登っちゃえます。
by ぼの (2019-02-09 22:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。