So-net無料ブログ作成

ダークナイト (バットマン) 化したジェームズ・ボンド。果たして「007」にダークさって要るの? [映画、音楽、JAZZ]

ちょっとここらで珈琲ブレイク…

先日、某映画レビューサイトでダニエル・クレイグの007「スカイフォール」の記事を読み、ちょっと気になって体調が悪かったこともあり、休日毎にダニエル主演の007を見直していました。
ここのところ映画観てなかったから、丁度いい機会かなと…。

KIMG1419.JPG


元々007シリーズは好きで、劇場では「私を愛したスパイ」以降、ピアース・ブロスナンの「ダイ・アナザー・ディ」まで。それ以前のロジャー・ムーア作品と、ショーン・コネリー作品はビデオ・DVDで全て観ている所謂「007マニア」(笑)。
ただダニエル・クレイグになってからのは劇場では観ていません。
どうしても彼の風体がジェームズ・ボンドって感じじゃないんですよね(苦笑)。
とりあえずはソフト化されてから一通りは観ているのですが…。

で、先日某映画レビューサイトでこのダニエル・ボンドの記事を読んで、かなりいい評価をされていたので、再度観てみようと思ったわけですが…。


-----------------------------------------


ジェームズ・ボンドは、各地で潜入捜査をしているNATOの諜報部員の情報が記録されているハードドライブを強奪した敵を追跡し、その組織をあと少しのところまで追い詰める。しかし、あと一歩まで迫ったところで、先に潜入していた同僚エージェント、 ロンソンが傷を負ってしまう。そんな中、上司のMは非情にも敵の追跡を最優先にするよう指令を下す。後から駆け付けたアシスタントエージェント イヴと共に、敵を追跡するボンドだったが……。 といった内容。
監督は演劇の舞台監督でもあるサム・メンデス。あの「アメリカン・ビューティ」(1999年)を世に送り出した名監督です。
あの映画は本当に面白かった。平凡な核家族が崩壊する過程で、現代アメリカ社会の抱える闇を時にコミカルに描いた作品。ケビン・スペイシーの演技もまた素晴らしかった…。

そんなサム・メンデスが監督をしたということもあり、「スカイフォール」は中々観応えがありました。過去のオマージュ的な要素を取り入れ、原点回帰を試みた作品でした。
撮り方も黒澤的な地形や構造を生かした描き方をし、映画そのものの原点回帰を狙っていたとのこと。
更に当初から言われていた「007のダークナイト化」。クリストファー・ノーラン監督の「バットマン」シリーズ、「ダークナイト」と同じビジョンで描いているということがこの作品の特徴でもあるといいます。
「現代に生きるヒーロー像」はこんなにもダークなんだ。
…ってか、007でダークさって要るのか?ってことなんだよね。
バットマンの舞台背景ならわかるのだけど…。

007は「私を愛したスパイ」からはリアルタイムで全て観ている、いわばマニアの部類なんだけど(笑)、このシリーズは日本の寅さんや釣りバカのように「愛すべきマンネリ」でいいんじゃない?
わざわざ今更イメージ変えなくても…。
大体がダニエル・クレイグが暗いんだから(笑)。…というより悪人顔(笑)。ジェームズ・ボンドって感じじゃないんだよね、やっぱ。
ジェームズ・ボンドって知的でそれでいてユーモアがあり、しかもスケベ(笑)な英国紳士。ダニエル・ボンド観ていてそんな感じ一切ないんですよね(ダニエルファンの方ごめんなさい)。
倒壊した建物の中から砂埃を巻き上げて出てきた時、シュッとネクタイを締めなおす…的なユーモアがジェームズ・ボンドなんだよなぁ。そんな演出がまったくここ2~3作は無いんですよね(涙)。
そういった意味では歴代ボンドのロジャー・ムーアやピアース・ブロスナンなんかが最もボンドらしいのではないかと思えるのですよ。

007-3.jpg


あと、余談ですが、"Q" の存在も以前のほうがいい味出してたました。特にデスモンド・リュウェリンが演じた "Q" が最高でした。発明が中々ユーモラスで、思わず「ふっ」と笑ってしまう…。ダニエル・ボンドではそれも殆どなくなっているんです(涙)。

確かに興行成績は公開されるごとに記録を塗り替えてきてるので、この「007のダークナイト化」は成功しているのかもしれません。
しかし、往年のジェームズ・ボンドファンはどう思ってるのかな?
少なくとも僕個人的には007は「永遠のマンネリスパイ映画」でいいんじゃないかと思うのですが。

大体オープニングに「ガン・バレル・シークエンス」が無くなっている007なんて007映画じゃないですよね~(笑)。

007-4.jpg


007好きな方、この新しいジェームズ・ボンド像に対し、どのような考えを抱いているのでしょうか。
ちょっと気になりますね。
そういえば、ダニエル・クレイグ、あと一作でボンド役を降りるそうですね。そうなってくると次のボンド役に抜擢される俳優もダニエルの印象をどう受け継ぐのか、これも見物です。

-----------------------------------------


『007 スカイフォール』
監督:サム・メンデス
出演:ダニエル・クレイグ ハビエル・バルデム レイフ・ファインズ ナオミ・ハリス
2012年作品





007/スカイフォール [Blu-ray]

007/スカイフォール [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ



nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 2

ローリングウエスト

小生も最近は映画漬けになっています。11月クイーン映画を2回、12月はクラプトン、1月はレディガガとホイットニーヒューストン映画、洋楽映画三昧で嬉しいです。
by ローリングウエスト (2019-01-27 17:01) 

ぼの

ローリングウエスト さま、
同じく映画三昧ですか!(*^^)v
しかし、全て音楽がらみの映画(笑)。
ローリングウエストさんらしいですね(^^
ホイットニー、どうでしたか?
これは私も気になっている映画。
あと、エルトン・ジョンの伝記映画もやるらしいですね。

by ぼの (2019-01-27 22:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。