So-net無料ブログ作成

登山速報! リハビリ登山で鳩吹山から継鹿尾山縦走してきました。 [速報!]

今年に入って正月明けから体調を崩し、ずっと山に行くことが出来ませんでした。 本当に今年の風邪はしつこい(笑)。熱はすぐに治まったのですが、咳が止まらなかったことと、喉の痛みが中々引きませんでした。幸いインフルエンザではなかったので、ほっとしていますが、今年も猛威を振るっていますね。皆さんどうか体調だけは十分にお気を付けくださいませ。
さて漸く治ってきたので、5日の御在所以来久方ぶりに山友ハジメくんを誘って山歩きをしてきました。
リハビリ登山ということで、可児市と犬山市に跨るホームマウンテン、鳩吹山と継鹿尾山を縦走です。
ハジメくんは鳩吹山は初めて。兼ねてから気になっていた山だったそうです。自分のホームマウンテン、気に入ってくれるといいな。

DSC_0695.JPG

前回の御在所は、山に登らない山歩き(ロープウェイで山頂まで)でしたので、本格的な山歩きは今年初。
久しぶりの山歩き、楽しかったです。

-----------------------------------------


鳩吹山登山口である可児の可児川下流域自然公園駐車場に集合は9時。ただ、山友のハジメくんが車中泊でこの駐車場で一晩過ごすとのことで、ちょっと早めに到着。

DSC_0683.JPG

久しぶりの鳩吹山。登山口駐車場から鳩吹山山頂を仰ぎ見ます。なんだか嬉しいね。
今回のルートはいつもと変わらず。鳩吹山側、カタクリ登山口から取り付いて犬山側継鹿尾山に登頂後、寂光院に降りて犬山遊園駅から電車で可児川へ戻るというルート。今回は北回りルートを使い、西山(両見山)も経由します。

DSC_0685-1.JPG

カタクリ登山口から取り付き、いきなりの急登。久しぶりだぁ♬

DSC_0685.JPG

この急登で早朝かなり寒かったのに(マイナス3度でした)、既に汗ばんできました。

DSC_0686.JPG

山頂との中間点、小天神展望台に到着。

DSC_0688-1.JPG

展望台からの眺めは最高です。ここから眺める御嶽山は綺麗なのですが、本日の御嶽山は恥ずかしがり屋なのか雲に隠れ…(涙)

DSC_0691.JPG

ほどなく鳩吹山山頂に登頂。登山口から凡そ30分くらいか。サクッと登れちゃいます。

DSC_0690.JPG

山頂三角点にタッチ。

DSC_0693.JPG

DSC_0695.JPG

山頂からの眺めも抜群です。やはり御嶽山は今日は薄っすらとしか見えませんでした(涙)。そしてここから眺める事のできるもう一つの絶景。日本のライン川、雄大な木曽川は素晴らしい。

DSC_0701-1.JPG

さ、継鹿尾山を目指しましょう。先ずは西山へ。

DSC_0700.JPG

この指標の文字に萌え(笑)。この字体が結構好きなんです♬。

DSC_0697.JPG

いい天気だぁ! と天を仰ぐ山友ハジメくん。・・・が、しかし実際は自衛隊機を眺めニヤリの図でした(笑)。

DSC_0703.JPG

今回は北回りルートを使って縦走。最低鞍部にある沢を渡ります。

DSC_0704-1.JPG

北回りルートの岩場の急登を登る。久しぶりの結構な傾斜。汗かきますわ。

DSC_0705-1.JPG

西山(両見山)山頂に登頂。ここは眺望無し。でも三角点はあります(笑)。

DSC_0706.JPG

でもって三角点タッチ。本日二座目。

DSC_0707.JPG

西山休憩舎へ向かいます。そこでランチタイムにしましょう。

DSC_0709.JPG

西山休憩舎到着。ここでお昼ごはん。ここ鳩吹山では火気厳禁。勿論バーナーも使用不可です。なので、持参した弁当を。

DSC_0710-1.JPG

今日のランチは先日マツコの番組で取り上げられた「蒙古タンメン」のスープのみのバージョンにおにぎりを投入していただきます。美味でした。

DSC_0714.JPG

昼食後継鹿尾山に向け出発です。鳩吹山の終点、石原登山口から継鹿尾山へ。この先からは犬山市となります。

DSC_0717-1.JPG

幾つかのアップダウンを進んで遂にあの難関、「バカ階段1-2-3」に。バカ階段の前でポーズをとってみた(笑)。

DSC_0718.JPG

バカ階段1-2-3、その二。この辺りまではまだ元気(笑)。

DSC_0719.JPG

久々のバカ階段♬ 鳩吹・継鹿尾が初体験の山友くんは当然ながら初体験(笑)。

DSC_0721.JPG

バカ階段その二の後半は岩場の急登。ここが結構好きですね。岩場に萌えます♬

DSC_0722.JPG

登り詰めて今来た道を振り返ってみる…。向こうの山の斜面に続く一本の道。この絵、好きです。

DSC_0723.JPG

さ、バカ階段1-2-3、最後の階段です。この階段が最も長く、辛い…。この階段の真ん中くらいで大体息が切れてくるんです(爆)。
そしてこの階段を登りきれば…

DSC_0724.JPG

継鹿尾山山頂です。新しく山名の案内板が付けられていました。それによると三角点の点名は "栗栖村" とのこと。これ知らなかったなぁ。

DSC_0725.JPG

継鹿尾山の三角点にタッチ。本日三座目。

DSC_0727.JPG

山頂からの眺望。こちらは犬山市と木曽川が望めます。そして遠くは名古屋のタワービル、そして岐阜市方面へは金華山も眺めることが出来ます。
標高300m満たない山でこの眺望は素晴らしいですよ。

DSC_0731.JPG

東屋に掛かっていた短冊。書いてあった言葉にほっこり。心和む言葉ですよね。

DSC_0733.JPG

下山前に山頂三角点を囲んで、一枚。

DSC_0734.JPG

継鹿尾山から下山。寂光院に向かいます。

DSC_0736.JPG

下山したところに犬山寂光院。ここは秋は「紅葉寺」となり、一面真っ赤になります。もうひとつ、ここは縁結びの聖地にもなっているそうです。ハジメくん、せっかくだからお参りしときなさいね(笑)。

DSC_0737.JPG

寂光院本道。荘厳な空間…。

DSC_0743.JPG

信長も眺めたかもしれないという展望台にて。いつもここで眺望するのですが、実は何気に撮っていた観音像、全て干支が彫られていました。こんだけ何度も来ていて、初めて知り得ましたわ(苦笑)。自分の干支の観音像発見。「大菩薩観音」でした。

DSC_0744-1.JPG

今日も怪我無く無事下山できました。お疲れさま。
帰りは犬山遊園口駅まで歩き、そこから可児川駅まで名鉄電車を利用。ぐるっと周回終了です。

DSC_0746-1.JPG

下山後は鳩吹山麓の温泉「湯の華アイランド」でまったり。結構ゆっくりして男だけの色々ディープな話もできました。たまにはこんなのもいいですね。

久しぶりの鳩吹山、継鹿尾山の縦走。病後のリハビリ登山ですが、ウキウキ、ワクワク(笑)。久しぶりの山歩きが嬉しかった(笑)。
早朝と夕刻は寒かったですが、昼間は風も殆ど無くて暖かく、カタクリからの登り、北回りルートの岩場の急登では汗ばむくらいでした。
本日お付き合いいただいた山友、ハジメくん、本当にありがとうございました。
また行こうね。

-----------------------------------------




--本日の山行ルート--
09:29 カタクリ登山口 発
10:08 鳩吹山山頂
11:06 一休さん
11:22 西山(両見山)山頂
11:43 西山休憩舎~ランチタイム
12:09 西山休憩舎 発
12:52 石原登山口
13:43 継鹿尾山山頂
14:15 継鹿尾山寂光院本堂
14:35 寂光院山麓広場 着

--本日の山行データ--
場所 岐阜県可児市土田 ~ 愛知県犬山市大字継鹿尾
距離 8km
最大標高差 289m
平均斜度 上り:15.7% 下り:12.6%
獲得標高 上り:551m 下り:511m
日時 2019年1月21日 09:27:05 ~ 2019年1月21日 14:35:02
所要時間 5時間7分57秒
平均速度 1.5km/h

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ



nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 4

えれぇこった2号

ぼのさん

おはようございます。
体調崩されてたんですね。
リハビリ登山と言いながらなかなかの急登。。流石です。
なぜか風邪はほぼ引かない私(~_~;)
鳩吹山かたくりの時期に一度登りたいお山です。
速報と言うのに、凄く細かくて本編でも良いくらいですね^_−☆

病み上がりインフルには気をつけて下さいね!



by えれぇこった2号 (2019-01-24 08:54) 

tsun

眺望がきく山はいいですね。
by tsun (2019-01-24 10:06) 

ぼの

えれぇこった2号・kakaさま、
こんばんわ。
7日くらいから2週間ばかし体調崩しておりました。
もう大丈夫です。今年の風邪は喉にきます。
kakaさんも十分気を付けてくださいね。
今回の記事、速報にしてみましたが、そのまま記事にしちゃおうかなって思っています(笑)
by ぼの (2019-01-27 00:40) 

ぼの

tsun さま、
この鳩吹山と継鹿尾山は標高300前後なのですが、
とにかく眺望がいい。
鳩吹山からは北側の御嶽や中央アルプスの山々が、
継鹿尾山からは名古屋のタワービルや遠くは金華山まで。
贅沢な山ですよ(*^^)v
by ぼの (2019-01-27 00:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。