So-net無料ブログ作成

2018.10.26 京都一周トレイル 第2ステージ 東山ルート・蹴上から比叡山 (後編;哲学の道から瓜生山、そして比叡山へ) [ご当地トレイル]

京都一周トレイル 第2ステージ 東山ルート。
後編の本編は、哲学の道から再び山に入り、瓜生山を経て比叡山に向かいます。
蹴上から大文字山を目指した前編。台風による倒木でかなり手こずりましたが、火床を観ることが出来、とても感動しました。
さて、この後編、哲学の道から比叡山の区間ではどんな素晴らしい景観をみせてくれるのでしょうか。

DSC_1467.JPG

ルートは銀閣寺の傍、哲学の道から瓜生山、てん子山を経て比叡山へ。東山最終標識をタッチし、叡山ケーブルで下山する予定です。
さぁ、歩を進めましょう。

※ 東山ルート前編の記事はコチラ

-----------------------------------------


DSC_1406.JPG

哲学の道を後にし、再び山手の方向に歩を進めます。

DSC_1412.JPG

街道の瓦付きの塀が古都らしいですね。

DSC_1413.JPG

再び山に入っていきます。

DSC_1414.JPG

苔生した岩が緑に光って美しい…。

DSC_1416.JPG

DSC_1417.JPG

大山祇神社に到着。ここから本格的な山道となります。

DSC_1417-1.JPG

暫くはなだらかな登山道。この辺りは荒れていませんね。

DSC_1418.JPG

自然林が覆う登山道を登ります。

DSC_1419.JPG

ピークに差し掛かると、京都トレイル標柱が。

DSC_1422.JPG

ここは白幽子巌居之碑。ここで小休止。
白幽子は石川丈山(1583~1672)弟子の弟で,医道に精通していたと伝えられているとのこと。

DSC_1423.JPG

そこから更に歩を進めると尾根道に出ます。尾根道の分岐に京都トレイル標柱があり、指標に従い尾根を登って瓜生山へ。

DSC_1425.JPG

ここから瓜生山山頂までは何体かの石仏が置かれていました。

DSC_1427.JPG

DSC_1429.JPG

尾根を登りきると祠が見えました。瓜生山山頂です。
瓜生山は、標高294メートル。勝軍地蔵山とも言われているそうです。播磨国からこの山に現われた牛頭天王がキュウリを好物としたことから名付けられたとのこと。また応仁の乱後、将軍足利義晴がこもった古城跡でもあるそうです。山頂が開けているのはかつては城があったことを証明していますね。

DSC_1433.JPG

瓜生山から向かう比叡山が見えました。

IMG_0095[3281].JPG

この山には三角点がないので、登頂の記念に一枚。

DSC_1434.JPG

さ、次に進みましょう。瓜生山を越えてすぐに白鳥山。東山三十六峰のうちのひとつです。

DSC_1435.JPG

時折木々の間から京都の町の景観が見えます。今日もいい天気だ。

DSC_1436.JPG

DSC_1437.JPG

てんこ山付近を通過。てんこ山には山頂に三角点があるので、ここもルート外ですが三角点を踏みに行きます。

DSC_1438.JPG

DSC_1439.JPG

てんこ山(天子山)山頂三角点、そして本日二度目の三角点タッチ。てんこ山は木々に覆われ眺望はなし。あとから調べたら、ここも山城があったそうで、一乗寺山城跡と別名がしるしてありました。
三角点点名は「掛橋」とあるのだけど、山の名前は「てんこ(天子)山」。紛らわしいですね(笑)。
時間があったら、名前の由来を調べてみよう。

DSC_1444.JPG

てんこ山の急な斜面を下り、本道に戻ります。

DSC_1445.JPG

掛橋石鳥居に到着。いよいよラスボス、比叡山に挑みます。

DSC_1446.JPG

DSC_1447.JPG

トレイルルートの比叡山へは一旦谷まで下ります。そう簡単には登らせてくれませんね。

IMG_0119[3276].JPG

DSC_1450.JPG

沢を渡り…。再び登る。

DSC_1451.JPG

そしてまた下る…。

DSC_1452.JPG

水飲対陣跡碑。千種忠顕が足利直義軍と比叡山麓西坂本水飲で戦いました。この石標は延元元(1336)年6月7日に千種忠顕が戦死した地を示すものだとのこと。

DSC_1455-1.JPG

近くで珍しい木を発見。周りの樹木から見ると、ひときわ大きくてまるで御神木のよう…

DSC_1458.JPG

「浄刹結界跡」この浄刹結界は比叡山の境界線で、かつてはここから先には女人が入ることが禁じられていました。

DSC_1462.JPG

浄刹結界跡を越え、山道を登っていきます。この山道は雲母坂と呼ばれているようです。雲母坂(きららざか)は京都の修学院から比叡山延暦寺東塔へ抜ける道で、京都側からの主要道として利用されてきたとのこと。

DSC_1463.JPG

京都トレイル標柱、70番。漸くケーブル駅の文字が出てきました。

DSC_1464.JPG

指標に従い、更に登っていくとまたもや夥しい倒木が目の前に現れます。

DSC_1465.JPG

分岐の付近。今日一番の倒木。大文字山の倒木が凄いと思っていましたが、それを遥かに凌ぐ状況。ここまで来たら、もうアートですよね(苦笑)。

DSC_1466.JPG

尾根を上がっていくと木々の隙間から京都の町並みが望めるビュースポットが。

DSC_1468.JPG

夕刻に近づくにつれ、雲が立ち込めてきました。雲の隙間からスポットライトのように陽の光が差し込み、街を照らします。

DSC_1469.JPG

歩を進めるにつれ、再び倒木が目立ってきます。道を塞ぐように倒れる木を再び掻い潜って進んでいく…。

DSC_1470.JPG

尾根と尾根の間の木々は壊滅的。

DSC_1472.JPG

これ、果たして前へ進んでいけるのだろうか…。

DSC_1474.JPG

何とか独り通れるくらいの隙間を縫うように歩く。

DSC_1476.JPG

完全に道が塞がれれてるし…。

DSC_1477.JPG

倒木に加え、結構キツイ急登が続く。通れない箇所は迂回路が造られていたのですが、そこもまた潜り抜け難い…。

DSC_1478.JPG

足場がしっかりしている道は伐採されていました。本当に整備されている方々に感謝です。

DSC_1479.JPG

なんとか地獄絵図のような倒木現場を抜けることができました。

DSC_1481.JPG

さぁ、比叡山最終標柱まで最後の登りです。

DSC_1482.JPG

最後の倒木個所を迂回して…。

DSC_1483.JPG

ケーブル駅が見えてきました。東山ルート踏破です。

DSC_1486.JPG

比叡山ケーブル駅前に到着。おつかれさま。 しかし、最後の最後まで気の抜けない山歩きでしたね。まさかここまで酷いとは…。

DSC_1485.JPG

東山ルート最終標柱に三人でタッチ。今回は踏破した感が半端ないですねぇ。良くあれだけ酷い山道(特に雲母坂)を歩いてきたものです。

DSC_1492.JPG

IMG_0148[3282].JPG

第2ステージ、東山ルート完歩の記念にケーブル駅前にて記念撮影。

DSC_1489.JPG

駅裏の分岐に北山ルート1番の標柱。次回からは北山ルート。 次はここから鞍馬まで歩きます。

DSC_1496.JPG

さ、休憩したら下山しましょう。下山はケーブルカーに乗って麓まで降りていきます。

DSC_1501.JPG

ケーブル八瀬駅に到着。お疲れさまでした。

DSC_1502.JPG

DSC_1509.JPG

八瀬駅でケーブルから叡山鉄道に乗り換え。

DSC_1510.JPG

叡山鉄道のオサレな電車に乗ってきました(笑)。

今回5ヶ月ぶりの京都トレイルでしたが、この5か月の間に自然がもたらす災いが幾度となく京都を襲い、ご覧いただいたような物凄いトレイルとなってしまいました。とにかく倒木が酷い…。
やっとの思いで最終目的地点に辿り着いた時は、最高の達成感を味わいました。
山中はやはり台風の爪痕が残り、倒木が酷かったですが、トレイル用の道はしっかり整備されていました。ありがたいことです。
次は北山ルート。次回もまた頑張りましょう。

-----------------------------------------




--本日の特徴トレイルルート(哲学の道から比叡山ケーブル駅)--
11:28 銀閣寺橋 発
11:48 北白川仕伏町バス停
12:58 瓜生山 東山三十六峰
13:15 白鳥山
13:56 てん子山
14:19 掛橋石鳥居
14:30 水飲対陣跡碑
15:18 千種忠顕碑
15:30 比叡山ケーブル駅・京都一周トレイル東山最終標識 着

--本日のトレイルデータ--
場所 京都府京都市東山区東小物座町 ~ 京都市左京区八瀬野瀬町
距離 16.4km
最大標高差 697m
平均斜度 上り:13.1% 下り:13.3%
獲得標高 上り:1295m 下り:707m
日時 2018年10月26日 06:31:42 ~ 2018年10月26日 15:35:11
所要時間 9時間3分29秒
平均速度 1.8km/h

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ

街並み巡り ブログランキングへ





にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ




nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 4

ローリングウエスト

京都を照らす神々しい光を捉えたこの幸運、今年はいい年になりそうですね。
(PS)今年初めての洋楽記事はエリッククラプトン特集記事(前編)を公開しておりまする。

by ローリングウエスト (2019-01-11 22:21) 

えれぇこった2号

ぼのさん

おはようございます!!
空からの光の筋が京都の街を照らして凄く綺麗ですね!
それにしても倒木ひどい状況ですね(^^;;
ケーブルカーに乗っての下山は良いなぁ。。その後の叡山鉄道もとてもお洒落ですね!

9時間お疲れ様でした。
by えれぇこった2号 (2019-01-12 09:14) 

ぼの

ローリングウエストさま、
あの光が射し込むシーンは本当に感動しました。
こういう光景が今年も沢山見れると良いなと思います。

ところで、最近インフルが猛威を振るっていますが、
お身体大丈夫ですか?
私は新年早々風邪をひき、幸いインフルではありませんでしたが、
咳が酷く、喉の痛みが一週間経っても癒えません。
お身体には十分気を付けてくださいね。
by ぼの (2019-01-13 22:52) 

ぼの

えれぇこった2号・kakaさま、
大文字山からの下り、そして瓜生山から比叡山は特に酷かったです。
ボランティアの方々の尽力で歩けるようになったのは本当にありがたいです。

ところでkakaさん、お身体大丈夫ですか?
心配しています。
どうかあまり無理なさらぬよう…。
by ぼの (2019-01-13 22:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。