So-net無料ブログ作成

2018.10.16~17 山に登らない山旅。神が降り立つ地、上高地。 @家族旅行 (後編)  [おでかけ、ぶらり旅]

山に登らない山旅、上高地一泊旅行。
初日は大正池方面を散策してきました。
二日目は、河童橋から散策道を歩いて明神方面へ向かいます。

DSC_1064.JPG


※ 初日のブログ記事はコチラ


-----------------------------------------


〇2018.10.17 二日目

朝、ちょっと寝過ごして6時ちょっと前に起きてしまいました。「あ、しまった!」と思い、部屋の障子を開けると、もう明るくなってきています。
ご来光見れなかったなぁ…
仕方ないので、朝食前の朝の河童橋周辺をちょこっと散歩。

DSC_0995.JPG

DSC_1039.JPG

DSC_0997.JPG

DSC_0999.JPG

河童橋から。朝の美しい景観。ちょっと空気が冷たいけど、清々しくて気持ちいい♬

DSC_1018.JPG


DSC_1003.JPG

DSC_1009.JPG

次第に陽の光が山を照らし出す…。

DSC_1019.JPG

朝陽に照らされ、輝く焼岳。

DSC_1029.JPG

穂高連峰も光り輝く…。
朝の光景、充分に堪能しました。

DSC_1032.JPG

河童橋の欄干に人懐っこい猿が(笑)。こんな至近距離で猿見たのは初めてかな(笑)。

DSC_1034.JPG

さぁ、モーニングの時間です。

KIMG1060.JPG

KIMG1056.JPG

朝食もバイキング。朝食メニューも盛りだくさん。写真はこれしか撮っていませんでしたが、実はこの後、卵掛けご飯に、美味しい味噌汁もいただきました。・・・食べすぎや(笑)。

さぁ、ご飯が済んだら身支度してチェックアウト。荷物だけ置かしてもらって、上高地散策第二弾です。
今日は明神方面へ。時間と体力に余力があれば徳澤園まで行きたいな。

DSC_1036.JPG

DSC_1037.JPG

明神岳がとても綺麗!

DSC_1038.JPG

DSC_1041.JPG

DSC_1042.JPG

気持ちの良い散策道。いつもは梓川の左岸を歩くのですが、はっきり言ってなにもなく、結構萎えるのですが、右岸のほうは雰囲気いいですねぇ。

DSC_1049.JPG

いい雰囲気の岳沢湿原の立ち枯れ。

DSC_1052.JPG

DSC_1054.JPG


DSC_1055.JPG

まだちょっと早いかなと思っていた紅葉も満喫できました。

DSC_1057.JPG

湿原の池を巡ります。

DSC_1058.JPG

DSC_1062.JPG


DSC_1063.JPG


DSC_1064.JPG

焼岳の山頂は雲に隠れてしまいました。

岳沢湿原を越えてからは見事な紅葉の中を歩きます。

DSC_1065.JPG

DSC_1066.JPG

DSC_1067.JPG

DSC_1073.JPG

DSC_1074.JPG

DSC_1076.JPG

DSC_1081.JPG

DSC_1083.JPG

DSC_1086.JPG

あまり紅葉は期待せず、あわよくばと思っていたのですが、綺麗でした!
ゆっくりまったりと紅葉を楽しみながら歩きます。

DSC_1087.JPG

DSC_1089.JPG

DSC_1088.JPG

DSC_1092.JPG

清流の音が心地いい♬ 日頃の雑踏を忘れ、心癒される空間ですね。

DSC_1095.JPG


DSC_1096.JPG

視界が開け、目の前に明神橋が見えました。

DSC_1097.JPG

左へ折れ、明神池方面へ歩を進めます。

DSC_1098.JPG

DSC_1100.JPG

DSC_1099.JPG

嘉門次小屋で休憩。
日本近代登山の父、W・ウェストンの山案内人として知られる上條嘉門次。彼のひ孫に当たる4代目がここ嘉門次小屋の当主だとのこと。明治13年(1880年)に建てられた当時の雰囲気を伝える小屋で、囲炉裏(いろり)で焼いた香ばしい岩魚を食べさせてくれるとのことで、期待していたのですが、朝食を食べ過ぎて食べることが出来ませんでした。残念(涙)。
尚、宿泊もできるそうなので、機会があれば泊まってみようかと思います。宿泊は一泊二食付きで、8,000円とのこと。

DSC_1101.JPG

DSC_1102.JPG

嘉門次小屋を後にして、穂高神社奥宮へ。
明神池の畔に鎮まる穗髙神社奥宮。御祭神は穂高見命で、日本アルプスの総鎮守、海陸交通守護の神です。その奥、明神岳直下に明神池があります。
明神岳直下にたたずむ明神池は明神岳の伏流水を湛え、古くは「鏡池」とも称されており、一ノ池・二ノ池名づけられた二つの池は荘厳で且つ、神秘的な雰囲気を味わうことが出来ます。
古くより穗髙大神が降臨されたと伝わる穂高岳。この地を「神降地(かみこうち)」として信仰する人々が多いと聞きます。

DSC_1105.JPG

DSC_1107.JPG

DSC_1108.JPG

DSC_1109.JPG

明神池、一ノ池。

DSC_1111.JPG

DSC_1115.JPG

DSC_1116.JPG

DSC_1117.JPG


DSC_1144.JPG

DSC_1121.JPG

DSC_1123.JPG

DSC_1124.JPG

DSC_1128.JPG

DSC_1130.JPG

明神池、二ノ池。
本当静かで、神秘的な池です。心が洗われますね。

DSC_1131.JPG

DSC_1132.JPG

DSC_1136.JPG

明神池から明神岳を仰ぎ見る。

DSC_1137.JPG

DSC_1147.JPG

DSC_1149.JPG

明神池、穂高神社奥宮を後にし、明神橋方面へ。

DSC_1150.JPG

DSC_1152.JPG

上高地を見下ろす山々に雲がかかり、幻想的な雰囲気に。

DSC_1153.JPG

明神橋を望む。

DSC_1155.JPG

DSC_1159.JPG


DSC_1160.JPG

明神橋を渡り、右岸の明神分岐へ向かいます。

DSC_1165.JPG

DSC_1161.JPG

明神から眺める明神岳と「朝焼けの宿」明神館に到着。ここでちょこっと休憩。

このあと徳澤まで行こうか迷いましたが、帰りのバスの時間の問題もあり、断念。ちょこっと徳本峠分岐を観て引き返そうと思います。

DSC_1166.JPG

DSC_1167.JPG

徳本(とくごう)峠への分岐。本当はこの夏、島々谷からこの徳本峠を目指して歩く計画があったのですが、台風の影響で流れてしまいました。この徳本峠は、まだ釜トンネルが開通される前に、上高地入りするために通された所謂クラシックルートで、昔はこの道を歩いて峠を越え、上高地入りしていたそうです。この徳本峠越えは是非ともやってみたい。来年できるかな?

さぁ、河童橋まで帰りましょう。

DSC_1168.JPG

DSC_1169.JPG

DSC_1171.JPG

DSC_1175.JPG

DSC_1177.JPG

DSC_1180.JPG

梓川右岸は北アルプスの山々へのアクセスに使われる主要道。広い林道になっています。起伏が少ないため非常に歩きやすいですが、反対に変化がなく、距離も長いので萎えがちな道ですね。

DSC_1185.JPG

昨日の上高地名物の絵描きおじさんの本拠地を通過(笑)。

DSC_1188.JPG

最後まで沢の流れが心地いいですね。

DSC_1192.JPG

「山と共に」の石碑。河童橋まで戻ってきました。

DSC_1191.JPG

旅の最後に上高地で有名なアップルパイ(五千尺ロッヂの1Fにある店舗)をいただき、上高地を後にします。

DSC_1197.JPG

最後にもう一度河童橋からの風景を目に刻み込んで…。

上高地一泊旅行、素晴らしかった。行ってみてよかったです。普段山登りのアクセスのための通過点でしかなかった上高地。実はこんなに魅力的な場所だったんですね。登山者側から見ると観光客と混じってしまうので、なんとなく嫌だったんですが、この地に観光として何度でも来たくなる意味が解りました。

「神が降りる地」=「上高地」。

さらにまた山に対する思いを強く感じることが出来ました。

また機会があれば、この地に来たいと思います。

-----------------------------------------


map-kms.jpg


嘉門次小屋 
穂高神社・奥宮 
朝焼けの宿 明神館 


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

旅行・観光 ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ








nice!(5)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 3

tsun

ロッヂで一泊、いいですね。
私はまだ行ったことありません。
来年は自転車で行ってみたいです。
by tsun (2018-12-30 23:23) 

ぼの

tsunさま、
自転車で上高地!
それもまたいいですね。沢渡からも結構な勾配ですから
相当本腰入れないとキツイかもです。
あ、自転車って釜トンネル通れるのかなぁ。
by ぼの (2019-01-01 23:58) 

えれぇこった2号

ぼのさん

こんにちわ♪
朝食もバイキングで美味しそう(#^.^#)
奥様とのほのぼのとした時間。
羨ましいですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

嘉門次小屋のイワナ、totoちゃんが大好きなんです!!
炭火で焼いたイワナを思い出し、涎が(^^;;
by えれぇこった2号 (2019-01-02 15:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。