So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.06.06 近畿の名峰、世界遺産の山 "大峰山系" 弥山、八経ヶ岳を登る (前編;登山口~弥山小屋) [山歩き]

遂に近畿の山、奈良県のお山に登ってきました。
本当は、この日に今年初の山小屋泊で、乗鞍に登りに行く計画を立てていたのですが、お誘いいただいた方から連絡があり、予報だとかなり天候が悪化するとのことで、中止に。
二日間ぽっかり予定が空いてしまったところへ、奈良在住の方から八経ヶ岳登山のお誘いがあり、参加させていただくことになりました。

DSC_0475.JPG

この八経ヶ岳、近畿最高峰にして名峰とのことなのですが、なんといっても登山口までのアクセスが非常に悪い(笑)。名古屋方面からのアクセスは名阪国道を大和郡山まで走り、橿原を経由して吉野、天川を通り、国道309号線に至るのですが、この309号が物凄く酷な道。そして、登山口付近にある行者環(ぎょうじゃかえり)トンネルがなんとも薄気味悪く、心霊スポットにもなっているらしい…。こりゃ大変だ(笑)。早速Google Map で最短ルートを検索してみたら奈良県へ入ってすぐの針という交差点から369号を南下し、309号線へ出るルートが最短らしい。そのルートで向かう筈でした。
しかし当日、朝2時半に起床して3時半に家を出ないと取り付き予定の7時に現地登山口に間に合わないのに、なんとまさかの寝坊。そして最短で向かう予定が、ナビに途中からとんでもないところへ誘導させられ、結局登山口に到着したのが予定を大幅に過ぎた2時間半後(爆)。4時過ぎに自宅を出発して、なんと5時間も掛かってしまうという最悪の状態(苦笑)。途中で同行予定の方々に遅れる旨を連絡し、後から追いかける形にしていたのですが、こりゃ絶対に追いつけないっすよね(苦笑)。

ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、なんとか登山口に着きました。かなり遅れを取ってしまいましたが、世界遺産の山、八経ヶ岳へ登ってみましょ。

続きを読む


2017.06.01 屏風山 周回森林浴ハイキング  屏風山~寿老の滝~黒の田湿地 [山歩き]

ここ最近、木曜登山会のメンバーでの山歩きがあまりできていません(涙)。 計画しても当日雨だったり、計画日に都合が合わなかったり…。まぁ仕方ないのですが、発起人としてはちょっぴり淋しかったり。
この木曜日も中々メンバーが揃わず。で、折角の休みなので当日お休みだった木曜会のお嬢、 あきちゃんと久々のお山へ。登るお山は彼女のリクエストで、岐阜県瑞浪市にある屏風山。

DSC_0379.JPG


この山は以前EYK藪山隊長と "端から端まで大縦走" をした山。あの時は中々面白かったんですが、今回は正規ルートで歩きます。
ただ普通に屏風山を登るんじゃ面白みがないので、この山の裏側にある滝、 "寿老の滝" を絡めての周回登山にしてみました。
登山口は、この山に幾つもある中から、やはり下山後に休憩できる道の駅に近い笹平登山口から。
では、屏風山森林浴ハイキング、いってみましょ♪

続きを読む


2017.05.22 御在所+鎌ヶ岳周回登山 ~ 奇岩の山と鈴鹿の槍 (後編;武平峠から鎌ヶ岳)  [山歩き]

毎年恒例になった御在所岳山行。今年は加えて、鎌ヶ岳と2座を登ります。
前半、中道ルートで御在所岳山頂へ登頂。初夏の山…というよりこの日は酷暑(苦笑)。かなり暑くて普段より多めに休憩しながらの登頂でしたが、山頂、望湖台からの鈴鹿の山々の眺望を目の当たりにしたとたん疲れも吹っ飛びました(笑)。レストラン・アゼリアでの定番、カレーラーメンにも満足♪
さて、後半は武平ルートで下山し、武平峠から鎌ヶ岳へ向かいます。

DSC_0231.JPG


※ 前回のブログ記事はコチラ

続きを読む


2017.05.22 御在所+鎌ヶ岳周回登山 ~ 奇岩の山と鈴鹿の槍 (前編;御在所岳登頂) [山歩き]

昨年、亡き父親の追悼登山として登った御在所岳。 あれから一年が経ちました。今年も登らなきゃなぁ…と思っていた矢先、山友のイバッチさんからお誘いが。丁度この辺りに登ろうかと思っていたので、即お返事。ブログを改めて見てみたら、丁度毎年この時期に登っていたんですね。面白いものです。
但し今回の山行は、例年の御在所登山に加え、鈴鹿スカイラインを挟んで向こう側のお山、鎌ヶ岳にも登ろうという計画。実は鎌ヶ岳、まだ未踏だったんです。これはいい機会と思い、今年の御在所登山は鎌ヶ岳をプラスしての周回登山となりました。
ただ心配なのは、ここ2~3日、かなりの猛暑になっていること。途中でばてないかなぁ…(苦笑)。
ま、行けるところまで行ってダメなら下山すればいいかということで、行ってまいります♪

DSC_0164.JPG


※ 尚、過去の御在所岳登山の模様はコチラをご覧くださいまし。

"2016年6月25日の山行" 
"2016年5月20日の山行" 


続きを読む


2017.05.11 下呂温泉の歴史に触れる山歩き 『下呂御前山(空谷山)と湯ヶ峰』(後編;下呂御前山から湯ヶ峰へ)  [山歩き]

珈琲ブレイクを挟んで、前々回の下呂のお山、下呂御前山山行記の後編です。
霧と靄に覆われた下呂御前山(空谷山)の登攀。幻想的な雰囲気漂う樹林帯を登り詰め、山頂に登頂しました。
後編は、登頂後のランチタイムの後、観音峠に向けて下山。そして下呂温泉の起源でもある "湯ヶ峰" を目指します。

DSC_0068.JPG


※ 前回のブログ記事はコチラ

続きを読む


2017.05.11 下呂温泉の歴史に触れる山歩き 『下呂御前山(空谷山)と湯ヶ峰』(前編;下呂御前山登頂) [山歩き]

なんと先月(4月)の6日以来の山歩き。
4月中旬から中々スケジュールが合わず、しかも下旬のGW直前から終了まで超絶な、これまでにないタイトなスケジュールで山歩きやサイクリングは勿論、休息さえできませんでした。5月に入って家人の法事を挟み、漸く連休を戴き、一か月ぶりの山歩きを楽しみました。長かったぁ~(涙)。

で、今回計画したのは、今年の冬に計画していながら雪の為中止になった "下呂御前山" 。下呂のお山は静かでまったり登れるから好きなんですよね。
今回はその下呂御前山登山に加え、内輪でちょっと話題になっていた下呂温泉のかつての源泉(今現在は枯れています)がある "湯ヶ峰" のダブルヘッダー。
約一ヶ月のブランクがあり、体力的にちょっと不安がありますが、楽しみです。では、行ってみましょ♪

DSC_0033.JPG




続きを読む


2017.04.06 静かで美しい森に囲まれた神秘的な世界…。圧巻の株杉に感動の蕪山登山 [山歩き]

ひょんなことから街道歩きが内輪で話題になり、この日を予定に、中山道は妻籠宿から中津川宿を歩く計画をしてみたのですが、メンバーの予定が合わず、見送りに。
じゃ、どこかへ行こうかと模索していたところ、木曜会のマナさんが知人の方と蕪山へ登るというので、参加させていただきました。
蕪山…。まだ一度も登ったことがない山でした。調べてみると、板取川上流。「なんだ、案外近いのかい?」と思っていたのですが、なんのなんの、意外に遠い(笑)。考えてみれば郡上の向こうですもんね(笑)。
生憎、雨模様の山登りでしたが、それはそれは素晴らしい山行になりました。

DSC_0034.JPG



続きを読む


2017.04.02 各務原アルプス縦走 再び 伊吹の滝から猿啄城跡縦走 [山歩き]

いつもの岐阜山グループ外の山友さんよりラブコールがかかり、はじめてグループ外の人たちのパーティに参加してきました。
今回参加させてもらったのは、各務原アルプス縦走。これは以前
EYK隊長と2015年11月に試みたルート。
その時は、9時間くらいかかってしまい、各務原権現を下山する頃は、日没になってしまったという過酷な縦走だったという記憶が…。
今回は前回自分たちが歩いたルートと全く逆のコース取りで、各務原の伊吹の滝から入山し、坂祝の猿啄城跡へ向かいます。参加表明を出した後、周囲から聞いた話だと、そのメンバーはかなり強者が多いそう…。付いていけるか? オレ…(苦笑)。しかも、メンバーはなんと、総勢11名(スゴッ)。
ま、頑張っていきましょう。

DSC_0934.JPG


※ 前回の山行記録はコチラ 

続きを読む


2017.03.29 今季最後の雪山 冬の唐松岳登頂! [山歩き]

遂に今季初の雪山踏破! そしてこれが今季最後の冬山登山になります。 雪の唐松岳に登ってきました。
最初どの山に行こうかギリギリまで悩みました。候補としては、福寿草がそろそろ顔をだすであろう滋賀の霊仙山、前回撤退した石徹白の野伏ヶ岳、そして計画だけして天候不良で中止になった北横岳…。
最後の最後まで決まらずに、前日になって決定したのがこの唐松岳でした。

DSC_0859.JPG


ネットで検索すると、雪山の中でも比較的登りやすい山となっていて、ちょっと前にも知人が結構登っている写真を観て、その景観の美しさに魅了されていたことも唐松を選んだ理由でしょうか。
当初3人で登る予定だったのですが、急遽ひとり怪我でキャンセルになったため、二人で目指すことになりました。
天気は良好。午前3時半に地元を出発。長野は白馬まで行ってきま~す♪



続きを読む


2017.03.25 春の鳩吹⇒継鹿尾山縦走 胸騒ぎのカタクリはまだまだ… [山歩き]

3月23日の執筆からかなり間が開いてしまいました(苦笑)。 やはり3月後半から4月の頭にかけて例年通りバタバタした日々になってしまい、またプライベートでも、ほぼ毎週朝早くからお山に言っていた次第で、中々ブログ執筆が出来なかったです(^^;。
やっと時間が空き始めたので、ボチボチやっていきたいと思います(笑)。

さて今回の記事は、3/25の山登り。この時期の恒例になった岐阜県可児市の鳩吹山から愛知県犬山市の継鹿尾山縦走です。もう何回登ってるんだろう…(笑)。ほぼホームマウンテン化しちゃってますが(笑)。
この鳩吹、継鹿尾は大体春と秋の季節に登っています。その理由が、春は鳩吹山の麓に群生するカタクリを観るため。そして秋は、紅葉を堪能するため。この二回は必ず訪れます。それ以外にもアルプス縦走の練習に、近隣の各務原アルプス縦走と兼ねて登ってます。

DSC_0766.JPG


この日も実はある登山グループといつも一緒に登っている仲間のWakabonさんからのお誘いふたつ同時に来てしまい、元々車の点検があったので、どちらの集合時間にも間に合わない為、追っかける形で登って、どこかで会えればいいかなとその旨を双方のグループにお伝えして単独で登る計画をしました。
さてこの春の鳩吹山、昨年4/1に登ったときは、既に終焉を迎えていましたが、麓のカタクリはどれだけ咲いてるかな?


続きを読む