So-net無料ブログ作成
映画、音楽、JAZZ ブログトップ
前の10件 | -

「デヴィッド・リンチ : アートライフ」順次公開! [映画、音楽、JAZZ]

ようこそ、リンチの "アタマの中" へ!

リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか?
『ツイン・ピークス The Return』で再び世界を騒がせる、
映画界で最も得体の知れない監督―
その「謎」が「謎」でなくなる、かもしれない。

davidlynch.jpg


今回は個人的な嗜好の話でごめんなさいm(__)m
私の愛してやまない "変態監督"、デヴィッド・リンチのドキュメンタリー映画が新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、立川シネマシティを皮切りに、この27日より全国順次公開される。
自作について多くを語らなかったリンチが、自分自身の人生について語るドキュメンタリー映画だそう。
リンチマニアにとっては非常に興味深いドキュメンタリーですねぇ。
全国順次公開とあるのですが、公式サイトによると中部地方は名古屋公開のみで、なんと千種区今池の「シネマテーク」(2/24公開)。またコアな劇場ですなぁ(笑)。
上映期間も多分短いような気がするので、スケジュールを確認しておかなきゃ(笑)。

それに加え、東京では立川シネマシティで1/13~26、アップリンク渋谷では2/17~3/2の期間で彼の代表作品を一挙に公開するという…。

上映作品は劇場によって異なりますが、

『イレイザーヘッド』4Kデジタル復元版
『ロスト・ハイウェイ』デジタル復元版
『エレファント・マン』デジタル復元版
『マルホランド・ドライブ』デジタル復元版
『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』4Kデジタル復元版
『インランド・エンパイア』

といったラインナップ。「インランド・エンパイア」以外は全てデジタル復元版だとのこと。
これは是非堪能してみたいですねぇ。
特に個人的に大好きな作品、 "サイコジェニック・フーガ" 「ロスト・ハイウェイ」は劇場で是非観てみたい!
しかしこちらの作品群の公開は、果たして地方ではするのだろうか…(苦笑)。

いずれにしても、この『デヴィッド・リンチ:アートライフ』、公開が楽しみです。

-----------------------------------------


『デヴィッド・リンチ:アートライフ』公式サイト 

〇予告編



デヴィッド・リンチ/// 1946年アメリカ・モンタナ州生まれ。映画監督、脚本家、プロデューサー、画家。

米コーコラン・スクール・オブ・アーツ、ペンシルベニア美術アカデミー、アメリカン・フィルム・インスティテュートで絵画から映像制作を学び、映画『イレイザーヘッド』(1976年)で監督デビュー。その不気味で不可解な自主映画は全米で話題となり、独立系映画館の深夜上映にもかかわらずロングランヒットする。当時、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の『エル・トポ』(1970年)や、ジョン・ウォーターズ監督の『ピンク・フラミンゴ』(1972年)、ジム・シャーマン監督の『ロッキー・ホラー・ショー』(1975年)と並び、ポップカルチャーに大きな影響を与えた作品として "ミッドナイト・カルト" と呼ばれ、一部の観客たちに熱狂的に支持された。
次作『エレファント・マン』(1980年)はアカデミー作品賞にノミネート、『ブルーベルベット』(1986年)ではアカデミー監督賞にノミネートされる。『ワイルド・アット・ハート』(1990年)では、カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞。『マルホランド・ドライブ』(2001年)でカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞する。米国や日本でも大ヒットしたTVドラマ『ツイン・ピークス』(1990~1991年)の続編『ツイン・ピークス The Return』(2017年〜)でも監督を務め、大きな話題を呼んでいる。(公式サイトより)




イレイザーヘッド 4Kリストア版 [Blu-ray]

イレイザーヘッド 4Kリストア版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray



マルホランド・ドライブ 4Kリストア版 [Blu-ray]

マルホランド・ドライブ 4Kリストア版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray



ロスト・ハイウェイ 2Kリストア版 [Blu-ray]

ロスト・ハイウェイ 2Kリストア版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray



ブルーベルベット(オリジナル無修正版) [Blu-ray]

ブルーベルベット(オリジナル無修正版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray






ツイン・ピークス/ローラ・パーマー 最期の7日間 4Kリストア版 [DVD]

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー 最期の7日間 4Kリストア版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: DVD



nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

「STAR WARS Episode.8 最後のジェダイ」観てきました。 [映画、音楽、JAZZ]

先日のことになりますが、漸く「スター・ウォーズ ep. 8 最後のジェダイ」を観てきました。

sw8.jpg


観た感想・・・「うーん…。どうなんだろ」って感じ。
絶賛している皆様には申し訳ないんですが、勿論私もSWファンなので、絶賛したいところなのですが、なんか、こんなものかな~。と思えてしまいました。なんかマンネリ感が半端ないんです。
ep.4から6、ep.1から3、そしてこの新シリーズ2作と全て観てきてるのですが、この各三部作、一貫しておんなじ流れなんですよね。一話目でひとりのヒーロー(またはヒロイン)が誕生し、二話目でそのヒーロー(またはヒロイン)がどん底に堕ち、三話目で這い上がって行く…。
どのエピソード観てもそのパターンは崩れない。永遠のワンパターン展開なんですね。
今回も冒頭からクライマックスまで観たことある様なシーンばかり。
なんか観終わったあとの達成感がないんですよね~。もうちょっと「わっ」と思うような展開が欲しかったなぁ。こうなってくると、次回作の展開も読めちゃうし…。

あ、これはあくまでも私個人的な感想です(^^;。
全体的にはストーリーもしっかりしてて良い作品だとは思います。
まあ、なんだかんだ言っても、ここまで観ちゃってたら、2年後の最終章も多分観るのでしょうけど…(笑)。

で、レイア役のキャリー・フィッシャー、亡くなっちゃいましたが、どうするのかなぁと心配してましたが、結局次作ではレイア抜きという形で進めていくとか。

もうひとつ、その前に6月公開のスピンオフ作品「ハン・ソロ」は面白そうですね。SWファンの愛すべきキャラですから(笑)。

そうそう。Ep.8の劇中、キャストにデヴィッド・リンチの秘蔵っ子、ローラ・ダーンと、愛すべきやんちゃ俳優(?)、ベニチオ・デル・トロが出ていたのが嬉しかったな。

-----------------------------------------


--関連サイトLink--
「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」公式サイト
「ハン・ソロ」告知

--関連作品Link--





スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray







にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

なんと33年ぶり! 山下達郎が伝説のサマーソングベスト、続編をリリース! 「COME ALONG 3」 [映画、音楽、JAZZ]

come3.jpg

「33年ぶりに帰ってきた 「COME ALONG」 !!! 終わらない夏に贈る。」

なんと実に33年ぶりに名盤「COME ALONG」の続編がこの夏リリースされました。勿論DJは、あの小林克也。 これには本当吃驚です。 ちょっとこの記事のアップが遅くなってしまいましたが、これは取り上げないとね。
今年は久しぶりに「夏のタツローサウンド」炸裂ですかね(笑)。


続きを読む


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

あの "世界一美しい死体" の謎が25年の時を経て再び! 「TWIN PEAKS The Return」 [映画、音楽、JAZZ]

下呂御前山山行記の途中ですが、ちょっと珈琲ブレイク(笑)。今日はこの話題を…

25年前世界中に一大センセーションを巻き起こしたアメリカTVシリーズ、「TWIN PEAKS」。
放送終了から25年経った今、再び帰ってきます。
この話題、デヴィッド・リンチファンでありながら、恥ずかしいことについ最近まで全くノーマークでした(苦笑)。以前そういった噂を聞いたことがありますが、当のご本人様に全くそんな素振りがなかったものだから…
しかもTVシリーズの最終話。ローラ・パーマーの「25年後に会いましょう」のセリフ通り、本当に25年経った今、続編が出来てしまうなんて…

tp1.jpg


続きを読む


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

映画界の巨匠、逝く…ジョナサン・デミ [映画、音楽、JAZZ]

先日このニュースが飛び込んできました。
"「羊たちの沈黙」監督、ジョナサン・デミ氏が死去 73歳、食道癌の合併症"

demi.jpg


このニュースを目にしたとき、やはり思い浮かべたのが「羊たちの沈黙」のワンシーン。

代表作「羊たちの沈黙」はショッキングな内容でしたね。特にアンソニー・ホプキンス演じるレクターの怪演は心に刻みこまれる程素晴らしく、デヴィッド・リンチ監督の「ブルー・ベルベット」におけるデニス・ホッパーに並ぶ演技でした。

それだけあの映画は影響力のある作品で、この作品の公開後に同じようなプロットの映画が沢山世に出ましたっけ。
あのデミ監督が亡くなった…。




続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

遂に見つけた! 自分好みのアーティスト 「The Struts」。 これは凄い! [映画、音楽、JAZZ]

山の番組の途中ですが、ここでちょっと珈琲ブレイク(笑)。
今日は音楽の話を…

この1~2年位、全く新しい音に出会えていません。 時間が空くといまだにCD屋さんに徘徊しているのですが(最近はネットでポチっとするほうが皆さん多いかと思いますが、私は未だに実店舗派です ^^;)、どうも "コレ" っていうアーティストに巡り合えていませんでした。

しかし昨日(2/4)、遂に自分好みの新しいバンドを見つけちゃったのです!(^o^)
その名は2014年イギリスでデビューしたバンド「The Struts」。

struts0.jpg



続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

またしても、敬愛するアーティスト、俳優が逝ってしまいました。 [映画、音楽、JAZZ]

先日、2016年に逝ってしまったアーティストの記事をアップしたばかりだというのに・・・
最後の最後でまたとんでもないビッグネームの訃報を耳にしてしまいました。

80年代、「ラストクリスマス」で一躍トップの座に躍り出たブルー・アイド・ソウル、ジョージ・マイケルの突然死。
これには吃驚。

gm2.jpg

アイドルユニットの "ワム!" 時代は余り聴かなかったのですが、やはりソロになってからの1st.「Fath」は衝撃的でした。 一発目からめちゃカッコいいんです。
亡くなったことで、久しぶりに聴いてみたのですが、やはり凄いアルバムでした。
衝撃的なソロデビューから3作くらいはかなりクォリティが高く、一時はかなりのめり込んで聴いていた記憶があります。

そのジョージの突然の死。 死因は詳しくはわからないそうですが、心不全ということです。 なんでもかなり太ってきていたことを悩んでいたそうなのですが…。

gm3.jpg

一方の憶測としては実はフレディ・マーキュリーと同じ病だったのではないかということ。
ま、詳細は分からないですが・・・。
しかし53歳。 若すぎる死ですね。

ジョージ・マイケルといえば、やはり思い出されるのが、Queenのフレディ・マーキュリー追悼ライヴでのステージですね。 代表作「Somebody To Love」を完璧に歌い上げたそのステージは圧巻でした。



そしてまたまた先日衝撃的なニュースが飛び込んできました。
あの「スター・ウォーズ」シリーズのヒロイン、 "レイア姫" こと、キャリー・フィッシャーも亡くなってしまったのです。

kf.jpg

昨年「エピソード7」で久しぶりの出演で、健在ぶりをアピールしていたキャリーでしたが、本当に残念です。
心臓発作ということらしいです。 享年60歳。
次回作「エピソード8」の撮影は終わっているようなので、遺作はスター・ウォーズの次回作品になるとは思いますが、出来れば最終話「エピソード9」まで出演してほしかったですね。

kf3.jpg


と、この記事をアップしようと考えていた矢先、今度はキャリー・フィッシャーの母親で俳優のデビー・レイノルズも亡くなってしまったとのニュースが…。 死因は脳梗塞。 家族の話によるとキャリーの死によるストレスに耐えれなかったのではないかということです。享年84歳。

2016年の最後の最後にきて、やはりありましたね。
このところ、本当に私の好きだった人たちが次々に逝ってしまい、心が痛いです。
ご冥福をお祈りいたします。 皆さま安らかに…











nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

70年代から80年代のロック界の巨匠、相次いで逝ってしまった2016年 [映画、音楽、JAZZ]

早いもので、もう2016年が終わろうとしています。 今年一年を振り返ってみるにはまだちょっと早いかもしれませんが、今年も色々ありました。
特に個人的には身内を5月と8月に相次いで失ってしまうという、とんでもない年でありました。
その時の後処理等、今も引き摺っているのが現状ですが…

それはさておき、今年はもうひとつ、多くの知っている著名人が次々と亡くなっているのも驚かされます。
なんといっても私が敬愛し、現在も尚、時間があれば聴き続けている70年代から80年代のロック界の巨匠たちの相次ぐ訃報…。

bowe.jpg


昨年の大晦日にナット・キング・コールの愛娘、ナタリー・コールの訃報に始まり、グラムロックの巨匠 デヴィッド・ボウイ、イーグルスのグレン・フライ、ジェファーソン・エアプレーンのポール・カントナー、もうひとりのビートルズといわれたジョージ・マーティン、鍵盤の魔術師といわれたキース・エマーソン、プリンス、モーリス・ホワイト、レオン・ラッセル、そしてELP、キング・クリムゾンのボーカリスト、グレッグ・レイク…。本当にショックでした。

正月明けのデビッド・ボウイの突然の訃報はショックでしたが、もうひとつ、ELP(エマーソン・レイク・アンド・パーマー)のキース・エマーソンとグレッグ・レイクが同じ年に相次いで逝ってしまったのが驚きを隠せませんでした。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016.11.26 上原ひろみ in 土岐市 (Hiromi The Trio Project Japan Tour) [映画、音楽、JAZZ]

この記事、かなり遅くなってしまいましたが…(^^;
遂に上原ひろみのライヴをなんと、地元で観ることができました!
今まで彼女のJAPAN TOUR は殆ど名古屋で観てきたのですが、今回は驚くことに地元で開催。
告知されたときは本当にビックリでした(笑)。 でもなぜ? こんな何もないところに??
その答えは、ライヴ中のMCで明らかにされました!

uehara.jpg


続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

結構ハマってます(爆) オリジナルベスト盤作り ~JAZZ編 [映画、音楽、JAZZ]

9/20のブログ記事をアップ後、私の知人各方面から、なんだか物凄い反響を戴きまして(爆)、調子に乗ってまたまた作ってしまっています。
今回はJAZZ編(笑)。 本当にこの作業飽きませんね~(笑)。 あ~でもない、こ~でもないと音源引っ張り出して編集するの楽しくて楽しくて(笑)。
仕事の作業もしっかりやれよ! って感じなのですが(爆)。
前回の記事の最後に「JAZZ編も」云々と書いたのがきっかけで、ある方からCD作って欲しいとご依頼がありました。 この手の作業、嫌いじゃないので試しに作ってみたら、これがまた結構いいのが出来ちゃって…(笑)。
今回はその作った "JAZZ・マイベスト盤" をご紹介いたします。

bill2.jpg


尚、前回の記事はコチラ

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 映画、音楽、JAZZ ブログトップ