So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ

2017.08.09~10 「聖職の碑」を辿る山旅 木曽駒ケ岳クラシックルート縦走 (第三章;将棊頭山と聖職の碑) [山歩き]

木曽駒ケ岳クラシックルート、「聖職の碑」を辿る山旅の第三章。
なんとか西駒山荘まで辿り着きましたが、アクシデントによりそれ以降の初日の計画(木曽駒ケ岳頂上山荘前のテン場で幕営の予定)をキャンセルし、西駒山荘に泊めさせていただきました。
不幸中の幸いか、西駒山荘で過ごす夜は格別のものになりました。

さて、第三章はいよいよ二日目。西駒山荘からのご来光を拝んだ後、将棊頭山、聖職の碑記念碑を経て、木曽駒ケ岳を目指します。

DSC_0778.JPG


※ 前回のブログ記事はコチラ

続きを読む


nice!(4)  コメント(2) 

2017.08.09~10 「聖職の碑」を辿る山旅 木曽駒ケ岳クラシックルート縦走 (第二章;西駒山荘) [山歩き]

木曽駒ケ岳クラシックルート、「聖職の碑」を辿る山旅の第二章。
桂小場登山口から取り付き、胸突き八丁を登って漸く森林限界を突破。この第二章は行者岩の見える気持ちいい稜線を西駒山荘まで歩きます。

DSC_0649.JPG


※ 前回のブログ記事はコチラ


続きを読む


nice!(4)  コメント(4) 

2017.08.09~10 「聖職の碑」を辿る山旅 木曽駒ケ岳クラシックルート縦走 (第一章;桂小場から森林限界突破) [山歩き]

木曽駒ケ岳クラシックルート縦走。
前回の序章では、このルートで登る計画を立てた経緯を新田次郎の原作に絡めてお伝えいたしました。
そしていよいよ、その「聖職の碑」を辿る山旅がスタートいたします。

DSC_0608.JPG


初日は伊那市の小黒渓谷のその奥、桂小場登山口から取り付き、胸突き八丁を経て、将棊頭山を目指します。その後、「遭難記念碑」に立ち寄り、馬の背を越えて木曽駒ケ岳頂上山荘テン場へ向かう予定です。
本来なら濃が池経由で、宝剣山荘方面を廻り、中岳を越えるルートが「聖職の碑」の正規ルートなのですが、濃が池から宝剣山荘のカール内がまだ雪渓が残っている情報を得、こちらは回避して馬の背のルートにしました。
前日に伊那観光局に電話をかけ、台風の影響によるルートのダメージ箇所がないことも確認済みです。
それでは、クラシックルートを登っていきましょう。

※前回のブログ記事はコチラ

続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 

2017.08.09~10 「聖職の碑」を辿る山旅 木曽駒ケ岳クラシックルート縦走 (序章;桂小場登山口) [山歩き]

遂にこの夏、以前からずっと温めていた山行計画が実現いたしました。
と言っても、もう一ヶ月も前の話なのですが…(苦笑)。中々レポをアップできなくてごめんなさい。
その計画とは…、以前山行計画の記事で紹介した 「木曽駒ケ岳クラシックルートを縦走する」こと(⇇当時の山行計画の記事はコチラへ)。
新田次郎の史実に基づいた小説、「聖職の碑」を読んで以来、このルートを辿ってみたいと予てから思い描いていて、昨年来から温めていた計画。この夏、漸く実現できました。

DSC_0640.JPG





続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 

2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ