So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.06.06 近畿の名峰、世界遺産の山 "大峰山系" 弥山、八経ヶ岳を登る (前編;登山口~弥山小屋) [山歩き]

遂に近畿の山、奈良県のお山に登ってきました。
本当は、この日に今年初の山小屋泊で、乗鞍に登りに行く計画を立てていたのですが、お誘いいただいた方から連絡があり、予報だとかなり天候が悪化するとのことで、中止に。
二日間ぽっかり予定が空いてしまったところへ、奈良在住の方から八経ヶ岳登山のお誘いがあり、参加させていただくことになりました。

DSC_0475.JPG

この八経ヶ岳、近畿最高峰にして名峰とのことなのですが、なんといっても登山口までのアクセスが非常に悪い(笑)。名古屋方面からのアクセスは名阪国道を大和郡山まで走り、橿原を経由して吉野、天川を通り、国道309号線に至るのですが、この309号が物凄く酷な道。そして、登山口付近にある行者環(ぎょうじゃかえり)トンネルがなんとも薄気味悪く、心霊スポットにもなっているらしい…。こりゃ大変だ(笑)。早速Google Map で最短ルートを検索してみたら奈良県へ入ってすぐの針という交差点から369号を南下し、309号線へ出るルートが最短らしい。そのルートで向かう筈でした。
しかし当日、朝2時半に起床して3時半に家を出ないと取り付き予定の7時に現地登山口に間に合わないのに、なんとまさかの寝坊。そして最短で向かう予定が、ナビに途中からとんでもないところへ誘導させられ、結局登山口に到着したのが予定を大幅に過ぎた2時間半後(爆)。4時過ぎに自宅を出発して、なんと5時間も掛かってしまうという最悪の状態(苦笑)。途中で同行予定の方々に遅れる旨を連絡し、後から追いかける形にしていたのですが、こりゃ絶対に追いつけないっすよね(苦笑)。

ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、なんとか登山口に着きました。かなり遅れを取ってしまいましたが、世界遺産の山、八経ヶ岳へ登ってみましょ。

続きを読む


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行