So-net無料ブログ作成

2016.05.20 御在所岳追悼登山 (中道~一ノ谷新道) [山歩き]

個人的なことになりますが、2016年5月11日に父親が他界いたしました。 享年82歳。
まぁ、色々と体の強い人ではなかったので、よく最期はよく頑張ったなぁと思います。 彼の思い出といえば、幼少のころからよく怒られ、殴られました。 今では子供虐待やDVと言われてもいいような躾?、教育でした。 まぁ戦争を経験した人ってけっこうそんな感じなのかもしれないですが…(笑)
そんなことはさておき、昔よく連れて行ってもらったのが、やはり山。遠い記憶なので曖昧なのですが、美ヶ原や、富士山(途中で断念)、静岡県の秋葉山、愛知県は鳳来寺山、くらがり渓谷、などなど・・・。その中でも父親の最も思い入れの強かった山が御在所岳だったようで、先月家人から「入院してもう家に帰れないかもしれない」と連絡を受けた時に会いに行ったのですが、その御在所のことを頻りに話していました。
後から親戚筋に聞いた話にちょると、自分が生まれる前に御在所の麓、菰野町で結構仕事があったようで、休みになるとよく登っていたようなのです。 私も父親に連れられ、御在所は行った記憶がありますが、その時はロープウェイでの登頂でした。

DSC_0562.JPG


父親が他界して、晩年は殆ど近くにいるもできず、なにもしてやれなかったということもあり、父親の好きだった御在所岳を登ってあげることが最後の親孝行になるのかなと思い、休日を利用して独り追悼登山をしてまいりました。
ちょっと話が重くなってしまいましたね(苦笑)。申し訳ありません。 まぁ、こんなこと綴っていますが、本人は逝ってしまった当日も、葬儀のときも至って平静を保っていましたが…(笑)。

ということで今回の記事は、一年ぶりの御在所岳登山。 奇しくも只今鈴鹿セブンマウンテン踏破挑戦中。メチャクチャタイムリーでしたね。


続きを読む


nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

2016.05.05 誕生山、天王山(東端から西端)独自ルート大縦走+サイクリング (後編;天王山登頂~サイクリング) [山歩き+自転車]

前回の美濃市のお山、「誕生山から天王山へ大縦走」の後編です。 前半の誕生山への登攀は、長良川沿いの前野古墳近辺から尾根沿いに登り、山頂へ至りました。そして 登頂後、とっておきのランチの時間を楽しみました。
さて、この後編では、誕生山から天王山への縦走、そして自転車デポ地である白鬚神社までの下山、その後の出発点までのサイクリングの模様をお伝えいたします。

DSC_0448.JPG

さてさて、後半の波乱に富んだ怒涛の藪漕ぎ、どうなることやら…(笑)

前回の記事はコチラ


続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016.05.05 誕生山、天王山(東端から西端)独自ルート大縦走+サイクリング (前編;誕生山登頂) [山歩き+自転車]

今月11日からやんごとなき理由で色々ありまして、更新が途絶えておりました。 なんだかんだ後処理が多々あったため漸く落ち着きまして…。
やっと5日の山行を更新できます(苦笑)。
ということで、本日の記事は5日の山行、美濃市にある 誕生山と天王山の縦走の模様をお伝えします。

DSC_0483.JPG


この山、実は4月に私の参加している "岐阜山グループ" のイベントで登る予定だったのですが、雨で流れてしまったため、日を改めて "藪山の師匠" EYKさんを誘っての山行となりました。
「EYKさんと山に入る」 となれば、普通の登山になるわけはありません(笑)。 このプランを彼に提出した翌日、彼なりの独自プランに大幅変更され私の元へ帰ってまいりました(笑)。
それは大胆にも誕生山の東端から天王山の西端への縦走となっていたのです。 正規の登山ルートは誕生山山頂から天王山山頂までの縦走路の区間だけ。・・・ということはです。 誕生山からの取り付きと天王山山頂から下山まではルートファイティング。 ・・・・そのとおり! "藪漕ぎ" です(爆)。

EYK氏曰く、「人気の誕生山~天王山縦走はJAライスセンターから登り、大矢田神社に下山するコースが圧倒的に多い。そういう小さいループになるのは、下山後の車道歩きを最短にしようとすれば当然の事なのだが、我々には自転車という武器があるので、その点はほとんど気にしなくていい。そして何より、誰もレポートした事のない独自ルートが理想」とのこと…(爆)。「※EYK氏ブログ本文から抜粋」

ということで、今回も自転車を車に積み込み、大縦走を試みてきました。




続きを読む


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

2016.05.02 新緑の東濃自転車散歩  ヒトツバタゴと古道・河合坂、そして名勝・笠置峡 [自転車散歩]

漸く自転車散歩です(笑)。
このところ山歩きばかりでした。 本当、もうどれだけ自転車に乗ってないだろう…。仕事から帰ってくるたびに埃を被った愛車が駐輪場に寂しくポツンと佇んでいる姿を見て、「あぁ、そろそろ乗ってあげないとな」なんて思いつつ…。

暦はもう5月。 新緑の季節です。この緑が美しい季節に乗らないわけにはいかない! との思いが募り、新緑を体感するため、遂に自転車に跨りました(笑)。
この時期はやはり地元東濃の里山が一番きれいです。例年は恵那方面の阿木や、岩村の農村地区、そして三郷町の棚田と見て廻るのですが、今年はちょっと行先を変え、同じ恵那でも木曽川方面の笠置地区へ行ってみることにしました。 あ、でもこの時期にしか咲かない釜戸地区のヒトツバタゴは欠かさず観に行きます。

DSC_0368.JPG


実はこのルート、2014年の12月に走っているのですが、前回は冬。 今回新緑のこのルート、どんな景観が待っているのでしょうか。・・・楽しみです。

前回の記事は "コチラ"

続きを読む


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

2016.04.19 岩村城址から三森山・水晶山周回ハイキング [山歩き]

私が参加している "岐阜の山々、低山" のグループ内で、平日休みのメンバーがたまたま同じ日に休みが獲れたので、まったりと春ハイクをしようということになり、私の提案で "地元東濃が誇る、究極のローカル線「明知鉄道」に乗って、まったりと東濃の春山ハイキング" をしてきました。 登る山は古い町並みと山城跡が素晴らしい岩村の「三森山(みつもりやま)」と「水晶山」。
来年の大河ドラマの舞台でもある岩村城址から水晶山、そして三森山と周回ハイクができるというブログを以前読んでいて、いつかは周回してみたいなと思っていて、たまたまどこへ行こうか模索していたところにこの提案を挙げたら、二つ返事で皆合意(笑)。 まったりと 明知鉄道に揺られて周回登山をしてきました。

DSC_0285.JPG


続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

富士山を眺める [Photo]

新緑の季節になりましたね。
先日久しぶりに自転車に乗って新緑の色、匂い、空気を堪能してきました。 やはりこの時期の里山はいいですね。
その模様は後日アップさせていただきますね。 そしてまたまた写真を沢山撮ってきました。 その中のお気に入りの一枚をヘッダーの画像にしてみました。 どうですか? 新緑の雰囲気が漂う一枚じゃないかと思います。

さて話変わって、先月の25日、26日と所用で伊豆の実家に帰省いたしました。 伊豆というと、「わぁ、温泉!」 とか 「いいなぁ、観光地」 とか羨ましがられるのですが、あそこは観光や遊びに行くところであって、住むところじゃありません(苦笑)。 老後の楽しみで退職後にこの地に住みついた親には申し訳ないのですが、本当に何もなく、住むには不便で仕方ありません。 ま、実家なので仕方ありませんが…(笑)。

というわけで、実家に帰ってきたわけですが、その中で帰ったら必ず観るもの…。そうです、富士山。
一泊以上するときは、必ず朝の散歩で裏の山に登り、富士山を堪能します。
今回も例に漏れず、観てきたのですが、やはり美しいですね。 つくづく富士山は登る山ではなく、"観て楽しむ山" ですね(笑)。

写真を何枚か撮ってきたので、本日は富士山を心置きなく堪能ください。


続きを読む


タグ:富士山 伊豆
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016.04.13 納古山 独自 "裏" ルート登山 [山歩き+自転車]

標高600m程の低山ながら、山頂の360度のパノラマ展望が素晴らしく、人気の高い山である納古山。
私も既に2~3度登っています。 登山道としてはJR高山線上麻生駅からすぐに登山口に向かう林道があるということと、41号線に道の駅「ロックガーデン七宗」を拠点として登れるということで、アクセスがしやすい表の七宗町上麻生側から登る二つのルートに人気が集中していますが、この納古山も結構バリエーションがあるようです。
今回藪山の師匠EYK氏とプランを立てたのは、あまり利用されていない裏側。 美濃加茂市三和町側にある納古口方面からアタックです。
しかも、普通の山登りじゃ面白くないとのことで、提案されたのが、正規の登山口から取り付かず、納古山の南西に伸びる "南西尾根" を独自ルートで縦走しちゃおうというプラン。 しかもピストン嫌いなこの二人。 復路は当然同じルートは嫌っ(笑)。 そこで、往路は納古口ルートを使うことに。そして下山後、取り付き場所に戻る為に用意した自転車を使い、約3Kmの林道を自転車で走破するというめちゃくちゃ楽しい(超変態な) 計画が出来上がりました(笑)。

EYK & ぼの のマニアック登山が再び始まります(笑)。 しかし前日雨乞岳のハードな山を登ってきた次の日にこのマニアックな登山。大丈夫か? オレ…(爆)

DSC_0188-1.JPG



続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行