So-net無料ブログ作成

なんと33年ぶり! 山下達郎が伝説のサマーソングベスト、続編をリリース! 「COME ALONG 3」 [映画、音楽、JAZZ]

come3.jpg

「33年ぶりに帰ってきた 「COME ALONG」 !!! 終わらない夏に贈る。」

なんと実に33年ぶりに名盤「COME ALONG」の続編がこの夏リリースされました。勿論DJは、あの小林克也。 これには本当吃驚です。 ちょっとこの記事のアップが遅くなってしまいましたが、これは取り上げないとね。
今年は久しぶりに「夏のタツローサウンド」炸裂ですかね(笑)。


-----------------------------------------


元々レコード店(当時)の店頭プロモーション用として当時のAirレコードが79年に非売品として本人の承諾なしで作られたという「COME ALONG」。小林克也氏のJDに乗せて曲をノンストップで流すというラジオ的な構成のこの作品は、店頭で流れるや否や、リスナーからの問い合わせが殺到し、この店頭用限定盤になんとプレミアが着いてしまうという騒ぎにまでなったとか。
そこでこの作品をレコード会社は半ば抵抗していた本人をなんとか承諾させ、リリースとなった曰く付きの音盤となりました。

come.jpg


その後、84年にはその続編「COME ALONG 2」まで制作されることになったのですが、山下達郎本人の意思とは違う作品といいながら爆発的に売れ、かくいう私もこの二枚は当時のバイブル的な音盤になっています。それこそ当時の "レコードの溝が擦り切れる程" 聴き込みました。

come2.jpg


小林克也氏の畳みかけるようなDJとそれに覆い被さる様に入ってくるタツローサウンド。カセット(古っ^^)に録音して、車の中でもドライヴ用として流していましたっけ。
そして、この頃からかな? 丁度名作「メロディース」がリリースされ、収録曲でもある「高気圧ガール」に「悲しみのJODY」と共に『夏だ! 海だ! タツローだ!』と騒がれ、夏の定番に君臨しだしたのは。
本当は夏のイメージは、82年の「For You」と83年の「メロディース」の前半(昔でいう所のA面)位なんですが…(苦笑)。その他は夜のイメージか、夏でも晩夏の曲が多いんです。

ま、それはさておき、その『海だ! 夏だ! タツローだ!』と言わしめた「COME ALONG」の第3弾がまさかこの夏にリリースされるとはっ!
思わず目を疑いました(笑)。

come3.jpg


音盤の内容は83年の「高気圧ガール」「JODY」から最新のナンバーまで、勿論夏をイメージした楽曲で構成されています。アルバムジャケットのデザインは三作通してのお馴染み鈴木英人。そしてDJは勿論小林克也。
聴いてみましたが、老いはしましたが小林克也のDJは健在でした。過去2作と比べるとMCのノリがいまひとつの感はありますが、楽しく聴けました。この辺りが小林克也の良いところなんすよね。楽曲の選曲も今回多分初めて山下達郎が選んだのかな? 相当作り込まれ、完成度の高い作品という感があります。
ただ、楽曲の方も小林克也同様、年齢的に過去2作品のようなイケイケ的な楽曲が少ないので、幾分落ち着いた雰囲気を出していますね。

yamashita.jpg


とはいえ、個人的にバイブル的なアルバムの続編を出していただいたことに、物凄く喜びを感じています。愛聴盤になっていくのかなぁ。きっと。
でも、今の自分がこの音盤を聴くロケーションは確実に『海』じゃなくて『山』なんですけど…(笑)。
ま、いいか!(爆)


-----------------------------------------


【COME ALONG 3】



収録曲
1. 「Keoki la Molokai Kid 偉大なサーファー伝説?!」
2. 「CHEER UP! THE SUMMER」
3. 「高気圧ガール」
4. 「悲しみのJODY (She Was Crying)」
5. 「踊ろよ、フィッシュ」
6. 「I LOVE YOU・・・Part I」
7. 「さよなら夏の日」
8. 「ドーナツ・ソング」
9. 「僕らの夏の夢」
10. 「THE THEME FROM BIG WAVE」
11. 「新・東京ラプソディー 」
12. 「JUVENILEのテーマ〜瞳の中のRAINBOW〜」
13. 「SOUTHBOUND #9(サウスバウンドNO.9)」



COME ALONG 3

COME ALONG 3

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2017/08/02
  • メディア: CD




COME ALONG

COME ALONG

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: アリオラジャパン
  • 発売日: 2017/08/02
  • メディア: CD





COME ALONG2

COME ALONG2

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: アリオラジャパン
  • 発売日: 2017/08/02
  • メディア: CD






にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 6

RW

おはようございます。久し振りの更新ですね。8月ももう今日で終わっちゃいますね。今年の夏は太陽に恵まれなかった8月、関東も雨が21日も連続記録した異常な夏でした。最後の夏休み週末はいい天気で猛暑のぶり返しでしたが、また台風で天高不安定。今日は気温が下がり比較的過ごしやくもう秋めいた感じ・・。これからは収穫・実の秋、心地よい季節をお月様を見ながら優雅な気持ちで次の季節を迎えたいものです。


by RW (2017-08-31 07:29) 

tsun

山下達郎は聞かなかったので、共感出来ないのが残念です。
しかし、「僕らの夏の夢」は好きですよ。
小林克也の喋りが入っているなら、「ベストヒットUSA」みたいな感じでしょうか。
by tsun (2017-08-31 10:07) 

ぼの

RWさま、
この夏も例年同様公私ともにバタバタした月になってしまい、中々更新できませんでした。
しかし、この夏は本当日照時間が少なかったですねぇ。
このバタバタの中で2度小屋泊登山しましたが、どちらも二日目が天気悪かったです。
秋は好天が続くといいですね。と書きながら天気予報では、秋の長雨が続くと言ってました…(涙)
by ぼの (2017-08-31 23:59) 

ぼの

tsunさま、
このシリーズは小林克也のノリのいいMCがカッコいい作品です。
そうそう、「ベストヒットUSA」みたいなもの(笑)。
ベースはハワイのKIKI局のラジオ番組で克也氏は全て英語でのMCです(笑)。
映画でいうと「グッドモーニング・ベトナム」みたいな感じ?
by ぼの (2017-09-01 00:03) 

亀次郎

ぼのさん
こんばんは。

久しぶりに山達の曲聞きました。
野音で見たシュガーベイブの頃から早40数年、今ではコンサートのチケットの抽選倍率は、物凄い事になっていますね。
あの頃の夏を思い出します。
by 亀次郎 (2017-09-01 01:01) 

ぼの

亀次郎さま、
シュガーベイブ、いいですねぇ。
最近、はっぴぃえんど と シュガーベイブ、よく聴きます。
山下達郎のライヴは何回か足を運んでいますが、
ここ最近またチケット倍率高くなっているんですね。

by ぼの (2017-09-01 23:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント