So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.06.06 近畿の名峰、世界遺産の山 "大峰山系" 弥山、八経ヶ岳を登る (後編;八経ヶ岳~弥山) [山歩き]

近畿最高峰、八経ヶ岳登山の後編です。
前編は、行者還トンネル西口にある登山口から、世界遺産である大峯奥駆道を歩き、弥山(みせん)小屋までをレポートいたしました。
この後編では、近畿最高峰といわれる八経ヶ岳山頂から弥山山頂の模様をお伝えいたします。

DSC_0478.JPG


尚、前回のブログ記事(前編)はコチラ


-----------------------------------------


楽しい昼食の後、先発隊の皆さんとお別れして、いよいよ近畿最高峰の八経ヶ岳へ向かいます。

DSC_0467.JPG

弥山小屋前から伸びる八経ヶ岳方面に向かう径が苔生していい感じです。 "苔スキー(好き)" には堪らない景観です(笑)。

DSC_0468.JPG

雰囲気のいい径を一旦下る形で歩いていきます。視界が拡がり、目の前に目指す八経ヶ岳の全貌が見えてきました。

DSC_0469.JPG

あの頂に向かいます。


と、なにやら雲行きが怪しくなってきました。「あれれ?」
登山口から取り付くときはいい天気だったのに…。前日の天気予報を思い出してみました。 "天気は西から下り坂…"。 そうか、ここは西方面でした(苦笑)。天気持つかなぁ…。ちょっと不安。

DSC_0472.JPG


八経ヶ岳山頂へは、弥山から一旦下っていき、再度登り返すかたちで道が作られています。その途中に、オオヤマレンゲの群生地があるとのこと。
一旦下りきって再度登りになるところで、鹿除けの柵を潜ります。そこからがオオヤマレンゲの群生地。
ですが…

DSC_0471-1.JPG

残念ながら、まだ蕾の状態でした。 この蕾が白くピンポンダマのようになるんだそうです。今年はちょっと遅いそうです。 いやぁ、残念だったなぁ。是非観たかったのですが…。
実は下山後に立ち寄った温泉の露天風呂脇にオオヤマレンゲが咲いていて、実物はしっかり観ることが出来たのですが、やはり山に咲くオオヤマレンゲを観たかったですね。

DSC_0529.JPG

オオヤマレンゲの開花した写真


さぁ、オオヤマレンゲの群生地を抜けたら、山頂まであと一息。

DSC_0474.JPG

山頂直下はちょっとした岩場。今から山頂アタックです。
急勾配の岩場を登りきると…

DSC_0476.JPG


八経ヶ岳山頂へ登頂です。標高標高1,914.9m。

DSC_0477.JPG

山頂で記念に一枚。勿論セルフです(笑)。
ちょっと曇ってしまいましたが、いい気持です。
頂からの眺望を独り楽しんでみる…(笑)。

DSC_0478.JPG

DSC_0480.JPG

連なる山々が素晴らしい。

DSC_0482.JPG

大峰山系の山々。絶景ですね~。

DSC_0481.JPG

反対側を観てみると、先ほどまで居た弥山小屋が見えます。

DSC_0483.JPG

そしてこちらは明星が岳へ通じる登山道。時間があれば明星が岳へも行きたかったですね。今回は時間的に無理があるので、残念ながら次回に持ち越しです。

DSC_0484.JPG


そして、お約束の三角点タッチ♪

DSC_0485.JPG

今回は淋しく、 "お独り様タッチ" (笑)。

ひとり山頂のひとときを存分に味わっていると、あとからお二人登ってみえました。挨拶を交わし、少々談笑。なんでもお互いソロで登ってみえて、途中でご一緒されたらしいです。おひとりは、なんと双門ルートで周回登山、20km。もうひとかたはテン泊縦走登山をされているとのこと。
全く凄い方たちです(笑)。

暫し談笑のあと、お先に失礼して下山。八経ヶ岳を後にします。

DSC_0488.JPG

八経ヶ岳の鹿除けゲートの中の木々のトンネルを潜り…

DSC_0486.JPG


弥山小屋まで戻ってきました。

DSC_0466.JPG

下山前に弥山山頂も登っておきましょう。 小屋から50m程だそうです。

DSC_0492.JPG


鳥居を潜り、本当にちょっと行くと弥山山頂(標高1895m)です。山頂には天河神社の奥宮「弥山神社」があり、本殿前は広いスペースになっています。

DSC_0493.JPG

この弥山は「高野」「吉野」「熊野」という、ヤマト三大霊場の中心核となる聖地だとのこと。なにがしか秘めたるパワー、エネルギーを実感できる…そうなのですが。その件については鈍感な私、どうなんでしょうか(笑)。
弥山は、古くから“水の神”が宿る聖地として信仰されてきた山で、仏教の世界観を表した須弥山(しゅみせん)から名づけられたものとのことです。
余談ではありますが、噂によるとこの地は“UFOの発進基地だ”と指摘する方もいるのだとか(笑)。天河神社の宮司さんによると「弥山は、UFOの発進基地であり、天河から弥山詣でをした人々の多くが、何十回となく、UFOを目撃している」と語っているそうです。後からこの記事を読んだので、なんとも言えないですが、そんな噂もあるそうですね(笑)。

ま、それはともかく、記念に先ほどまで居た八経ヶ岳を背に記念写真を撮って、下山いたしましょう。

DSC_0499.JPG


DSC_0496.JPG

境内近くに咲いていたシャクナゲ(?) が綺麗でした。

弥山小屋に戻り、小休止して下山いたしましょう。 先発隊の方々はもういい位置まで下山している頃ですね。急ぎましょう。

DSC_0503.JPG

下山は同じ道をピストンで。

DSC_0506.JPG

苔生した登山道をまっすぐ下山していきます。

DSC_0508.JPG


DSC_0511.JPG

苔生した倒木に萌えます(笑)。…意外に好きなんですよね。以前苔の名所、八ヶ岳でもかなり萌えました(笑)。

DSC_0513.JPG

大峯奥駆道の癒される緑のなかを再び歩き…。

DSC_0518.JPG

大峯奥駆道出合まで降りてきました。残すは最後の急勾配の下り。ここは慎重に下っていきましょう。

DSC_0519.JPG

登りでは気に留めなかったのですが、赤い花が…。アカヤシオでしょうか?

DSC_0521.JPG

橋のところまで戻ってきました。あと少しですね。

DSC_0528.JPG

で、なんとか無事に下山いたしました。おつかれさま。 駐車場では先に下山していた同行予定だった方たちが待っていてくれていました。ありがたかったですね。このまま一人淋しくまたあの酷道309号線を下っていくと思うと…(苦笑)。

いやぁ、八経ヶ岳と弥山。いい山でした。奈良の吉野から和歌山県の熊野神社本宮まで、延々と100km以上にわたって続く巡礼の道の一部を本日は巡ったわけですが、素晴らしいところでした。
是非また立ち寄ってみたい山ですね。ただ、ここへ来るまでの酷道、いや国道309…。この道が厄介(笑)。

-----------------------------------------




--本日の山行ルート(後半・八経ヶ岳、弥山)--
12:40 弥山小屋
13:08 大峰山(八経ヶ岳)
13:28 国見八方覗
13:35 弥山
13:42 弥山小屋
14:15 聖宝ノ宿跡
14:39 弁天ノ森
14:56 奥駈道出合
15:44 行者還トンネル西口

--本日の山行データ--
場所 奈良県吉野郡天川村大字洞川
距離 9.7km
最大標高差 837m
平均斜度 上り:23% 下り:22.6%
獲得標高 上り:1093m 下り:1052m
日時 2017年6月6日 09:18:53 ~ 2017年6月6日 15:47:39
所要時間 6時間28分46秒(休憩含む)
平均速度 1.4km/h

--関連サイトLink--
奈良・天河神社の奥宮「弥山」はピラミッドパワー(Travel . jp たびねす)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ

nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 1

RW

おはようございます。今日はようやく梅雨天気となりましたね。水不足にならないためにお湿りも必要ですね。またたまには遊びに来られて下さい。
by RW (2017-06-21 06:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: