So-net無料ブログ作成
検索選択

夏のアルプス縦走計画 其の一 「木曽駒ケ岳 桂木場・クラシックルート」 [登山関連(山道具など)]

ここ最近妙にバタバタして全く山に登れていません(涙)。
まぁ、このGWが終わるまではこの忙しさは続き、それまでは十中八九無理なんでしょうが…
で、ここ最近は専ら "エア登山"(笑)。
行けるようになったら、どの山登るだとか、適当な山を抜粋してルートを辿ってみるだとかして遊んでいます。
そろそろ夏のテント泊縦走の計画もしていこうかなと思い、色々候補を挙げてはルートを辿ったりしているのですが、昨年から気になっている山のルートをこの夏は歩いてみようかと、ちょっと計画を練ってみました。

DSC_0016 (800x533).jpg


登る山は木曽駒ケ岳。「え?木曽駒って、結構行っているじゃない?」と思われた方も多いと思います。
そうなんです。木曽駒はここ1~2年の間でアルプス登攀では最多になるんじゃないかと思います。
ではなぜ気になっているか。
実は今回気になっているルートはいつもの千畳敷カールからの登攀ではなく、その裏側。
駒ヶ根から伊那方面に戻り、小黒川渓谷にある桂木場から取り付くルートで登ろうという計画なのです。
このルート、実は千畳敷までロープウェイが開通する以前の正規ルートだと聞いた覚えがあり、このルートこそが、あの新田次郎の著作「聖職の碑」の物語に出てくるルートなのだそう。
このクラシックルートが物凄く気になり、いつかはコチラのルートで登ってみたいと思っていました。
この夏是非体験してみたいということで、山行時にいつも利用している「ヤマレコ」で計画をしてみました。

-----------------------------------------




この山行には車で2台以上が必要となりますので、最低2人のパーティでないと実現できませんが…(苦笑)。
まず、車2台以上使用で、半分をいつもの菅の台BCの駐車場にデポし、残りの車で、桂木場まで移動。
その後、桂木場より取り付き、まず将棊頭山を目指します。将棊頭山登頂後、木曽駒ケ岳山頂まで縦走。
山頂小屋前のテン場で一泊し、帰りは千畳敷カール方面へ下山するといった計画です。
時間があれば、乗越浄土から伊那前岳へももう一度行ってみたいですね。

DSC_0032 (800x533).jpg


行動予定としては…

--1日目--
桂小場 08:00スタート
09:30 野田場
10:10 横山道分岐
10:50 大樽小屋
11:00 胸突八丁(信大コース分岐)
12:30 胸突の頭
13:00 将棊頭山 西駒山荘付近で昼食
14:00 遭難記念碑(聖職の碑)
14:20 濃ヶ池分岐
15:30 馬ノ背分岐
15:45 木曽駒ヶ岳頂上山荘 テント泊

--2日目--
木曽駒ヶ岳頂上山荘 05:00出発 -
05:30 木曽駒ヶ岳
07:00 木曽駒ヶ岳頂上山荘 テン場にて朝食
09:30 木曽駒ヶ岳頂上山荘出発
09:45 中岳
10:00 宝剣山荘
10:15 乗越浄土
10:45 伊那前岳九合目ピーク(和合山)
11:00 伊那前岳
11:20 伊那前岳九合目ピーク(和合山)
11:50 乗越浄土
12:50 千畳敷駅着
ロープウェイ、バスを利用して菅の台BCへ。
菅の台BC到着後、登山口の桂木場に戻るといった計画です。

こんな感じでしょうか。

DSC_0067 (800x533).jpg


千畳敷駅から乗越浄土、中岳、木曽駒山頂は良く知ったルートなので問題ないのですが、桂木場から将棊頭山を経由して木曽駒山頂のルートは全くの未踏。
この計画が実行されることになれば、もう少ししっかりとリサーチしてみないといけませんね。
いずれにしても楽しみです。
いやぁ、計画していくのも色んな妄想があれやこれや出てきて結構楽しいですね(笑)。
この他にもいろんな山行を計画してみよう(*^^)v

DSC_0081 (800x533).jpg



-----------------------------------------


--山行計画データ (ルートラボに基づく)--
場所 長野県伊那市伊那 ~ 駒ヶ根市赤穂
距離 16km ( 上り:11.3km / 下り:4.2km )
最大標高差 1657m
平均斜度 上り:16.9% 下り:14.2%
獲得標高 上り:1905m 下り:589m


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山・キャンプ ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ

nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 4

RW

新田次郎の著作「聖職の碑」の物語、あの映画はよかったですね~!木曽駒は2回登りましたが、千畳敷までロープウェイが開通する以前の木曽駒への正規ルートだったとは知りませんでした。


by RW (2017-05-01 09:28) 

ぼの

RWさま、
そうなんです。原作読んだときは伊那前岳の方からかなと思ってたのですが、実はもっと伊那寄りの桂木場から登っていたのです。
自分も最近知ったのですが、この木曽駒、やはり王道の千畳敷カールから登るのがカールが綺麗なので、華やかさがあっていいのですが、反対側からのルート、この桂木場から将棊頭山経由で登るのも素晴らしいそうです。
登ったらまたレポしますね。
by ぼの (2017-05-02 23:38) 

ぼの

としさま、申し訳ございません。不適切な言葉がありましたので、その部分を削除させていただきました。
ご了承くださいませm(__)m
それを除いた全文を下記に転記させていただきました。

↓ 以下、としさまのコメントです ↓
********************

私は去年このルートをやりましたが、下山はロープウェーで菅の台へ下りてタクシーで桂木場へ戻りました。
もう一つ、木曽駒高原から茶臼山、将棋頭岳、宝剣岳、木曽駒ヶ岳、福島Bルートで木曽駒高原へ下山というのもお勧めですね。
by とし (2017-05-07 19:15)
by ぼの (2017-05-09 00:38) 

ぼの

としさま、
すみません。ブログで個人的に不適切なワードが出ていましたので、編集させていただきました。
ご了承くださいませ。

で、このルート、タクシーという手もあったんですね。
タクシーですと、菅の台から桂木場まで如何ほどかかるのでしょうか。

もうひとつ、私も福島ルートや上松ルートも考えていたのですが、こちらは次のステップにしてみようと思っていました。
by ぼの (2017-05-09 00:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: