So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.03.29 今季最後の雪山 冬の唐松岳登頂! [山歩き]

遂に今季初の雪山踏破! そしてこれが今季最後の冬山登山になります。 雪の唐松岳に登ってきました。
最初どの山に行こうかギリギリまで悩みました。候補としては、福寿草がそろそろ顔をだすであろう滋賀の霊仙山、前回撤退した石徹白の野伏ヶ岳、そして計画だけして天候不良で中止になった北横岳…。
最後の最後まで決まらずに、前日になって決定したのがこの唐松岳でした。

DSC_0859.JPG


ネットで検索すると、雪山の中でも比較的登りやすい山となっていて、ちょっと前にも知人が結構登っている写真を観て、その景観の美しさに魅了されていたことも唐松を選んだ理由でしょうか。
当初3人で登る予定だったのですが、急遽ひとり怪我でキャンセルになったため、二人で目指すことになりました。
天気は良好。午前3時半に地元を出発。長野は白馬まで行ってきま~す♪



-----------------------------------------


地元から約3時間半。漸く麓の八方尾根駐車場に到着。長かったぁ。でも、車を降りて見上げる雪の山なみを観ると、疲れも吹っ飛んでしまいますね。

DSC_0799.JPG

いよいよ唐松岳へ登ります。
八方尾根のゴンドラ駅からゴンドラへ乗り込み、うさぎ平駅へ。その後、ふたつのリフトを乗り継いで、八方池山荘へ向かいます。

DSC_0808.JPG

うさぎ平駅からアルペンクワッドリフトへ乗り換え。


DSC_0811-1.JPG

更にグラートクワッドリフトに乗り換えて八方池小屋に向かいます。


DSC_0817.JPG

リフト待ちの時間に白馬の山々を眺めます。とうとう来たんだな、と実感。


DSC_0818.JPG

八方池山荘に到着です。ここが唐松岳登山口になります。リフトの最終が16:00。それまでにはどうでもここまで戻ってこなければいけません。最悪、天候などの悪化や体調によっては途中撤退も考えなくては。
さ、アイゼン装着して出発しましょ。

唐松岳(からまつだけ)は、長野県と富山県の県境に位置する、飛騨山脈(北アルプス)の後立山連峰にある標高2,696mの山。山頂から東に八方尾根が延びていて、これがもっとも容易な主要登山コースです。また、山頂を経由して南の五竜岳方面、白馬鑓ヶ岳方面へ縦走できます。これは夏に歩いてみたいですね。登頂にあたっては八方アルペンライン(リフト)利用により標高1800m付近区まで上がることができ、山頂まで標高差800mの楽なアプローチで登山時間も短く、途中に難所もないため初級者に人気があるとのことです。

丁度9時。唐松岳に向け、八方池山荘を出発。…と、いきなり直登です(笑)。

DSC_0819.JPG

ここから下界までしっかり眺めることが出来ますね。いい景色です。

やはりスキー場も兼ねているせいかBCの方たちもかなり多い。平日なのにこの列(笑)。今日はいまのところ風も無く、穏やかな天気。いい気分です。

DSC_0822.JPG


横を向くと、この素晴らしい山なみ

DSC_0821.JPG


白馬三山最高です♪

DSC_0823.JPG

DSC_0825.JPG

抜けるような青い空に白い山稜が映えます。これぞ雪山! って感じですね。今季はこれ程までに晴れ渡った日がなかったので、既にテンションMAX状態です(爆)。

DSC_0828.JPG

同行のイバッチさん、暑いのか既にハードシェル脱いじゃってます(笑)


DSC_0830.JPG

石神井ケルン(第一ケルン)到着。ここで小休止。
石神井ケルンを過ぎたところで、ちょっと風が出てきたかな? 雪が舞っています。

DSC_0831.JPG


八方ケルン(第二ケルン)のある八方山までやってきました。

DSC_0832-1.JPG

唐松岳登山ではお馴染み、顔に見える人気ケルンにもやっと出会えましたね(笑)。ここで更に小休止。 雪の登山ということと、標高が高く、空気が薄いということで、やはり思うように前へ進めません。ゆっくりじっくり登っていくことにしましょう。

DSC_0834.JPG

DSC_0824-1.JPG

周辺の山々が一望でき、本当に素晴らしい眺望。夏山にはない美しさ、魅力があります。

DSC_0836.JPG

後を振り向けば、こんなに美しい雪の山々が…迫力の大パノラマ景観です。
八方山を越え、次は丸山に向かいます。ここからは更に急登。真横の写真を撮ってみると、こんなに傾斜がありました。

DSC_0842-1.JPG


雪の表面が風に煽られて波を打ったような模様を描いています。まるでアートの世界だ。

DSC_0840-1.JPG


幾つかのピークを直登で登攀。丸山への登攀、これがかなりキツイ…。しっかりした足取りでゆっくりと登っていきます。

DSC_0844.JPG


漸く丸山へ到着。ここで休憩。ここまで登ってくるのに、計画よりも1時間遅れ。結構バテバテです(苦笑)。山頂まで行けるかなぁ。…ちょっと不安になってきました。

DSC_0847-1.JPG

山頂方面を眺める… 

さ、ひと休みしたら先に進みましょう。
ここからまた一気に登攀。ここが一番きつかったかも。登攀のペースがかなり落ちました。しかし、眼下に見える景観は素晴らしい。

DSC_0848.JPG

そのキツい登攀とは裏腹に背後の景色のなんと美しいことか…。思わず立ち止まって魅入ってしまいます。

DSC_0849.JPG

DSC_0850.JPG


このピークを越え、更にその向こうのピークが唐松岳山頂。

DSC_0852.JPG


苦しい登攀の横には…こんなに美しい山が。苦しい身体にほっと癒しを与えてくれます。

DSC_0854.JPG

白馬鑓ヶ岳に至る縦走路にある、"不帰嶮" と呼ばれるキレット


ピーク到達まであと一息。しかし、風がかなり強まってきました。油断すると身体を持っていかれそうです。

DSC_0857.JPG


美しい山々…なのですが、最早山の名前など言い当てる気力はなく、ただ前方を見据え登攀するのみ(苦笑)。

DSC_0859.JPG

最後のピークを越えると、遂に全貌を表す唐松岳山頂。美しすぎる…。
この一番キツいピークを登り詰め、一旦降りると唐松岳頂上山荘が見えてきました。今は雪に埋もれ、冬季の時期は開いていません。ここまでこれば、山頂まではもう少しです。
しかし、これで比較的楽に登れる山とよく言ったものです(苦笑)。 厳しい風が足を鈍くさせているのぼ理由のひとつではないかと思いますが、それにしてもしんどい。

DSC_0879.JPG


時間を確認すると、もう13時ちょっと前。帰りの時間を考えると13時から13時30分がタイムリミット。かなり不安になってきました。風もかなり出てきているし、時間的にヤバいと思ったらすぐに折り返そうということで、これから山頂アタックです。

DSC_0862.JPG

風速20m以上は出ている強風の中、山頂に向けてアタック開始です。風で雪が舞っているのがわかります?

DSC_0864.JPG

あと一歩!








頂まで登った瞬間…瞼に飛び込んできたこのパノラマ!

DSC_0867.JPG


3月29日 13時25分、遂に唐松岳山頂(標高2,696m)に登頂です。

DSC_0868-1.JPG

ピッケルを大地に突き刺して蹲っていないと強風で飛ばされてしまいそう。その中で、なんとか山頂登頂を証明する写真撮影。そして至近距離からの山頂タッチ(三角点は雪で埋まってる?為なのか、確認できず)。⇒すべて蹲りながら撮影しました(笑)。

DSC_0868.JPG


はじめて山の頂の向こう側の景観を目の当たりにします。美しすぎる。

DSC_0869-1.JPG

DSC_0870.JPG

これは頂に立った者しか瞼に焼き付けることが出来ない景観。素晴らしい。登ってきて良かった。それ以外なにも頭に浮かびあがりません。
いまここに居るのは、私たちふたりだけ。私たちふたりだけ、この素晴らしい一大パノラマを独占です。
暫くじっとこの場に留まりたい…そんな気持ちになりますね。しかし、もう下山しないと時間が…。幾分風が治まってきたので、その隙に記念写真を撮りましょう。

DSC_0874.JPG

DSC_0875.JPG


最後にこの頂から観ることが出来る山々を。

DSC_0880.JPG

あの向こうの一番高い山が剱岳でしょうか


さぁ、もう下山しないと…。名残惜しいですが、時間が押しています。下山しましょう。
山頂直下はかなり急勾配なので、滑落に注意しないといけません。
なんとか慎重に降り、頂上山荘手前まで降りてきました。そこで後を振り返って唐松岳を眺めます。

DSC_0881.JPG

何度観ても美しい。あの頂に先ほどまでいたんですね。

再び風が強くなり、舞い散る雪。

DSC_0882.JPG


登ってきたそのまま同じルートを下っていきます。帰りは結構早いタイムで降りれると思っていたのですが、誤算でした。尾根道が急なことと、思ったより雪が重くて中々上手く進めません。
最後は本当に時間との戦いでした。焦って滑り落ちると大参事。慎重に慎重に…。

DSC_0886.JPG


結局最後の八方池山荘前に辿り着いたのがゴンドラ最終の16時ちょっと前。ギリギリの到着となってしまいました。
もうちょっと早く下山できると計算していたのですが…。まぁ、結果何とか間に合ったので、良しとしましたが、もう少し余裕をもたないといけませんね。

DSC_0885.JPG


今季の雪山登山は殆どがホワイトアウト等の悪天候で途中撤退でしたが、漸く登りきることができました。最高の天気の中、素晴らしい山々を眺めながらの登攀、最高でした。
これは自分独りの偉業ではなく、今回同行してくれた素晴らしい山友さんがいてくれたからこその登頂です。
素晴らしいバディと登れてよかった。今季、最後にして初の雪山登頂を最良のバディと共に分かち合えたことをうれしく思います。

DSC_0839.JPG


-----------------------------------------




--本日の山行データ--
場所 長野県北安曇郡白馬村大字北城
距離 9.3km
最大標高差 875m
平均斜度 上り:19.9% 下り:21.2%
獲得標高 上り:954m 下り:933m
日時 2017年3月29日 08:59:26 ~ 2017年3月29日 15:46:37
所要時間 6時間47分11秒 (休憩含む)
平均速度 1.3km/h

--本日の山行ルート--
09:02 八方池山荘
09:30 石神井ケルン
09:40 八方山
10:00 八方池
11:38 丸山
12:53 唐松岳頂上山荘
13:25 唐松岳
13:54 唐松岳頂上山荘
14:24 丸山
15:08 八方池
15:20 八方山
15:28 石神井ケルン
15:46 八方池山荘

--関連サイトLink--
唐松岳頂上山荘 
白馬八方尾根 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: