So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.03.11 裏高社 五条川源流を歩く…後編 (高社山・裏ルート再び) [山歩き]

裏高社探検記、後編です。
まことスリリングな谷歩きをした後、一旦山から出て北小木の集落でお昼休憩。 優しい陽だまりの中、まったりしたお昼を頂き、再び山に入ります。
この後半のルートも、中々楽しい探検となりました。

DSC_0573.JPG


※前半の記事はコチラ

-----------------------------------------


北小木の集落へと向かう道は、春の日差しが心地いい穏やかな空気感。 山の中の緊張感が一気に解放されます。
咲きだした梅が綺麗で、気分がほっとしますね。

DSC_0562.JPG


岐阜県の高社山と愛知県の八曽山の山間にあるこの北小木は、外界から離れた静かな集落です。「こんなところに人が住んでいるのか!」と思う程人里離れたところにひっそりと佇んでいます。これがまたいい雰囲気なんですよね。
因みにこの北小木、一帯にゲンジボタルやヘイケボタルが生息しているそうで、例年6月中旬頃に川辺では幻想的なホタルの乱舞を見る事ができるそうです。これも一度は観てみたいですね。

DSC_0563-1.JPG

山と山との間のまったりとした雰囲気の中で仰ぎ見ると抜けるような青い空…。いい気持です。

DSC_0565.JPG

集落のメインストリートの辻に馬頭観音がありました。

前回隊長と昼食に使ったお寺の裏の川沿いでお昼としましょう。
今回誰も何も言ってないのに、皆ちょっとだけお酒を持参(笑)。楽しいランチタイムのはじまりです(笑)。

DSC_0566.JPG

暖かな(ちょっと風が吹いてきたけど)日差しの中、まったりと三人で戴くお昼ご飯。インスタントもの中心ですが、これがまたいいんです。贅沢な大人の時間やなぁ…なんて思ったり(笑)。
ふと、空を見る・・・いいなぁ。

DSC_0567.JPG


さて、昼食も終わり、そろそろ後半戦に入りましょうか。

北小木集落を後にし、再び山の中に入ります。

DSC_0568.JPG

後半は一旦来た道を遡り、三俣まで進みます。 三俣から今度は中俣を登っていき、 "根本砦" を経由して下山というプランになっています。
中俣を沢筋に沿って登っていくと、こちらも素晴らしい渓谷の美しさを味わうことができます。

DSC_0571.JPG

岩盤と覆い繁る樹木。いやぁ、本当に素晴らしい景観です。
一部、倒木の沢沿いと格闘。 このあたりは流石EYK隊長がプランしたルートだけあります。まさにルートファインディング(笑)。

DSC_0573.JPG

倒木の沢をクリアすると再び岩盤です。
この写真ご覧ください。大きな一枚の岩盤(というのかな?)の上を沢の水が流れている…。これは凄いです。長年この岩の上を流れる沢によって表面が綺麗に削り取られて水の流れる道となっているんです。前回ここを歩いたとき、こんな岩盤あったかなぁ。見落としていたかもしれませんね。

DSC_0575.JPG

一同暫く見入っていましたよ。
大きな二つの岩の間を潜り抜け…

DSC_0578.JPG

そこからは若干藪(笑)。 漸く藪山探検になってきました。

DSC_0579.JPG

樹木の蔓がブランコのように繋がって…。天然のブランコです(笑)。

草木を掻き分けて山の斜面を登ります。ささ、藪山探検隊の真骨頂、藪徘徊が始まりましたよ~(爆)。

DSC_0584.JPG


と、前方隊長がなにやらルート間違えたようで…。ま、藪に入るとよくあることなのですが…(笑)
地図とコンパスを取り出し、再確認。来た方面に巻いていかないといけないはずが、どうやら東側にずれてきているようです。

DSC_0586-1.JPG

なんとか軌道修正し、目的地の "根本砦跡" に到着。

DSC_0589.JPG

ここから眺める眺望も素晴らしい。 というか、本日2度目の山からの眺望(笑)。

DSC_0596.JPG

はるか遠くに薄っすら確認できる雪の山々が綺麗です。 手前の山は笠置山か?

さぁ、下山いたしましょ。 下山も道なき道を降りていく形となります。

DSC_0597.JPG

最初は薄いけど何とかわかる踏み跡に沿って歩いていましたが、進むにつれなくなってきて、しまいには再び藪漕ぎ(笑)。

DSC_0598.JPG

これも藪山探検隊、ルートファインディングの醍醐味、急斜面を滑るように降りていきます。

DSC_0600.JPG

久しぶりの急斜面を滑降する藪漕ぎに当然ながら皆笑いが込み上がる(笑)。隊長を除く二人は手強い藪の斜面をただひたすら遅れまいと付いていくのに、流石隊長は藪の傾斜を軽快に降りていきます(笑)。

DSC_0602.JPG

漸く、下山に漕ぎつけました。お疲れ様でした。皆安堵の表情(笑)。

車を停めてある登山口に戻り、ひと休み。 今回も楽しい谷の徘徊でした。特に三俣を中心に中俣と右俣の面白さと美しさは何度この場所を歩いても飽きませんね。
今回もありがとうございました。 さて、初体験のイバッチさん、いかがでしたか? 楽しんでいただけました?
また機会があったらここで遊びましょう。

DSC_0606.JPG


尚、前回も言及しましたが、この高社山の裏側は、楽しく美しい場所ですが、やはり危険が伴います。 登山道は無く、読図が必須になりますし、それなりの経験値がないと本当に危ないところですので、興味本位での入山はお薦め致しません。必ず経験者同伴で。また入山された場合、全てにおいて自己責任でお願いいたします。

-----------------------------------------




--本日の山行データ--
場所 岐阜県多治見市大沢町 ~ 多治見市北小木
距離 9.7km
最大標高差 326m
平均斜度 上り:12.4% 下り:14.1%
獲得標高 上り:600m 下り:619m
日時 2017年3月11日 09:53:14 ~ 2017年3月11日 16:02:34
所要時間 6時間9分20秒
平均速度 1.5km/h

--本日の山行ルート--
09:53 スタート地点 高社神社入口
10:27 高社山
10:45 五条川源流付近
11:10 三俣
12:15 北小木集落
13:57 三俣
15:29 根本砦跡
16:02 ゴール地点 高社神社入口

EYK隊長、ブログ記事

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: