So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.02.22 第二のホームマウンテンでリハビリ山行(笑)。 冬の納古山へ [山歩き]

伊吹山で足を痛めて一週間が経ちました。軽い症状だったのか、状態は結構良くなってきています。
いままでちょっと安静にしていましたが、やはり一週間もするとウズウズしてきちゃいます。しかも、次回の木曜登山会は予報は雨の為、中止になる可能性が高く、次の登山会開催まで待ちきれない状況です。
で、リハビリ的にちょこっと、脚の状態を確認するために登ってみようかなと…(笑)。
天気予報を確認してみると、休みの日、ちょうどいい天気なんです(笑)。
よしっ! っとイバッチさんを誘ってのんびり、まったりと登ってみましょう。
で、私の第二のホームマウンテンである納古山に登ってみました(第一のホームは鳩吹山^^)。 しかも、イバッチさんは納古山は未踏。話を聞くなり、即返事が返ってきました。
じゃ、納古山へ行ってみましょ♪  今回もちゃんと「ノコT」着ていくよ(*^^)v

DSC_0390.JPG





-----------------------------------------


今日はいい天気になりそうです。しかも暖かい(*^^)v これは久しぶりに絶好のハイキング日和です。
待ち合わせの七宗町にある "道の駅・ロックガーデンしちそう" に集合。ここから登山開始です。
納古山に関しては、過去何度かに渡って記事をアップしていますので、詳しくはそちらを参照くださいまし。

今回の登山は、足の状態を確認把握するためと、先日手に入れたアディダスのトレッキングシューズの履き心地を確かめること。ちょっと勢いで買っちゃったトレッキング。履いてみるとかなり軽い。ショップのスタッフは「ソールが物凄くいい」とかなりお薦めしていたんで、果たして岩場でも大丈夫なのだろうかと試してみようと思います。

DSC_0360.JPG

   ↑ 新調したアディダスのトレッキング

道の駅から納古山登山口へ向かいます。 本当に今日は穏やかな朝です。昨日までの寒さが嘘のように暖かい。 登山口へ向かうまでに暑くなって、早くもウェア調節(笑)。

DSC_0361.JPG

暫く林道を歩きます。
木和谷林道へ入ると、納古山のルートマップ案内があります。

DSC_0361-1.JPG

本日のルートも初級コースで登り、往路は初級コースで。 途中、 "塩の道" ルートで中級に戻ってもいいかな。ま、状況に応じてですね。

DSC_0363.JPG

さ、中級コース登山口に到着しました。 いよいよ納古山に取り付きます。
暫く樹林帯の登山道を歩きます。 沢沿いを清流の音を聞きながら気持ちのいい森林歩きとなります。

DSC_0364.JPG


そしてここが「最後の水場」と称されるスポット。 そのまま飲んでも大丈夫。 天然の水が冷たくて気持ちいい♪

DSC_0365.JPG


さ、ここからが本格的な登りとなります。 一旦樹林帯を出ると、第一関門の岩登り。 この納古山は低山で、あっという間に登れる山なのですが、森林歩きあり、岩登りありと中々ダイナミックに登れる山として親しまれています。 そしてなんといっても、山頂の眺めが素晴らしい。 人気が出る筈です。

DSC_0366.JPG

岩を登りきると、この景観。 一面にわっと素晴らしい光景が広がります。 ここは「天空の岩」。 これにはイバッチさんも感激!

DSC_0370.JPG

DSC_0367.JPG


続いて登っていくと、岩に印されているマーカーがこんな感じにハートマーク(笑)。 いつもながら微笑ましい(笑)。

DSC_0371.JPG


続いて第二展望台。ここからは御嶽が目の前にド~ンと現れます。

DSC_0373.JPG

DSC_0374.JPG

綺麗ですね~。 今日ははっきりと観ることができました。
トレッキングシューズもなんら問題なく、しっかりと岩に引っかかりますし、滑りません。これなら相当なところへも履いて行けそうです。ただやはり生地が薄いので、岩か何かが落ちてきたときの対処ができません。その辺りが要注意ですね。

そういえば、脚の状態も良さそう…。取り付きはじめこそ、違和感があったものの、それ以降は全く痛みはありません。「よしっ、大丈夫や!」
って過信はいけませんね。もうちょっと注意し、労わらなきゃ。

そうこうしているうちにいよいよ第三の岩場。ココが結構急で厄介。

DSC_0376.JPG

登り慣れているとはいえ、慎重に登ります。

DSC_0377.JPG

登りきると、山頂まではもうすぐ。

DSC_0378.JPG

山頂へ向かう道の反対側にも登山道が伸びているので、今日はそちらにも行ってみました。山頂直下には大きな崖が。そしてその下には人が入れるほどの隙間が開いていました。これ、はんざわ原人の居住区なのかも…なんてひとり笑っていましたが(笑)。

DSC_0379.JPG

冗談はさておき、その先を見ると右手は絶壁になっていて落ちないようにロープが張られてありました。 覗き込んでみるとかなりストーンと落ちています。結構スリリングでしたね。こんな場所あったんだ。何回も登ってて初めて観ました。

DSC_0381.JPG


さ、納古山登頂です。ノコリンが出迎えです。いつもながらノコリン見るとほっこりします(笑)。

DSC_0383.JPG

イバッチさんは初ノコリン(笑)。「やっと会えた~」と大喜びです(笑)。
そして最高の天気で、360度のパノラマビューを楽しむことができました。

DSC_0382.JPG

今日は遠くにアルプスの山々も観ることができたし、本当、云うことなしですね。

DSC_0390.JPG

今回もしっかりノコ-T着てきました(笑)。やはり納古山に来るときはノコ-Tですよね(*^^)v

さ、じっくり山頂からの眺望を楽しんだあとは、まったりとこの景色を堪能しながらのランチタイムです。 今回は久しぶりに山頂で焼肉宴会(笑)。

DSC_0390-1.JPG

抜けるような青空の下、絶景を見ながらの焼き肉は最高です~♪ ゆ~っくり、まったりと美味しいランチを戴きました。

山頂でご飯を食べながら、あれやこれやといろんなお話をしているうちに、知らぬ間に時間が経ってしまいました。そろそろ下山しないといけませんね。
身支度をして、下山に取り掛かりましょう。

復路は、初級コースで。

DSC_0391.JPG

初級コースは中級と違い岩場や急なアップダウンはなく、ひたすら下っていくだけの簡単ルート。
でも、毎回思うのですが、これを登りに持ってくる人っているのだろうか…(笑)。
変化の殆どない傾斜をただ登っていくだけなんて萎えるよなぁ…(苦笑)。

暫く歩くと、尾根道の中央に「第2号境界標」の石柱があります。また何故に尾根道の中央にあるのかと皆さん思われるかと思います。

DSC_0392.JPG

これは神渕村と下麻生村の境界碑で、宝永4年(1707年)に上川辺と鹿塩の上流2村と下流4村との間で境界をめぐる紛争が起きて、幕府評定所にまで持ち込まれたそうで、その紛争が明治まで長引いたらしく、和解した時に打ち込まれた境界の石柱だそうです。

この石柱を越えると傾斜も緩んできて沢沿いに合流します。 初級ルートはこの沢沿いの鬱蒼とした雰囲気が好きです。

DSC_0397.JPG

透き通った沢の水の流れ、そして清流の音を楽しみながら降りていきます。気分がいいですね~。

DSC_0396.JPG

山の斜面に幾つかの細い滝が出来ていて、沢に向かって落ちてくる様は、非常に気持ちがいい。
この沢沿いの道を更に下っていくと木和谷林道に出ます。
初級コースの登山口に出ました。あとは道の駅に向かって林道をひたすら歩いていくだけです。
今日も怪我なく、無事下山することができました。
心配していた足の状態もまあまあ良かったですし、また楽しく山歩きが出来そうです。
同行戴いたイバッチさん、ありがとうございました。

DSC_0398.JPG

林道脇で発見したねじれ滝。「親猿の滝」と言われる滝だそうです。

-----------------------------------------




--本日の山行データ--
場所 岐阜県加茂郡七宗町中麻生
距離 8.5km
最大標高差 520m
平均斜度 上り:15.2% 下り:12.2%
獲得標高 上り:541m 下り:536m
日時 2017年2月22日 10:10:39 ~ 2017年2月22日 15:02:57
所要時間 4時間52分18秒(昼食、休憩含む)
平均速度 1.7km/h

--本日の山行ルート--
10:10 スタート地点・道の駅ロックガーデンしちそう
10:42 中級コース登山口10:43
11:00 最後の水場11:02
11:17 天空の岩展望台11:20
11:32 第二展望台
11:46 初級コース分岐11:54
11:47 納古山 (昼食)
13:23 下山開始
13:53 境界碑石柱
14:21 初級コース登山口
14:35 中級コース登山口
15:02 ゴール地点・道の駅着

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 4

はんちゃん

よさそうなねぐらみっけ、、
by はんちゃん (2017-02-26 08:39) 

RW

伊吹山で足を痛めたのですか!色々と大変でしたね。それなのにこんな恐ろしげな岩峰に早速登っておられるとはビックリ!でも元気に回復できてよかったですね!
(PS)デビッドボウイと同じ時期にグラムロックで活躍したアリスクーパーも公開したので洋楽編にも是非遊びに来てくださいネ~!

by RW (2017-02-26 11:04) 

ぼの

はんちゃん、
久しぶりの書き込みありがとう!(笑)
いい塒みつけたでしょ(爆)
by ぼの (2017-02-28 01:52) 

ぼの

RWさま
怪我は大したことありませんでした。
お心遣いありがとうございました。
なんか常に身体動かしてないと、いてもたってもいられないんですよね(笑)。
その割に最近段々太ってきてしまってます(苦笑)。
やはり自転車乗らないと…
by ぼの (2017-02-28 01:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: