So-net無料ブログ作成

2017.02.15 雪の伊吹山 思わぬアクシデントで… [山歩き]

昨年12月から木曜休みの山友で構成された "木曜登山会" の開催日に初めて休みが合わず、泣く泣く不参加になってしまいました。休みが前日に逸れてしまったのです。どうしようかと思案しているところへ、同会のイバッチさんから連絡が。
「私も水曜休みなので、伊吹行きませんか?」とのこと。秋の伊吹は登ってますが、雪の伊吹は初めてです。「是非♪」とのことで、伊吹山に決定(*^^)v
さぁさぁ、楽しみですねぇ。

DSC_0355.JPG


しかし、またまた今回もとんでもないことが起こってしまうなんて誰がこの時点で予測していたでしょうか…(苦笑)
続きは本文で…

※以前登った無雪期の伊吹山登山の記事はコチラをご覧ください。

-----------------------------------------


当日、高速を飛ばし関ヶ原へ。関ヶ原IC降りたら、道の両端が雪!(笑)。 この辺りは結構雪がまだ残ってるんですね。
カイコウズ街道を伊吹方面へ走り、登山口へ向かいます。
登山口近辺も雪が残っています。駐車場のお父さんの「今日は風邪もないし、これから晴れるから楽しい山登りができるよぉ」のひとことにテンションMAXです♪
早速出発しましょう。ちゃんとヒップそりも持ってかないとね(笑)。

DSC_0307.JPG

先ずは三之宮神社にお参り。 安全登山を祈願します。

続いて伊吹山上野登山口へ。この辺りになるともう完全に白い世界ですね。 さ、出発しましょう。
階段を登ってみたのですが、この辺りから雪が踏み固められてかなり滑ります。ここからアイゼン履いていきましょう。

DSC_0310.JPG


登山口から1合目に向かう樹林帯の中を歩きはじめます。

DSC_0311.JPG


ワクワクするなぁ。樹林帯を越えると世界が違うんだろうなぁ…なんて思いながら登っていきます。この樹林帯の中も、無雪期の景観とは全く違い、幻想的で素晴らしい…。
いいなぁ、やっぱり。なんて思いながらカメラを構え、シャッターを切ります。そして歩き出したその矢先…
「ブチッ」 え? なんか変な音がしたぞ。

DSC_0311-2.JPG

その直後、左脹脛に激しい痛みが! そして左足が前に出せません。「うわっ、やっちまった」・・・
暫くその場に立ち尽くす状態になってしまいました。
「大丈夫?」
「いや、大丈夫じゃないかも…」
「どうする? 引き返そうか?」
「・・・・」
折角楽しみにしていたのに。早くもここで撤退? 昨年からなんか雪山には縁遠い(苦笑)。
撤退するにも、今のこの状態じゃ下れない…「もうちょっとじっとしてるよ。まだ動けない(>。<)」
「あ、私が飲んでる痛み止めの薬飲む?」で、薬を戴き、しばらく様子を見ます。
暫くすると、薬の効果かわかりませんが楽になってきました。
なんとか歩けそう。もう少し様子を見ることにします。
すると、痛みが引き、一応歩ける状態に。屈伸してみたり、足を延ばしてみたりする…うん、大丈夫かも。
とりあえずこの樹林帯を出て、1合目の広いところへ出てベンチで座ろうということになり、あとちょっとの樹林帯を登り出しました。

DSC_0313-1.JPG

森林限界を突破し、なんとか1合目の売店までやってきました。ここで立ち止まり、脚の様子を確かめます。痛みは若干あるものの、登ってみたら案外大丈夫でした。 その場で足踏みをしてみる。大丈夫そうだ。
「山頂までは無理かもしれないけど、もう少し行けそう。行けるところまで行って引き返そう」
ということで、伊吹の雪をちょっとだけ楽しむことに。

DSC_0313.JPG

さぁ、かなり時間をロスしてしまいましたが、再スタートです。
足に注意しながらゆっくりと登ります。

DSC_0314.JPG

振り返ってみると、この景色。 麓の雪の町並みが見渡せます。これが見たかったんですよね。

DSC_0316.JPG

2合目にゆっくり向かいます。 雪道ではほぼ直登。

DSC_0316-1.JPG

DSC_0319.JPG

登っていくにつれ、ガスが立ち込めて辺りが白くなってきました。
気が付いたらホワイトアウト状態で、目の前が見えません。

DSC_0322.JPG


暫くここで様子見。 その間、記念に一枚撮ってもらいました。

DSC_0324-1.JPG

足が痛いと言っていたはずなのに、なに?この笑顔は! って感じに写ってますね(笑)。

暫く様子を見ていると、幾分視界が戻ってきたようなので、とりあえず3合目の東屋まで行くことにして、そこで引き返すことに決定。東屋を目指します。

DSC_0326.JPG


自分たちが歩いている横を元気なお兄さんたちが追い抜いていきます。中にはスキー板を担いで登っている人も。帰りは気持ちよく滑って降りてくるんだろうなぁ。気持ちよさそうだなぁ。

東屋が見えてきました。ここで休憩です。

DSC_0327.JPG


ベンチに座り、暖かい珈琲でも。
珈琲を飲みながら周りの雪化粧を眺めます。 今年はよく積ってますねぇ。聞くところによると、今年は何年かぶりに結構積っているらしいです。これなら廃止になったスキー場も再開できるんじゃ?
なんでも昔は1位2位を争う豪雪になる地域だったらしく、麓の旅館も雪の時期は2階から出入りしていたそうです。 今ではそんなこと殆ど、というよりまったくなくなったとのことですが。

DSC_0329.JPG


さ、ゆっくり休憩し、身体も珈琲で暖まったことだし、引き返すとしますか。これ以上無理して登って大事になるのもいけないし(苦笑)。 足の様子を確認してみる。大丈夫そうだ。
名残惜しいけど、下山しましょう。

DSC_0334.JPG

来た道を引き返します。…といっても道は踏み跡になりますが…(笑)。

DSC_0337.JPG

改めて周りを見まわすと一面の真っ白い世界。つくづく凄いなぁと思います。

DSC_0340.JPG

斜面から米原の町並み(?)が見下ろせます。晴れると気持ちよく眺めれるんだろうなぁ。そういえば、駐車場のお父さん、今日はいい天気になると言っていたのに、やはり山の天気はわからないものです。

DSC_0342.JPG

幾分うっすらと見渡せるようになってきましたね。思わず足を停めて辺りを眺めます。

DSC_0342-2.JPG

っと、山の方を振り返ると、晴れ間が!
みるみるうちに雲が途切れて青い空が出てくるではありませんか。 これはラッキーです。

DSC_0347.JPG


DSC_0345.JPG

麓の町並みもくっきり見えるようになってきました。 これが見えるようになっただけで充分です。ありがとう!

下山している間にも下から登山者が登ってきています。 このタイミングはラッキーですよね。皆さん頑張って!

DSC_0349.JPG

DSC_0346.JPG


いやぁ、いい景色です。ここまでですが、登ってきて良かった。 本当に素晴らしい!

DSC_0353.JPG


後から撮った写真見てみたのですが、このショットが一番いいですね。 今日一番の写真じゃないかと思います。

DSC_0355.JPG

こうやって改めて見てみると、3合目から2合目も結構な傾斜だったんですね。 登っているときはわからないものですが…(苦笑)。
そのまま立っている真横を撮ってみたんですが、この傾斜です。改めてビックリ(笑)。

DSC_0354.JPG


1合目の売店を越え、樹林帯に入ります。 短かったですが、伊吹山の登山ももう終わりに差し掛かります。目の前に登山口が見えてきました。

DSC_0356.JPG


下山して改めて伊吹山を振り返ってみます。 まさかのアクシデントが発生してしまい、志半ばで引き返してきましたが、またいつかこの雪の伊吹に再チャレンジしてみたいですね。

DSC_0359.JPG


地元に帰って、早速病院で診てもらいましたが、軽い肉離れと診断されました。一週間もしたら痛みも消えるとのこと。大事に至らず、良かったです。 とりあえず暫くは安静にしておきますね(苦笑)。
しかし、単独で登らなくて良かったです。イバッチさんがいなかったら、多分あの場所で立ち往生だったんじゃないかと思います。積雪期は勿論ですが、無雪期でも、なるべく最少人数でいいので、誰かと登った方が身のためなんだとつくづく思い知らされた山行でした。
今後とも充分に気を付けて楽しく心に残る山行にしたいものです。

-----------------------------------------




--本日の山行データ--
場所 滋賀県米原市上野
距離 5.3km
最大標高差 570m
平均斜度 上り:20.8% 下り:22.2%
獲得標高 上り:571m 下り:544m
日時 2017年2月15日 08:19:39 ~ 2017年2月15日 13:03:39
所要時間 4時間44分0秒 (休憩含む)
平均速度 1.1km/h

--本日の山行ルート--
08:24 伊吹登山口(三之宮神社前)バス停
08:34 伊吹山上野登山口
09:27 伊吹山一合目(伊吹高原荘)
10:10 伊吹山二合目
11:09 伊吹山三合目
       3合目東屋にて休憩
12:20 伊吹山二合目
12:32 伊吹山一合目(伊吹高原荘)
12:57 伊吹山上野登山口
12:59 伊吹登山口(三之宮神社前)バス停

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 4

jam

大事にならなくて良かったですね。
仲間が居る遊びの最大の利点はこんな時の安心感と楽しさの共有ですね!
by jam (2017-02-21 11:09) 

tsun

誰もいないところでだと、単独は怖いですね。
とにかく大した事なく良かったですね。
by tsun (2017-02-21 11:17) 

ぼの

jamさま、
ありがとうございます。
最初は結構ソロが多かったのですが、このところグループ登山(小人数)が楽しくなってきたので、あまりソロではいかなくなっています。
つくづく今回の件で、複数登山のありがたさがわかりましたね。
by ぼの (2017-02-25 00:57) 

ぼの

tsunさま、
ありがとうございます。足の症状はもう大分よくなりました。
ソロ登山も自分のペースで登れるから好きですが、今回の件のようなことがあると、やはりバディは必要だなと痛感いたしました。
by ぼの (2017-02-25 00:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2