So-net無料ブログ作成

2017.01.31 アトラクション味最高の山、設楽の岩古谷山、平山明神山周回登山 (後編;平山明神山) [山歩き]

山歩き番組の間にちょっとマニアックな記事を挟んでしまいましたが(笑)、今回は先日の岩古谷山、平山明神山周回登山の後半、平山明神山の部をお伝えいたします。

DSC_0191.JPG


取り付いていきなりのカモシカ遭遇や、巨岩、絶壁を楽しみながら、岩古谷山へ登頂。 山頂からの眺めを楽しんだあと、本命の(?) 平山明神山へ向かいます。

※前回のブログ記事はコチラ

-----------------------------------------


岩古谷山山頂の眺望を楽しんで、いよいよ平山明神山へ向かいます。

DSC_0166.JPG


明神山(みょうじんさん)は、愛知県北設楽郡設楽町と東栄町との境界にある標高950mの山で、一般には平山明神山と呼ばれています。 またの名前を神田明神山ともいうそうです。 三ツ瀬明神山の北西に位置し、大鈴山の南東に位置します。 山稜は特異な岩峰が連なり、山麓からも一際目立つ存在の山。「西の覗き」と「東の覗き」という二箇所の展望所がありますが、どちらも峻険で危険な場所といわれています。 尚、「西の覗き」からは、大鈴山・大川入山・恵那山・南アルプスの展望が開けていて見晴らしは最高です。

DSC_0167.JPG

目の前の稜線を歩くことになります。

DSC_0170.JPG

平山明神山まではここから約2時間。 和市の登山口から岩古谷山までは3~40分で結構あっさり登れましたが、ここからがこの周回登山の醍醐味となるわけです(笑)。
…と、いきなり傾斜のキツイ岩場が登場!

DSC_0171.JPG


この岩場にはロープがなく、木の枝や根っこを掴んでの登攀です。 いきなりハードな登り(笑)。 EYK師匠の登った跡をしっかりと踏んでいきます。

DSC_0173.JPG


上まで登り詰めたら、今度は絶壁になっている反対側の岩場を下ります。 をぉ~、聞きしに勝るルート! 難易度は一気に上がってきました。

DSC_0176.JPG

木の枝で見えにくいかと思いますが、ほぼ垂直のキレット。 充分に注意して降りましょう。 ここが、所謂今回の難所のひとつで、EYK師匠はここを「「リポビタンDポイント」と呼んでいます(笑)。 『ファイト~! イパァァァツ!』(笑)。

DSC_0176-1.JPG


リポビタンDポイントをビビりながらも降り立って、また間もなく傾斜のキツイ岩稜が・・・。 こんな感じで、アップダウンの激しい連続が続くルートを進んでいきます。

DSC_0180.JPG

DSC_0182.JPG

文字通り、ロープと鎖を駆使した登攀が休む間もなく続く…。 何回か立ち寄っていて慣れているEYK師匠も、久々の登山ということで、結構しんどかったと後から聞きました(苦笑)。

DSC_0183.JPG

激しい勾配のこの樹林帯を抜けると見晴らしのいい岩のテラスに上れます。
で、岩場に上ってみると、この眺望です。 ん~素晴らしい!

DSC_0188.JPG

奥三河の山々の向こうに連なる雪を被った山々、南アルプスでしょうか。 綺麗です。

DSC_0192.JPG

そしてこちらは、右手手前に茶臼山。そして左手奥に我らが地元の名山、恵那山と富士見台が鎮座します。
まったく素晴らしい眺望。 愛知の山からこんなに綺麗にアルプスの山々を観ることができるのですね。

DSC_0191-1.JPG

で、これが反対側の山。三ツ瀬明神山でしょうか。

そして、今自分たちがいる場所がこんなところ(爆)。

DSC_0191.JPG

DSC_0193-1.JPG

両側が切り立った岩の上なんです。ちょっと薄ら恐いけど、見晴らしは抜群。 特に本日はまったくもっていい天気。雲ひとつありません。いままで苦労して登ってきた甲斐がありました。 素晴らしい御褒美ですね。
しか~し!
ここから先が本日最大の難所!
上の写真にあるその向こう側の擬宝珠みたいな山(愛知のジャンダルム?)に渡らないといけないのです。 その山が平山明神山。そしてその頂上へ向かうには目の前のナイフリッジを渡らないと到達いたしません。
ここで、十分休息した後、最大の難所である、ナイフリッジを渡ります。

DSC_0194.JPG

慎重に、慎重にナイフリッジを順に渡ります。両端は険しい崖。 完璧に切り立ったナイフのような岩を渡っていきます。 さぁ自分の番。 …と、足を踏み入れたと同時にふくらはぎが攣ってバランスを崩した時は真剣ビビりましたね(苦笑)。 何とか無事にナイフリッジを渡り終えることができました(笑)。

さぁ、あとはこの擬宝珠のような山を巻いて登っていくだけです。 「東の覗き」の指標に従い進んでいきます。話によると山頂でのランチは眺望がないので詰まらないから、東か西の覗きで食べようということになりました。

DSC_0196.JPG


で、ここが平山明神山山頂。 僅かに展望はできますが、ここではあまりにも詰まらない。

DSC_0197.JPG


で、見晴らしが良くて、風が当たらないポイントを探し、そこで昼食タイムにしましょう。
めちゃめちゃお腹空きましたぁ。
本日は久しぶりに焼き物を(^^)v。 このところ、雪山が多かったので、中々昼飯にまったり時間を掛けてとはいかなかったので、今回はじっくりと(笑)。
持参したのは小さくカットしたチジミ。 それを肴にEYK師匠が持ってきたお酒で乾杯♪

DSC_0199-1.JPG

DSC_0200-1.JPG

本日のお酒は "天狗舞" と "鯨波" の2種。 チジミを肴に二合ものお酒をほぼ二人で飲み干してしまった(爆)。 このあと大丈夫かぁ?(笑)
最高の天気の下、素晴らしい景観を目の前にして呑むお酒は美味いですねぇ(笑)。 三人で時間も忘れ、談笑してしまいました。
最後に食後の珈琲タイム。ん~、気持ちいい♪

DSC_0201.JPG


さぁ、いつまでものんびりとしていられません。 そろそろ下山しないと…。 冬の日暮れは早いですから。
持ち物をザックに仕舞い、下山します。

DSC_0202.JPG

…ちょっと食べすぎで、身体が重い・・・(笑)。

先ほど渡ったナイフリッジをもう一度渡ります。

DSC_0203.JPG

しかし、改めてよく見ると、凄いところですねぇ(笑)。

往路は平山明神山から岩古谷山へ戻る途中のグミンダ峠を谷筋へ降りていくというルート。 ルートと言っても、ここは正規の登山ルートではなく、前編でお伝えした "ルートファインディング" という形になります。 丁度この峠からショートカットして沢沿いを下っていくと和市の登山口に出るとのこと。

DSC_0206.JPG

「X」印が目印です。 ここからショートカットするわけですが、元々この「X」印は、よくわかっていない人たちが迷い込むことを防ぐために付けられたマークなので、決して安易に立ち入らないようにしてくださいね。

樹林帯をグングン降りていきます。 正規ルートではないものの、結構この筋は足を踏み入れているようで、しっかりと踏み跡が付いていましたね。

DSC_0207.JPG

前回EYKさんがこの斜面を使ったときはほぼ踏み跡がなく、ナイフリッジ通過よりもこのルートファインディングが一番緊張したそうです。

DSC_0210.JPG

斜面をスライドするように降りていくと、やがて谷筋の沢に突き当ります。この沢沿いを並行するように下っていきます。 この辺りは倒木が多く、歩き難くなりますね。

DSC_0213.JPG

降りていくにつれ、傾斜も緩やかになり、沢も幅が広くなってきました。
何度か沢を渡渉し、林道に出ることができました。あとは林道を下っていくだけ。

DSC_0215.JPG

途中から再び統計自然歩道へ入り、道なりに進んでいくともう目の前が登山口の駐車場です。

DSC_0218.JPG


無事怪我もなく、下山することができました。 お疲れ様でした。

DSC_0219.JPG


駐車場から見ることができる、今しがた登ってきた山を改めて見上げてみます。結構なところを登ってきたんだなとつくづく思いますね(笑)。

DSC_0217.JPG


帰り際に、朝待ち合わせをした「どんぐりの湯」でまったりと汗を流し、本日は解散です。
しかし、楽しかったですねぇ。 是非また登ってみたい山です。 今度は陽が長くなったときに一度この四山を周回してみようかと思います。
同行していただいたイバッチさん、遠いところから参加いただき、ありがとうございました。 そしてアテンドいただいたEYK師匠、忙しい中付き合っていただき、本当にありがとうございました。
また一緒に登りましょう。 次回は是非藪漕ぎで(笑)。

-----------------------------------------




--本日の山行データ--
場所 愛知県北設楽郡設楽町和市
距離 6.3km
最大標高差 492m
平均斜度 上り:18.6% 下り:19.2%
獲得標高 上り:576m 下り:556m
日時 2017年1月31日 10:01:18 ~ 2017年1月31日 15:55:30
所要時間 5時間54分12秒 (ランチタイム含む)
平均速度 1km/h

--本日の山行ルート--
10:05 和市登山口出発
10:54 岩古谷山
11:22 キレット
11:35 堤石峠
13:23 ナイフリッジ
13:31 平山明神山
14:29 下山開始
15:14 グミンダ峠
15:54 和市登山口着


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村


ランドナー ブログランキングへ







nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 2

RW

今年はもう梅がかなり満開の便りが聞こえ早い春かな・・と思いきや、山陰は物凄い強烈な寒波が来ていますね。登山は今の時期はなかなか厳しいので今は自転車で寒い時の健康ウォームアップを定期的にしてトレーニングしておくのがいいかもしれませんね。
(PS)グレッグレイク、ジョンウエットンと訃報が連続したのでエイジアの「ヒートオブザモーメント」を公開いたしました。あわせて先日、天王洲アイルで展示されている「デビッドボウイ大回顧展」を見に行った来ました。本当に素晴しかったので一般記事で2月16日に公開いたします。また久しぶりにこちらにも是非遊びに来られて下さい。
by RW (2017-02-12 12:59) 

ぼの

RWさま、
漸くちょっとづつではありますが、寒さも和らいできたかな?って感じですね。
とはいえ、2月後半にもう一度身震いするような寒さがもう一回来そうです。お互いに風邪などには気を付けましょう。

by ぼの (2017-02-19 00:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1