So-net無料ブログ作成

2016.11.05 地元のお山、屏風山大縦走! [山歩き]

地元東濃のお山…。 なんだかんだで結構あるのですが、意外にあまり登ってないことに今更ながら気づき、過去に登った地元近辺のお山を羅列してみました。
一番最初に登った山が、瑞浪の水晶山。これは釜戸町の竜吟の滝を順に登っていく山でした。
次に登った山、納古山。 低山ながら山頂の360度の展望に絶句した山でした。
三番目に登った山、恵那の笠置山。 藪山探検隊の師匠であるEYK氏との初登山。
その次は、可児の鳩吹山。初登頂にして初の断崖絶壁に挑戦。 その後の継鹿尾山縦走。
そして大名街道上にある夕立山、地元東濃に鎮座する百名山の恵那山。 そして各務原アルプス縦走などなど…
「なんだ、割と登ってるじゃん。 」
いやいや、本当の地元である土岐市のお山に登っていません。 ずっと見ていくと、土岐市の曽良山も三国山も2年目3年目に漸く登った山でした。 で、サイクリングでよく使うルート上に位置する屏風山は登山口の標識は至る所で目にするのですが、未だに登っていませんでした。
まぁ、近いということもあり、いつでも登れるという認識から、つい後回しになってしまうんですよね(苦笑)。

DSC_0447-1.JPG


そんなこんなで、EYK氏にその話をしてみると、「じゃ、行きましょう」と即答(笑)。 彼はその山をトレランで登っているのだとか。 じゃ、勝手知ったる山で面白くないんじゃ? なにもそんなに熟知している山にわざわざ付き合ってくれなくても…なんて思ってると、「とっておきのメニューを用意してある」・・・とのこと。

それは・・・、この屏風山は恵那の佐々良木(ささらぎ)というところから瑞浪の稲津(いなづ))地区まで屏風のように連なっているのですが、その山の端から端まで縦走しようというもの(爆)。
登山道としては、かなり良く整備され、幾つものメジャールートはあるのですが、殆どが瑞浪側からの登攀ルート。 恵那側からの正式な登山ルートは東側にある「寿老の滝ルート」くらいしかないらしいのです。 それを独自ルートで行ってしまおう、というのです。

ううぅ、やはり一筋縄ではいかなかった…(笑)。

-----------------------------------------


屏風山は、冒頭でも説明した通り、恵那市との境に位置する瑞浪市の最高峰で、標高794.1mの山。 そしてなんと一等三角点を有する山なのです。由来は屏風を立てたような連山になっていることから名付けられたそうです。
岐阜県中津川市・恵那市・瑞浪市の市街地は、盆地の形でほぼ西南西-東北東方向に並んでおり、 その南方には定高性のあるひと連なりの山塊が市街地と平行に並んでいます。この盆地と山地との高低差は屏風山断層の運動によるものであり、屏風山はこの山地を構成する山の一つだとのこと(Wikipediaより)。
整備された登山道は南西部に集中しており、恵那側の屏風山の端と思われる三郷町佐々良木近辺には見当たりません。 そこを今回は試してみようというのです。

屏風山.jpg


今回は車2台を使って下山口にまず一台をデポ。もう一台で登山口まで行き、下山後は車で登山口まで取りに行くといった形で進めます。

まず車二台で下山口となる笹平登山口に私の車を置き、EYK氏の車に乗り込み、恵那側の登山口(仮)に向かいます。 スタート地点は瑞浪市と恵那市の市境、県道66号線沿い。

DSC_0400.JPG


屏風山のどこから登り始めるのか?ということになるのですが、今回はこの市境から延びる尾根を登っていくことにしました。 市の境には必ず境界線を表す杭が打ち込まれているので、それを頼りに登っていこうという計画です。
車を市境の道路脇に置き、いよいよ登山開始。

DSC_0399.JPG

DSC_0401.JPG


山に入って市境の杭を頼りに尾根を登っていきます。 今回は尾根歩きなので、至って明瞭。 藪も殆どありません(笑)。 心なしかホッとする自分…(笑)。

DSC_0403.JPG


主稜線に至るまではこのような雑木林の中をひたすら歩く形で進んでいきますが、流石に市境ということで、市の職員や林業関連の方がたまに入り込んでいるのか踏み跡も残っていてわかりやかったですね。

DSC_0406.JPG


この日は久しぶりに暖かな日となったため、歩き出してすぐに汗まみれ。 しかも雑木林の中だけに風が通らない…(苦笑)。 早々とウェア調節。

DSC_0409-1.JPG


登山道は無くとも、尾根沿いに道は付けられているので、案外簡単に登っていけますね。

DSC_0411.JPG


暫く歩くと、ちょっとした急登があり、登り詰めるとそこには「佐々良木城址」の杭が。 この高台は、お城址だったんですね。
この「佐々良木城」、情報としては全くなく、そんな城がかつてあったということは聞かされていたのですが、まさかこんな山の中にあったとはっ。 しかも殆ど人が入り込まない場所に。 本当、この標記がなければ全く分からずです。

DSC_0415.JPG


まぁ、それほど重要な位置づけされた城ではないということか。 周りにもちょっとした堀の跡みたいなものは発見しましたが、石垣やその他の遺構は皆無でしたから。

この佐々良木城址近辺で小休止して、山歩きを続けていきましょう。 城址を越え、続く鬱蒼と立ち並ぶ雑木林を進んでいきます。

DSC_0416.JPG


徐々に標高を上げ、主稜線に出ると、今まで薄暗かった山の中も陽の光が入り、明るくなります。そしてかつてはちゃんとした道だったのでしょうか。しっかりと道筋が通っているのが確認できます。

DSC_0418.JPG


木々の隙間から時折見える下界の眺望。 ここからは御嶽がド~ンと見えていました。 今日は本当に天気がいい。

DSC_0420.JPG


主稜線に入ってからは立ち並ぶ木々が一定に整列しているような植林地帯になります。

DSC_0421.JPG


しかし見事なまでに整列している植林。いつもはウンザリするけど、この日は陽の光が絶妙に入ってきて美しかった…

DSC_0422.JPG


標高690mのピークを踏んだところで一時休憩をし、そこから一気に山頂まで登っていきます。 道標によるとあと800m。

DSC_0426.JPG


と、ここで廃屋を発見。かつては山の中で生活していた人がいたのでしょう。中を見ると生活をしていたであろう残骸が生々しく残っていました。 ここに住んでいた人は今は何処へ?

DSC_0428-1.JPG


メジャールートである "寿老の滝ルート" との分岐まで来ました。ここまで来れば山頂は目前です。

DSC_0425-1.JPG

DSC_0431.JPG


しかし、ここからが最後の難関。 標高794mの頂までを一気に登りきらないといけません(苦笑)。

DSC_0433.JPG


傾斜にしてどのくらいあるのでしょうか、ほぼ直登状態の登山道を一気に登っていきます。 これがかなりキツイ(爆)。 ふたり「ひぃ~ひぃ~」言いながら登っていましたっけ(笑)。
この "ラスボス" 的な直登を登りきると山頂です。 頑張って登りましょ。
いよいよ、前方が明るくなってきました。

DSC_0434.JPG


と、いきなり目の前が開けます。 辺り一面真っ青な空。 今日はこんなに晴天だったんやぁ~、と改めてビックリ。

DSC_0437.JPG


屏風山山頂(標高794.1m)に登頂です。

DSC_0442.JPG


早速" "一等三角点" にタッチ(笑)。

DSC_0439.JPG


暫く休憩した後、山頂ランチです(笑)。 今日はフランクフルトとベーコン焼きに少しばかりのお酒。 ゆっくりまったりと戴きました。

DSC_0443.JPG


そして食事の後の珈琲タイムも忘れずに(笑)。 このひとときがいい(笑)。 なんか最近、山頂での昼食タイムが一段と時間をとるようになってきてしまいましたね。 ま、これもひとつの楽しみで、辞められませんねぇ(笑)。

DSC_0446.JPG


珈琲を飲みながら、目の前の眺望を楽しみます。 本当に今日は雲一つない晴天。素晴らしい天気です。 あまりにも晴天過ぎて遠くがちょっと霞んでしまっているのが残念ですが、遠くは白山や名古屋の市街地まで見渡せます。

DSC_0447.JPG


ランチタイムを終えたら、下山の準備です。下山は笹平登山口へ。 このルートで北東から南西への縦走が描けることになります。

DSC_0450.JPG


下山ルートはよく整備された正規ルートになる為、サクサク進めます(笑)。 特にEYK師匠は、トレランコースでもあるため、本当に早い。 つい、何日か前もトレランしたそうです(尊敬の意)。

DSC_0451.JPG


途中、このルートには「黒の田湿地」という湿原があり、私の希望でこの湿原に立ち寄ることに。

DSC_0455.JPG


そこはこの時期、一面に黄金に輝く原っぱとなっていました。 思わず声が漏れます。

DSC_0457-1.JPG


見事に見渡す限り、金色の湿原! 更に西日に当たり、余計に黄金輝いて見えます。 これは素晴らしかった♪

DSC_0458.JPG


その中を真っ直ぐに伸びた木道。そこを渡っていきます。

DSC_0464.JPG

DSC_0467-1.JPG


気持ちのいい湿原を抜け、再び登山道へ。 笹平に向かいます。

DSC_0472.JPG


ここからもまっすぐに伸び、規則正しく崔烈している植林の中を歩いていくのですが、陽が西に傾き、その光が木々の間に差し込んで、また前半以上に幻想的な雰囲気を出してきています。 こうやって陽の光によって、歩くといつもは憂鬱になってしまう植林歩きが素晴らしいものになりますね。

DSC_0473-1.JPG


今回の植林歩き程、「をぉ~」と感動したことはありません。 この時ばかりは実に美しかった…。

DSC_0475.JPG


さて、恵那市境界から始めた屏風山縦走ももう終わりです。 下山予定地、笹平登山口に降りてきました。 終わってみれば、なんかささっと歩いてきた感があって、休憩含んで5時間弱で縦走で来ちゃいましたね。 もうちょっとアトラクション感があるのかなと思っていましたが、意外に藪漕ぎもほとんどなく、戻って来れました。

DSC_0477.JPG


ネットではこの大縦走したという情報はなく、我々が初なのかなと思っていたのですが、それなりに踏み跡もついていたので、ネットに流れていないだけで、意外に皆やっているのかも・・・(笑)。 しかしこれで、ネット上に初お目見えされたことになるのでしょうかね。
瑞浪と恵那の境界から取り付いてから度々見かけたその他の尾根道。その尾根道もいよいよ気になってきましたね(笑)。 機会があればそちらのほうも調べて歩いてみたいと思いました。

下山後は稲津の稲荷温泉という古いのですが情緒ある寂れた温泉(笑) で汗を流し(入浴料はなんと500円)、帰途につきました。

DSC_0479.JPG


追記; 山行後にEYKさんとお話ししたのですが、機会があれば、「主稜線(背骨)から取り付いて、ラストは山岡の道の駅「おばあちゃん市」(巨大水車のある道の駅)をゴールとし、完全縦走したい」という企画が(笑)。 なかなか手強そうですが、なんか面白そうですね。
興味ある勇敢な方、いらっしゃいましたらご一緒にいかがです?(笑)。

-----------------------------------------




--本日の山行データ--
場所 岐阜県瑞浪市釜戸町 ~ 恵那市山岡町田代
距離 8.2km
最大標高差 418m
平均斜度 上り:13.7% 下り:10.2%
獲得標高 上り:561m 下り:346m
日時 2016年11月5日 10:22:37 ~ 2016年11月5日 15:13:44
所要時間 4時間51分7秒
平均速度 1.6km/h

--本日の山行ルート--
10:22 スタート地点 瑞浪市恵那市の市境
11:24 佐々良木城址
12:24 690mのピーク
13:14 屏風山
ランチタイム
14:20 八百山
14:28 馬ノ背山
14:39 黒の田東湿地
14:59 笹神山
15:12 笹平ルート登山口


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ



にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ランドナー ブログランキングへ







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1