So-net無料ブログ作成

2016.04.19 岩村城址から三森山・水晶山周回ハイキング [山歩き]

私が参加している "岐阜の山々、低山" のグループ内で、平日休みのメンバーがたまたま同じ日に休みが獲れたので、まったりと春ハイクをしようということになり、私の提案で "地元東濃が誇る、究極のローカル線「明知鉄道」に乗って、まったりと東濃の春山ハイキング" をしてきました。 登る山は古い町並みと山城跡が素晴らしい岩村の「三森山(みつもりやま)」と「水晶山」。
来年の大河ドラマの舞台でもある岩村城址から水晶山、そして三森山と周回ハイクができるというブログを以前読んでいて、いつかは周回してみたいなと思っていて、たまたまどこへ行こうか模索していたところにこの提案を挙げたら、二つ返事で皆合意(笑)。 まったりと 明知鉄道に揺られて周回登山をしてきました。

DSC_0285.JPG


-----------------------------------------


当日JR恵那駅で待ち合わせ。 そこから明知鉄道に乗って岩村驛に向かいます。

DSC_0234.JPG


明知鉄道・明知線は、岐阜県恵那市の恵那駅から明智駅に至る区間を走る鉄道。わずか25kmあまりの区間で、2つの峠を越えるという急勾配と急曲線の連続する路線で、旧国鉄から私鉄へ転換後に当時の運輸省(現・国土交通省)の特認を受けて新設された飯沼駅と野志駅は、日本で第1位と第2位の急勾配駅(鋼索式鉄道を除く)として知られています。
基本は通学輸送を中心としたローカル輸送ですが、"寒天列車"、"きのこ列車"、"サイクルトレイン" 等のイベント列車も企画・運行されています。
有人窓口のある恵那駅・岩村駅・明智駅では、硬券のきっぷが発売されていて、岩村駅と明智駅では使用済乗車券(硬券)が1枚20円で販売されていたのですが、今回券を購入したら感熱紙の切符になっていました。 …残念(苦笑)。 いい記念になるのですが・・・ね。

さて、列車はゆっくりとまったりと東濃の里山の中を走ってゆきます。 今回このハイクに参加したお二人は(今回は私を含め、三人で登ります)、なんと岩村と明知鉄道は初体験。 電車内でもかなり楽しんでいただけているようで、企画した私もちょっと嬉しいです。
そうこうしているうちに目的の駅、岩村驛に到着。

DSC_0235.JPG


この駅から少し山手に歩くと、伝統の古い町並みに通じるのですが、駅から登山口のある岩村城址まで歩くとかなり時間を潰してしまうので、往きは岩村城址までタクシーを使います。
タクシーで約10分弱。 岩村城址に到着です。 水晶山、三森山への登山道はこの岩村城址の麓にあるのですが、先ずは岩村城址を軽く散策。

DSC_0236.JPG


岐阜県指定史跡にもなっている岩村城は岐阜県恵那市岩村町にある中世の日本の城(山城跡)で、江戸時代には岩村藩の藩庁でした。付近は霧が多く発生するため、別名・霧ヶ城とも呼ばれているそうです。本丸が諸藩の居城中最も高い海抜717mに位置していたため、日本三大山城の一つに数えられています。
また城主が女性であったこと(当時の城主、遠山景任が病死後、妻である "おつやの方" が城主となった)、その最期が悲哀であったことで有名になった城なのです。 岩村城直下の城下町にある岩村醸造のお酒の銘柄にも「女城主」と付けられています。

DSC_0238-1.JPG


さ、その岩村城址を散策してみましょう。 駐車場から右に見事な石垣が積まれています。その脇を石垣に沿って歩いていくと、本丸跡に通じます。

DSC_0243.JPG


石段を登ると本丸。 久しぶりに立ち寄りましたが、いい場所です。

DSC_0245.JPG

DSC_0245-1.JPG


四方に渡る眺望が素晴らしく、西方向に岩村の町並み、北東方向は北アルプスまでしっかりと観ることができます。

DSC_0246.JPG

北アルプス方面を望む 


この地が初めてのお二人、夢中で写真に収めていました。 何度も訪れている私もまた、素晴らしいと感じる場所。初めてなら尚更でしょう。

DSC_0247.JPG



さて、ここから離れるのは名残惜しいかもしれませんが、いよいよ周回ハイクと行きましょう。 ルートは岩村城址から水晶山を経て、三森山へ。 ぐるっと周回してまた水晶山から岩村城址に戻り、最後は岩村の城下町を散策しながら(勿論 "岩村醸造" へも立ち寄ります^^;)、岩村驛に戻るという順路。
私が良く拝見させていただいている山歩きのブログをベースにルートを計画させていただきました。 その方は、岩村ダムまでタクシーを使い、ダムから取り付いて周回していますが、私たちは城からという形での周回です。

route-map.jpg

参考にさせていただいたルートマップ 


岩村城直下に登山道はあります。 ここから取り付き、先ずは水晶山へ向かいます。

DSC_0248.JPG


登山道は、多少倒木等がありますが、比較的歩きやすく、ちゃんと道も整備されています。 所々笹などの葉で登山道が隠れてしまっているところもありますが、まずまず大丈夫ですね。

DSC_0249.JPG

DSC_0255.JPG

鬱蒼と木々が生い茂る樹林帯のなかを歩きます。 今日は天候も良く、暖かというよりむしろ暑いくらいの気候。 歩いていると直ぐに汗ばんできます。 ほぼ樹林帯の中をほぼずっと歩く形なのですが、それが幸いして日陰が心地いいですね。

水晶山に程なく到着。 標高958m。展望はありません。

DSC_0256-1.JPG

DSC_0256.JPG


ここから三森山へ向かいます。 三森山へは岩村城址から登ってくる場合は時計と逆方向に回る形になるのですが、そうすると三森山登頂後、一旦下ってからの登り返しがかなりキツイという情報を得ていたので、水晶山から右回りで一旦下り、岩村ダム側から再度登るルートで進むことにします。

DSC_0258.JPG


水晶山を過ぎると間もなく岩村ダム方面に降りる分岐があり、岩村ダム方面へと向かいます。 調べていた通り、この道がとんでもない急坂。 勾配がきつく、直滑降なんです(苦笑)。

DSC_0261.JPG


各人、滑らないよう注意しながら下降します。 本当一つ間違えば、滑り落ちてしまうほど。 これを復路で使うにはちょっと酷です(苦笑)。

DSC_0262.JPG


なんとか下まで降り切りました。 そこは林道になっていて、左へ行くと岩村ダム。右へ進むと三森山です。 指標通り、三森山方面へ。 これが後になって間違いであったことが発覚するのですが、今現在はそれが間違いであるということに誰も気付いていませんでした(苦笑)。

DSC_0265.JPG


林道を歩いていくと、再び指標。 "鈴ヶ根尾根" と表記されていました。そこから再び山に取り付く形になります。

DSC_0267.JPG


指標従いに山を登っていくと視界が開け、石仏が。 そこが三叉路になっているのですが、多分昔はこの場所が街道の分岐だったのでしょう。

DSC_0269-1.JPG

石仏好きには嬉しい発見ですね(笑) 


石仏から更に登っていくと・・・、

DSC_0271.JPG


ここが 「鈴ヶ根尾根」。 眺望が素晴らしい。 なんと本日初の見晴らしが良い眺望です(笑)。 ここで休憩しましょう。

DSC_0275.JPG


う~ん、気持ちがいいですねぇ。 そして絶好の天気。 暫くまったりと休憩し、再び三森山山頂を目指します。

DSC_0277.JPG


自分の中ではもう少し歩けば三森神社。 その奥に奥の院があるということになっているのですが・・・。
あれ? 歩けども歩けども、三森神社に到達しません。 それどころか、何度もピークを越え、そして登り返している・・・。 漸く気付いたころにはあとの祭り。 一番キツイルートを歩かされていました(笑)。

DSC_0280.JPG


これで何度目の登り返しでしょうか。 かなり登っては降りています(笑)。

DSC_0282.JPG


やはり地図を持参すればよかったですね。 皆さん、文句も言わずこのハードな登りに付き合っていただきました。ごめんなさいm(__)m。 多分これが最後の急登です。これを登りきったら山頂ですよ。

DSC_0283.JPG


あぁ、漸く三森山山頂(標高1,100m)に到着。 お疲れ様でした。

DSC_0284.JPG


こちらは眺望あり。 暫く立ち尽くし、眺望を楽しみます。

DSC_0284-1.JPG

DSC_0285.JPG


そして恒例の "三角点タッチ"。

DSC_0286.JPG


本当は三森神社でお昼にと思っていたのですが、そちらまで行く時間が勿体なく(またここへ戻ってこないといけなくなったので)、この山頂で戴くことにしました。

DSC_0287-2.JPG


今日のランチはチーズ焼餅、生ハム巻き(笑)。 いつもながらY氏には色々ランチはお世話になっています(笑)。 これがまた美味いんですよね。 ついでに今日は電車ということで、持参したお酒もちょっぴり飲んで、いい気分です。

DSC_0287-1.JPG


さ、まったりと山頂ランチを楽しんだあとは下山です。 結局復路は今来た道を戻り、鈴ヶ根尾根を降りずにそのまま真っ直ぐ行くだけ(笑)。 後から考えてみると、周回を小さいループで廻ったということなんですね(爆)。

DSC_0288.JPG


稜線伝いにグングン歩いていくと、往路で岩村ダム方面に下っていった分岐がすぐありました(笑)。 ピストンだと、こんなに早く縦走できるのですね(苦笑)。

DSC_0291.JPG


水晶山ピークを越え、岩村城址方面へ向かいます。

DSC_0292.JPG


復路はあっという間に下山してきてしまいました。 なんか呆気なかったという感もありますが、それはそれでいいじゃないですか(苦笑)。

DSC_0295.JPG


再び岩村城址をぐるっと回り、帰りは正規の参道を歩いて城下町に向かいます。

DSC_0297.JPG

DSC_0300.JPG


しかし、本当に素晴らしい石段と石垣ですね。 何度観ても惚れ惚れします。

DSC_0303.JPG

DSC_0304.JPG


大手門を抜け、城山の石段を降りていくと切通の素晴らしい景色を見ることができます。これは城址から帰ってきたときに初めて目の当たりにする景色なんじゃないかと思います。 眼下に広がる岩村の町並み…。素晴らしいです。

DSC_0306.JPG


その後、太鼓櫓を越え(桜が綺麗でした)、岩村の町並みへ入っていきます。

DSC_0311.JPG

桜の木に覆われた太鼓櫓 


DSC_0314.JPG

岩村の町並み 


ここからは岩村の古い町並みを散策です。

DSC_0315.JPG


早速女城主で有名な岩村酒造へお邪魔しましょう。 酒蔵を見学し、試飲させていただきました。 やはり女城主は美味いですねぇ。 帰りがけに、それぞれお土産でお酒を購入。

DSC_0317.JPG

DSC_0320.JPG


さ、駅へと向かいましょう。

DSC_0325.JPG

古い道標


岩村驛に無事戻ってきました。 お疲れ様でした。 今回 "まったりと" 山歩きをするはずが、意外にアップダウンが激しく、かなりハードな山行になってしまいました(笑)。ルートを読み違えてしまい、一番ハードなルートを廻ってきたんじゃないかと思います。同行の皆さま、本当に申し訳ないです。 でも中々手強い山でしたが、楽しかったですね。

最後は多治見で一旦電車を降り、私の知人の店、"そったくどうじ" で、お疲れさん&大反省会(笑)。
一日しっかりと楽しく過ごしました。

DSC_0701.JPG


-----------------------------------------


 


--本日の山行記録--
場所 岐阜県恵那市岩村町
距離 11.1km
最大標高差 552m
平均斜度 上り:14.4% 下り:14.3%
獲得標高 上り:693m 下り:827m
日時 2016年4月19日 10:14:47 ~ 2016年4月19日 15:49:33
所要時間 5時間34分46秒
平均速度 1.9km/h

--本日の山行ルート--
10:19 岩村城跡スタート
11:10 水晶山
12:55 三森山
14:36 水晶山
15:17 岩村城跡
15:49 岩村の古い町並み ゴール


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

街並み巡り ブログランキングへ



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 2

ハラムネ

初めまして。
いつも楽しく拝読させていただいております。

来年の大河ドラマの件ですが
岩村の女城主の話ではないようですよ。
by ハラムネ (2016-05-08 13:26) 

ぼの

ハラムネさま、
はじめまして。お立ち寄りいただいて恐縮しています。
ありがとうございます。

女城主の件、ありがとうございます。早速調べてみましたら、
遠江の井伊直虎の物語なのですね。
間違えてましたね。 早速その部分の変更をいたします。
ご指摘ありがとうございました。
また遊びに来てくださいませ。
by ぼの (2016-05-09 00:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1