So-net無料ブログ作成
検索選択

2016.02.03 東濃歴史街道、自転車散歩 (下街道と恵土街道) [自転車散歩]

久しぶりの自転車散歩です。 先月は元旦、5日に乗ったきりなので、約一か月ぶり。 しかも50kmほど走ったのは今年になって初(苦笑)。 別に走った距離やタイムを自慢するわけではないのですが、ここ最近はご近所をウロウロといった感じでしたので、本当に久しぶりの自転車散歩になります。

今回選んだルートは、やはり久しぶりの東濃歴史街道である、お馴染みの "下街道"。 私にとっての 「癒し」の街道です。 当ブログでも何度も走り、記事にさせていただいているルートなのですが、性懲りもなく今回もぐるっと周ってきました。

DSC_0796.JPG




-----------------------------------------


下街道(したかいどう)は、江戸時代に中山道と名古屋城下を結んだ脇往還で、善光寺道、釜戸筋、内津道、名古屋道、伊勢道とも呼ばれています。 中山道の大井宿と大湫宿の間にある槙ヶ根追分から、名古屋城下の伝馬町札の辻まで、土岐川(庄内川)の沿岸を通る全長15里の街道で、現在の国道19号に相当します。
江戸時代の名古屋までの交通は中山道伏見宿から上街道経由で小牧宿を通って名古屋に至るというのが本筋だそうで、この下街道は公人や荷物はこの街道を通ることが禁じられていたということなのですが、中山道や上街道のように奥深い山の中を歩くことなく、川沿いの平坦な道を歩けるということで、禁止されているにもかかわらず、多くの荷物が下街道を通行していたようです。
公人ではない一般の旅行者には規制はなく、名古屋方面からの御嶽参りや善光寺参り、木曽方面からの伊勢参りなどの利用者が多かったため、善光寺道、伊勢道とも呼ばれていました。(Wikipediaより)

この下街道、地元土岐市から瑞浪市釜戸、恵那市武並の区間は本当に景観が素晴らしく、特に瑞浪市釜戸から武並の区間の里山景観、そして集落は情緒溢れ、古い町並みや里山景観がお好きな方ならため息が出てしまう空間だと思います。 また歴史遺構や古い寺社仏閣も多数残っていて見どころ満載の街道となっています。

私もこの街道が大好きで、もう何度足を運んだことか・・・。 もう何度訪れても飽きることがない街道です。
さて、今回の下街道自転車散歩は、幾度となく訪れているルートの中から、以前このブログにもちょくちょく顔を出していただいているEYK氏と初めてのサイクリングをしたルートをベースに走ってまいりました。

さらに今回はかなり多くの写真を撮ってきましたので、写真を中心に、載せていこうと思います。

DSC_0784.JPG

地元土岐市をスタート。 古い蔵がある路地…好きな場所です。 


DSC_0786.JPG

瑞浪の "田中薬師如来" 


DSC_0787.JPG

天気は良好。気持ちいい街道です。 


DSC_0791.JPG

耳ノ木神社 (旧下街道一日市場付近) 


DSC_0792.JPG

土岐氏一日市場館址 (明智光秀所縁の地) 


DSC_0793.JPG

DSC_0794.JPG

土岐氏一日市場館跡のある八幡神社 


DSC_0795.JPG

長閑な下街道沿いの町並み 


DSC_0797.JPG

下街道の癒される塀で一息つきましょう 


DSC_0802.JPG

街道筋から遠くはアルプスの山々を観ることができます。 


DSC_0799.JPG

清水弘法堂 


DSC_0800.JPG

清水弘法堂の石仏群 


DSC_0804.JPG

常夜燈とランドナー 


DSC_0811.JPG

桜堂薬師前の善光寺街道道標


DSC_0808.JPG

桜堂薬師仁王門にて 


DSC_0814.JPG

桜堂薬師境内 


DSC_0821.JPG

下街道下沢地区の田園景観


DSC_0823.JPG

下街道名滝地区の古い町並み 


DSC_0826.JPG

名滝稲荷神社 


DSC_0831.JPG

名滝の馬頭観音


DSC_0837.JPG

下街道・中街道追分の道標 


DSC_0836.JPG

左・伊勢道(下街道、名古屋へ) 右・中街道(中山道、御嶽宿へ) 


DSC_0838.JPG

釜戸地区、新白狐温泉付近の長閑な田園景観 


DSC_0841.JPG

岩村道道標。ここから岩村の宿場町へ。 


DSC_0844.JPG

釜戸の町へ入る直前の不動橋 


DSC_0845.JPG

釜戸の町並み 


DSC_0847.JPG

釜戸駅前 


DSC_0850.JPG

土岐川に架かる名もなき石橋 


DSC_0854.JPG

武並近辺の古い民家。ここのおばあちゃんがよく縁側で沢庵干してます。


DSC_0855.JPG

以前は造り酒屋だった家屋 


DSC_0858.JPG

武並の古い町並み 


DSC_0859.JPG

下街道を離れ、蕎麦の里 三郷町へ 


DSC_0860.JPG

道の駅 らっせいみさと で休憩 


DSC_0861.JPG

名物 揚げ餅 を戴きました


DSC_0864.JPG

らっせいみさとから望む山々。御嶽の煙だけ見えますね 


DSC_0865.JPG

棚田で有名な佐々良木の佐々良木川 


DSC_0866.JPG

川のせせらぎが心地よい… 


DSC_0871.JPG

せせらぎの音を楽しみながら、ここでお昼ご飯 


DSC_0868.JPG

佐々良木の東棚田を望む 


DSC_0869.JPG

川の流れを堪能しながら戴く珈琲は最高です♪ 


DSC_0872.JPG

常久禅寺 


DSC_0874.JPG

常久禅寺境内 


DSC_0875.JPG

境内の地蔵様 


DSC_0873.JPG

境内から佐々良木棚田を望む 


DSC_0879.JPG

県道65号 別名 "恵土街道" を走ります。


DSC_0880.JPG

気持ちのいい山間の道をすり抜け… 


DSC_0881.JPG

街道沿いにある 論栃観音堂 


DSC_0882.JPG

馬頭観音 


DSC_0887.JPG

左右と前方の山に挟まれ・・・ 


DSC_0889.JPG

山間を縫うように走る恵土街道は釜戸で下街道と合流 


DSC_0890.JPG

瑞浪の名酒 始祿・小左衛門 で有名な酒蔵、中島醸造


DSC_0891.JPG

瑞浪駅近辺の古い路地 


今回久しぶりに下街道と恵土街道を走ってみましたが、やはりこの街道は素晴らしい。 冬真っただ中で、緑も少ないのに、それでも素晴らしい表情をしています。空も澄んでいて気持ちが良かった!
今回は遺構の写真を多く撮ったのですが、次回は新緑の時期に、里山景観を今一度観に来ようかと思っています。

因みに過去の下街道自転車散歩の記事はこちらからご覧ください。

善光寺街道ポタ 下街道から "そばの郷"へ 2013年3月7日⇒
下街道と岩村道ツーリング 2014年4月24日⇒
新緑の里山、三郷・佐々良木の棚田を再訪 2015年5月3日⇒

-----------------------------------------




--本日の走行データ--
場所 岐阜県土岐市泉町~岐阜県恵那市三郷町佐々良木
距離 50.8km
最大標高差 269m
平均斜度 上り:3% 下り:3.2%
獲得標高 上り:571m 下り:572m
日時 2016年2月3日 10:23:41 ~ 2016年2月3日 15:57:18
所要時間 5時間33分37秒
平均速度 9.1km/h

--本日の走行ルート--
土岐市泉町~瑞浪市一日市場
一日市場~桜堂薬師
桜堂薬師~釜戸
釜戸~恵那市武並
武並~三郷(道の駅・らっせいみさと)
三郷~佐々良木
佐々良木~釜戸
釜戸~瑞浪駅前
瑞浪駅前~土岐市駅前

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


ランドナー ブログランキングへ

サイクリング ブログランキングへ

自転車 ブログランキングへ

街並み巡り ブログランキングへ


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 6

亀次郎

ぼのさん
おはようございます。

風情の良い街道ですね。
冬枯れの景色がしみじみとしてきます。
こちらの地元では、なかなか味わえない風景、じっくりと堪能させて頂きました。
by 亀次郎 (2016-02-09 06:39) 

tsun

ともすれば見過ごしてしまいそうな景色ですが、こうして拝見するとななかなか味わい深い景色なかりなんですよね。
by tsun (2016-02-09 15:33) 

ぼの

亀次郎さま、
こんばんわ。

この街道、もう幾度となく走っているのですが、何度走っても飽きさせないところがいいですよ。
今回もかなり写真撮りましたが、またまた新たな発見もありましたし。
by ぼの (2016-02-10 00:43) 

ぼの

tsunさま、

これだけ絵になる街道も珍しいと思いますし、自転車じゃなければこんなにたくさんの写真撮れませんね(笑)。
これだから自転車散歩は辞められないんです(笑)。
by ぼの (2016-02-10 00:45) 

RW

癒されるものは何度体験しても癒されます。いい道を何度も満喫しましょう!
グレン・フライの訃報に接し「イーグルス」の歴史記事をスタートさせました~。まずは黎明編より公開
こちらも何度聴いても癒されます。


by RW (2016-02-11 22:21) 

ぼの

RWさま、
ありがとうございます。
本当にこの街道は飽きません。
また初夏の頃をお伝えできればなと思っています。

を、イーグルスですか(*^^)v
楽しみですね。お邪魔させていただきます。
by ぼの (2016-02-16 00:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1