So-net無料ブログ作成

2015.10.21 日本百名山、霊峰 "伊吹山" に初登頂! (前編:登山口から5合目) [山歩き]

10月に入ってかなりバタバタした日々が続いていました。中々休みもとれず、漸く休みがとれた! と思いきや雨…なんてことも(苦笑)。 おかげさまで今月まだ一回もお山に行けず、自転車にも乗れず…くすぶっておりました。で、先日21と22日になんとか連休を貰い、待望の山歩きと相成りました(*^^)v。

で、登ってきたのが 日本百名山のひとつでもある "伊吹山"。 実は伊吹山、今まで全く行ったことがありませんでした。 山頂までドライブウェイが通じていて簡単に行ける山なのに、ドライブウェイですら走っていませんでした。
山登りを始めてからも、多分手軽に麓までは行けるはずなのに行ってなかったですねぇ。 それは多分、意外に近いということ(そんなに近くはないのですが...)、それからドライブウェイで簡単に山頂まで行けてしまうということで、勝手に簡単に登れてしまうんじゃないかと思っていたのではないかと・・・
心の中で "大したことない山" 的な思いがあったのではないかと思われます(登山愛好家の方や伊吹山好きな方々にはとても失礼な事だとは思いますが…)。
しかし! それが大きな間違いだったと行ってみて初めて実感…いや痛感することになるのです。

DSC_0664.JPG





-----------------------------------------


当日朝、5時起床。6時9分の土岐市発名古屋行に乗り込みます。本当は車で行った方が早いのですが、なんせ前日まで休みなしの激務。帰りの運転が怖かったので、寝て帰れる公共交通機関にした方がいいだろうと判断し、電車で向かいました。
名古屋から大垣、そして近江長岡駅までの電車の旅です。

DSC_0622-1.JPG


近江長岡で下車した後は、湖国バスで伊吹山登山口までバスに揺られます。 意外に時間がかかるんですね(苦笑)。でも寝ていけるので楽チン楽チン(笑)。バスには関西弁の女性グループ3人、あと初老の男性が二人、そして私の6人。いずれも伊吹山登山目的と一目でわかる格好です(笑)。ま、そもそもこのバスの行き先から見て全員山登りですよね(笑)。

バスに揺られること15分。登山口に到着です。 さ、いよいよ伊吹山登頂に向け、登山開始。

DSC_0626.JPG


伊吹山("いぶきやま"、又は "いぶきさん" とも言います)は、滋賀県米原市、岐阜県揖斐郡揖斐川町、不破郡関ケ原町にまたがる伊吹山地の主峰(最高峰)標高1,377 mの山。一等三角点が置かれている山頂部は滋賀県米原市に属していて、滋賀県最高峰の山といわれています。山域は琵琶湖国定公園に指定。
古くから霊峰とされ、日本書紀においてはヤマトタケルが東征の帰途に伊吹山の神を倒そうとして返り討ちにあったとする神話が残されています。日本書紀では「五十葺山」あるいは「膽吹山」などのように記され、古事記では「伊服阜能山」と記述されているとのこと。かつて修験道においては「大乗峰」と呼ばれていました。日本百名山、新・花の百名山、一等三角点百名山、関西百名山、近畿百名山、ぎふ百山の一つに選定されている名峰です。(Wikipediaより)・・・そうなんです。この山は名峰なんです。元々はこの辺りはかなりの豪雪地帯だったそうで、関西屈指のスキー場だったそうですが、今では積雪も少なくなり、スキーの伊吹山ではなく、登山の山、またシーズン中は花のメッカということで花の名山としてのほうが有名になっていますね。

DSC_0628.JPG

まずは登山口で記念に恒例の自撮り(笑)。 その間にも何人かの登山者が登り始めていきます。さ、自分も行かなきゃ! では行ってきま~す(*^^)v。

DSC_0629.JPG


登り始めていきなりの急登。木々に覆われた登山道は意外に急な勾配で登っていきます。この勾配、雰囲気が御在所岳の中道ルートにどこか似ています。

DSC_0630.JPG


そういえば、登る前に滋賀の自転車友達に、「登山口から1合目、2合目くらいまでが意外に辛い」と言われてました(苦笑)。おまけにゴツゴツした岩が登山道に転がっていて、中々歩き難いです。岩や石に足をとられないよう、慎重に歩きます。前方にバスで一緒だった関西の女の子3人組が「いきなりもうしんどいやん」「こんなの登れぇへんし」などと言いながら登っています(笑)。あの3人大丈夫か?(笑)。その3人組を「お先に」と声掛けして先に進みます。

DSC_0631.JPG

登山口からすぐのところに祀られている "ひろきち地蔵"


林を抜けると一気に視界が広がり、そこが1合目(標高420m)。右脇に山荘 "伊吹高原荘" があり、休憩スペースになっています。少々休憩を。一息ついていると、先ほどの3人も到着のようです。もうグダグダのようですね(笑)。

DSC_0633.JPG


右前方を見ると、だだっ広い草原になっています。かつてのスキー場。いまではグライダー場のようですね。今日は飛んでいないようです。

DSC_0636.JPG


さ、一息いれたし、登りますか。登りながら後方を振り返ってみると、ここからでもかなり景色がいいです。こりゃ、山頂はかなり素晴らしい景観が望めそうですぞ(^^♪

DSC_0639.JPG


しかし、その後に良からぬ思いが…。いつも山頂へ辿り着くと、周りはガスで覆われ・・・・・・ええぃ!そんなこと考えるもんじゃありません(笑)。そう思ってしまうと、そうなっちゃうものです。そんな余計なことは考えず、登っていきましょう。

登山道は2合目に向かい広い草原の横を登っていきます。やはり自転車友達が言っていたように意外にこの登りがきついです。なだらかなようで、実は結構上ってる…。頑張りすぎないよう、気楽な気持ちで登っていきましょ。
ここからは、木々に覆われることは殆どなく、広大に広がる山の大地を見回しながら登るかたちになります。そして常に前方に山頂が見えるのです。

DSC_0640.JPG


シーズンには、 "花の名山" と言われるくらいですから、この辺りも多くの花々に囲まれるのでしょう。秋口になり花のシーズンも終わっているのにも関わらず、まだまだ多くの花々が咲いていて、目を和ませてくれます。

DSC_0642.JPG

これは竜脳菊でしょうか


花の名前は殆ど知らないので、こういう所へ来ると美しいと思っても、何の花なのか判らないのがもどかしいですね(苦笑)。前を歩いている男性の方は路肩に咲く花を順に写真に収めながら歩いています。もしブログなどを作っていたら、是非とも参考にさせていただきたいです。

さ、漸く3合目です。この辺りになると勾配もちょっとゆるくなって、歩きやすくなってきています。
ここでトイレ休憩。この先はもう公衆トイレは山頂までなくなります。
トイレから出て、前方を見ると伊吹山山頂が綺麗に見えます。 うん、いい感じです。山に来てるって感じですね(笑)。

DSC_0643.JPG


この辺りからちょっとづつ紅葉が確認できるようになってきていますが、今日は結構暖かい…というより暑いくらい(笑)。 10月下旬に差し掛かろうとしているのにこの暑さです。ザックにソフトシェルを収れ、更にウィンドブレーカーを持参してきているのですが、今日は必要ないかな?

DSC_0644.JPG


3合目で一息入れ、再出発です。この後、4合目付近で少し木々に覆われた個所を登り、5合目(標高880m)まで行きます。

DSC_0646.JPG


5合目は3合目同様、テーブルとベンチが設置され、なんと売店と自販機がありました。ここでちょっと小腹が空いたので、行動食のおにぎりを一個口にします。おにぎりって外で食べると格別に美味いですよね(笑)。

DSC_0646-1.JPG


5合目ベンチでおにぎりを頬張りながら休憩していると、山頂から一人登山者のお兄さんが降りてきました。挨拶を交わし、山頂のことを聞いてみると…
「8時(午前)に登頂したけど、もうガスで霞んでした」そうです…。しまった! エライことを聞いてしもた…(涙)。う~、またガスガス攻撃かよ(泣)。山頂の上空はあんなに青いのに…。
ま、ガスで霞んでも楽しみ方はある! といい聞かせて臨んでいきましょう(笑)。

DSC_0647.JPG


暫しその爽やかなお兄さんと談笑し別れます。そろそろ向かいますか。
別れ際「6合目から登りがきつくなって、最後岩場も少々あるので、気を付けて」とのこと。
いよいよです! ここからが伊吹の真骨頂。気を引き締めて登っていきましょう。

DSC_0648.JPG


山登りを開始してちょうど半分。この広大な大地をじっくりと楽しみながら頑張っていきましょう。

というところで、今回はこの5合目まで。次回へ続きます。
次回は6合目から山頂の模様、そして怒涛の下山をお伝えいたします。乞うご期待!

<<後編へ続く>>

-----------------------------------------


--伊吹山山行ルート--


--山行データ(前編)--
09:00 伊吹山上野登山口スタート
09:30 伊吹山一合目・伊吹高原荘 (休憩)
09:45 伊吹山二合目
10:15 伊吹山三合目 (トイレ休憩)
10:30 伊吹山四合目
10:40 伊吹山五合目 (休憩)
         ~以下後編へ

--関連サイトLink--
2015年 伊吹山登山道マップ
伊吹山ドライブウェイ

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


登山・キャンプ ブログランキングへ

登山 ブログランキングへ

ハイキング ブログランキングへ

アウトドア ブログランキングへ









タグ:伊吹山
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 4