So-net無料ブログ作成

2014.09.19 蘭丸のふる里と蘇水峡 [自転車散歩]

すっかり朝晩は冷え込んできて、もう秋の気配がそこまで来てますね。
でも、まだまだ日中は暑い・・・。 この寒暖の差が体調崩す原因なんですよね。
しかも、夏頑張りぬいた疲れがどっと出てくる時期。 私も少々バテ気味です。
皆様、十分体調にはお気を付けくださいませ。

というところで、ここから自転車散歩のお話を。
先日19日に久しぶりに木曽川の上流、森蘭丸のふる里、兼山と八百津までサイクリングしてきました。 兼山は3回目、八百津は2回目の散策です。 八百津では前回行くことのできなかった "蘇水峡" まで足を延ばしてみることにしました。

IMGP0616.JPG
----------------------------------------------------------------------------------

先日、某自転車関連のSNSで、歴史好きのフレンドさんが10月に開催される兼山のお祭りに参加されるとのお話を聞き、妙に兼山、八百津が頭から離れず、「それなら」ということで、このお休みを使って行ってみることにしました。
久しぶりの兼山、八百津です。 以前訪れたときは、八百津の「旧八百津発電所」の建物に圧倒されましたっけ(笑)。 以前の記事は "コチラ”からどうぞ♪

夕方所用があるので午後4時までに帰ってこなければいけない為、ちょっと早めに自宅を出発(と言っても10時前ですが・・・^^;)。 久々の可児方面です。 お馴染みの土岐川沿いの細い道を走り、虎渓山から小名田、久々利経由で可児市街地へと向かいます。
この道も下街道と同様、里山景観が素晴らしく、大好きな街道なんです。
久々利地区の一面に広がる田園風景も秋の気配ですね。黄金色になってきました。

IMGP0588.JPG
IMGP0590.JPG
[右斜め上] 久々利地区の田園景観

この辺りも私が好きなスポット。 記念に一枚(笑)。

IMGP0589.JPG
[右斜め上] ちょこっと位置が遠かったかな(笑)。

久々利から旧街道を走り(この旧道も好きなルート)、可児市街地へ。 この旧街道の記事は”コチラ”をご覧ください。
可児市街地から御嶽方面へ向かい、木曽川沿いに兼山へと走ります。

IMGP0592.JPG
[右斜め上] 蘭丸のふる里、兼山にトウチャコです(笑)。

織田信長の家臣の森可成(もりよしなり)の居城であった美濃金山城の城下町として知られるここ、兼山町は木曽川沿いに佇む小さな町。 今もその面影は色濃く残っています。 兼山の古い町並みを暫し散策します。

IMGP0594.JPG
[右斜め上] 貴船神社

IMGP0596.JPG
[右斜め上] 兼山の古い町並み

そういえば前回訪れた時、「兼山湊跡」は行っていませんでした。 今回は兼山湊跡を見に行きます。
兼山湊跡(川港)は兼山のメインストリートjから木曽川へ降りて行ったところにひっそりとありました。ちょっと解りにくいところにありますので、散策される方は行き過ぎないように注意してくださいね。

IMGP0598.JPG
[右斜め上] 兼山湊跡

IMGP0599.JPG
[右斜め上] 兼山湊から木曽川を望む

兼山湊跡は県指定の史跡。 かつて湊には多くの川舟が往来し、室町時代には木曽川上流の始発湊であり、木曽川上流域の唯一の商用港であったそうです。
しかし、港から望む木曽川の緑の濃いこと! 暫く見惚れていました。

さて、兼山を後にし(山頂の金山城は今回もパス--笑。 あの急勾配の坂を目の当たりにすると・・・-苦笑)、八百津へ向かいます。
八百津も木曽川に沿って佇む古い町で、昔は、町を流れる木曽川に木材を流してして、それを集積する港が多かったそうで、港(津)が多い(八百)ことからこの町名が付けられたとか。

IMGP0601.JPG
[右斜め上] 八百津名所のひとつ、「八百津橋」

IMGP0604.JPG
[右斜め上] 八百津橋で記念に一枚。

IMGP0605.JPG
[右斜め上] 橋から望む木曽川

八百津の町並みも非常に古く、静かで癒されるところです。町並みの中の何軒か古くから営まれている酒蔵があり、その佇まいがいい味を出しています。

IMGP0608.JPG
IMGP0609.JPG

IMGP0610.JPG
IMGP0612.JPG
[右斜め上] 情緒あふれる町並みの酒蔵

このままずっと町の雰囲気を味わいたいところですが、今回はその先の "蘇水峡" が目的地。 先を急ぎます。
八百津の古い町並みから、山手のほうに走り、再び木曽川を渡ると、一気に道が狭くなり山の中に入っていきます。

IMGP0615.JPG
[右斜め上] 再び木曽川を渡ります。 川岸にはかつての吊り橋の面影が・・・

暫く登っていくと、見えてきました。「蘇水峡」の案内板の向こうに、「蘇水峡橋」の文字。

IMGP0616.JPG
[右斜め上] 蘇水峡橋

蘇水峡は、飛?木曾川国定公園にあり、範囲は丸山ダムから下流約2kmの間。木曾川が美濃三河高原を深く浸食して流れるところで,両岸の崖は比高300~500mあります。両岸にはアベマキなどの落葉樹やアオキなどの常緑樹が茂り、切り立った岩壁には天狗岩、烏帽子(えぼし)岩などの奇岩が連なる渓谷です。
その蘇水峡橋を渡ってみました。道幅が狭く、橋の欄干が低いので、橋から下を覗くと、す~っと吸い込まれるような感じで、ちょっと怖いですが、橋からの眺めは絶景です。 そしてここでも、木曽川のなんという藍!
「素晴らしい!」 のひとことです。

IMGP0617.JPG
[右斜め上] 橋の中央で自転車を停めてみる・・・欄干が低い(笑)

IMGP0618.JPG
[右斜め上] 雄大な木曽川の素晴らしい眺め

IMGP0619.JPG
[右斜め上] 反対側には、以前訪れた旧八百津発電所が見えます

ここで、実は蘇水峡の本来の位置がもう少し山手に行ったところであることが判明。 しかし、橋を渡ると古く長いトンネルが行く手を阻んでいます(苦笑)。
大のトンネル嫌いな私…。しかも蘇水峡橋で既に相当ビビってる…(笑)。
行こうか行かまいか、暫し悩んだ結果、帰りもここを通らないといけないということで、ビビりな私はここで断念(笑)。
また機会があったらその先まで行ってみることにして、今回は引き返すことにしました(笑)。

IMGP0621.JPG
[右斜め上] 旧跡 錦織網場跡

帰りは木曽川の対岸を川辺町方面に向かい、再度木曽川を渡り、兼山の入口、そして可児からJR太多線沿いに多治見まで走り、多治見からいつもの虎渓山経由で帰ってまいりました。
今回の走行距離は約68km。木曽川の碧い色、山の緑、そしてその脇にひっそりと佇む町並みを十分に堪能した自転車散歩でした。
今度は、蘇水峡橋のもっと先を目指して走ってみようと思います。・・・が、その前にトンネル嫌いを治さないと・・・(爆)。

IMGP0623.JPG



本日の走行データ
距離 68.2km
最大標高差 206m
平均斜度 上り:3.1% 下り:3%
獲得標高 上り:559m 下り:549m

本日の走行ルート
土岐市駅前~虎渓山
虎渓山~小名田
小名田~久々利
久々利~上恵土
上恵土~兼山

兼山湊跡散策

兼山~八百津

八百津橋・蘇水峡橋

八百津~兼山
兼山~上恵土
上恵土~広見
広見~根本
根本~虎渓山
虎渓山~土岐市駅前

<<関連記事>>
木曽川ポタ 兼山~八百津、旧八百津発電所探訪 
日本昭和村と蘭丸の里 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村


ランドナー ブログランキングへ

サイクリング ブログランキングへ

nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 8

tsun

丸山ダムのダムカード持ってます。
そのトンネル通ったと思いますが、全然記憶にないです。
by tsun (2014-09-26 10:29) 

ぼの

tsunさま、
ダムカード、知人も結構持っていました。
中には収集している方もいらっしゃいますよね。
私は持っていませんが、やはり訪れた際は
貰うと記念になりますね。

トンネルは、やはり好きになれず、できるなら回避したいです(苦笑)
by ぼの (2014-09-27 00:57) 

亀次郎

ぼのさん、おはようございます。
土蔵があって、田園風景が広がる道がお近くにあり、羨ましいです。
トンネルは嫌ですが、軽くて明るいフロントライトを最近付けました。これ、いいですよ。お勧めです。詳しくは我がブログをご覧下さい。
ところで、jassがお好きとの事、最近、懐かしいキースジャレットのケルンをYouTubeで
聴いています。今、本人監修の採譜した楽譜が出ていて、色んな人がアップしています。
あれは、jassではないという人がいますが、あれはあれで、なかなか良いですよ。ちなみに好きなのは、2-Cです。
by 亀次郎 (2014-09-27 05:01) 

jam

トンネルは怖いですよね~
神奈川には小坪トンネルっている宜保 愛子さんで有名な…
あ、その怖いじゃないですか(笑

狭い路肩を走らなくてはイケナイ場合はテールランプも欲しいですね。
たまにしか使わないならダイソーのモノでも充分だと思います。
(と、言うか全然使えちゃいます)
確かブラケットを外せばサドルバッグなどにも挿せるタイプのモノも有ったと思います。
by jam (2014-09-27 10:18) 

ぱぺっと

酒蔵もあって、八百津いいですね。
八百津というと、杉原千畝さんの記念館に行ったことを思い出しましたが、木曽川の景色は本当に素敵です♪
それにしても、ようこそ蘭丸のふる里への写真の中に写り込んでる草むらに佇ずむ蘭丸さん?ちょっと怖いかも(^_^;)
トンネルもわたしも非常に苦手ですが、もし走るならお連れの方がいればなんとかいけるかもしれませんね。ひとりはやっぱり怖いですよ。なにかに追いかけられそうで。



by ぱぺっと (2014-09-28 18:08) 

ぼの

亀次郎さま、
こんばんわ。 レス遅れてしまいました。スミマセン。
トンネル、以前地元のトンネルでちょっと怖い思いをして以来
苦手です・・・^^;
明るいライトとテールにすれば多少は大丈夫なのかなとは思いますが…
一度亀次郎さまのブログを拝見させていただきますね。

ところでJAZZですが、私もピアノトリオが結構好きで、
ジャレットは勿論、ビル・エバンス、ハンク・ジョーンズ、
チック・コリアやバド・パウエルなど殆ど聴きました。
最近はJ-JAZZも興味あって、ここ数年で出てきている女性ピアニスト、
上原ひろみ、山中千尋をはじめ、桑原あい などよく聴いてますよ。
そちらのほうでも情報交換などしたいですね。
by ぼの (2014-09-30 00:01) 

ぼの

jamさま、
以前サドルバッグに差し込めるテールランプ買ったのですが、
なんと走っているうちにどこかで落としてしまっていて(しかも初回で)、
それ以来、固定式のを使ってます。

しかしトンネル、jamさんの言う怖さもありますよ(笑)。
特に愛知県の有名な旧伊勢神トンネルはそういったスポットですし(笑)。
by ぼの (2014-09-30 00:05) 

ぼの

ぱぺっとさま、
ありがとうございます。
この辺りの木曽川が初めて見た時に衝撃を受け、
そこから魅了され続けてるんですよね。
なんともいえない景観です。

トンネルのあの狭さと暗さはいかんです(笑)。
by ぼの (2014-09-30 00:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1