So-net無料ブログ作成
検索選択

2014.08.07 / 09.02 下街道の里山景観散策 [自転車散歩]

久しぶりの自転車散歩です。
早いものでもう9月ですよ、9月。 全く時が経つのは早いです。
先月8月は例年以上のタイトな毎日で、結局7日の日一日だけしか走れず、今回はその8月7日以来のポタリングとなりました。 そして、なんとこの二日は走ったコースがほとんど同じ(笑)。 若干ルートの違いはありますが・・・。
散策に向かったのは東濃の里山景観が美しい "下街道" 沿い。 瑞浪から恵那の区間の里山です。
別に考えるのが面倒というわけではないのですが、久々の自転車ということで考えた結果、走りやすくて景色のよいところをリストアップしたら一緒のルートになってしまった、ということです(笑)。

IMGP0530.JPG

中山道の脇往還である下街道は自分にとってホームグランドであり、最高の里山景観を堪能できる街道なのです。
やはりこの時期の東濃下街道の素晴らしい景観に魅せられているのでしょう。
いつもの旧街道、いつもの田園景観、いつもの里山景観・・・
いつもと同じ景色なのですが、訪れる時期によってさまざまな表情を見せてくれます。 今回もこの美しい景色に十分癒されてきました。
今回の自転車散歩日記は、8月7日と9月2日の両日を撮ってきた写真を中心にご紹介していこうと思います。

---------------------------------------------------------------

8月7日の下街道散策
土岐川に沿って瑞浪市街地へ。中島醸造から川沿いに釜戸地区に入ります。 復路は旧街道に沿って瑞浪市一日市場を経て土岐市に戻るルート。

IMGP0471.JPG
[右斜め上] 土岐川、浅野緑地公園にて

IMGP0473.JPG
[右斜め上] 瑞浪市内、土岐川を渡る

IMGP0474.JPG
[右斜め上] 瑞浪名物 若葉酒造の塀

IMGP0475.JPG
[右斜め上] 若葉酒造

IMGP0476.JPG
[右斜め上] 私の大好きな 中島醸造の塀をバックに・・・

IMGP0478.JPG
[右斜め上] 瑞浪市内、土岐川の堤防沿いを軽快に走ります。

IMGP0486.JPG
[右斜め上] 下街道 名滝周辺。真上をJR中央線が走ります。

IMGP0480.JPG
IMGP0483.JPG
[右斜め上] 長閑な下街道の田園風景(新白狐温泉付近)

IMGP0482.JPG
[右斜め上] 山の茂みの中に吊り橋の跡が見えます(写真がちょっと遠くて見えにくいかもです)

IMGP0492.JPG
[右斜め上] 瑞浪市鶴城地区(下街道)の古い町並み 旧街道に並ぶ町並みは何度来ても癒されます

IMGP0493.JPG
[右斜め上] 一日市場近くの若宮神社にそびえる杉の木

IMGP0494.JPG
[右斜め上] 正源寺にある地蔵群 ちょっとかわいい(笑)

IMGP0496.JPG
IMGP0497.JPG
IMGP0495.JPG
[右斜め上] 土岐市長養寺 境内の木々は若干色付いてきていました

-------------------------------------------------------------------------------------

9月2日の下街道散策
多治見スタート。土岐市から旧街道沿いで瑞浪、釜戸を経て、恵那市武並へ。 復路は中街道経由で瑞浪、土岐市へ戻るルート。

DSC_0105.JPG
[右斜め上] 多治見の下街道沿いにある "神明社"

DSC_0107.JPG
DSC_0108.JPG
[右斜め上] 多治見虎渓山と土岐市を結ぶ土岐川沿い。 並行して走るJR中央線高架下の煉瓦造りのトンネル

IMGP0509.JPG
[右斜め上]煉瓦の トンネルは趣きありますね。

IMGP0514.JPG
[右斜め上] 瑞浪市清水(下街道清水弘法堂付近)から望む田園風景

IMGP0515.JPG
[右斜め上] 瑞浪市釜戸地区、石材店前にある下街道、中街道の追分(左・伊勢街道=下街道 右・中街道)

IMGP0516.JPG
[右斜め上] 釜戸地区の下街道から見る里山景観。 向こうに中央線が走っています。

IMGP0517.JPG
[右斜め上] 明治天皇釜戸行在所跡

IMGP0523.JPG
[右斜め上] この辺りでよく見かける川に掛かるレトロな橋。 特にこの吊り橋は中でも素晴らしい。

IMGP0522.JPG
[右斜め上] 吊り橋をバックに記念撮影

IMGP0518.JPG
[右斜め上] 吊り橋とランドナー

IMGP0530.JPG
[右斜め上] レトロな石橋とランドナー

IMGP0524.JPG
[右斜め上] 恵那市武並の旧町並みに佇む酒蔵。既に営業はされていないそうです。

IMGP0528.JPG
[右斜め上] この酒蔵でひとやすみ。

IMGP0532.JPG
[右斜め上] 史跡 "釜戸地名発祥の地"

IMGP0533.JPGIMGP0534.JPG
[右斜め上] この切り立った岩場の形状が飯を炊く釜戸に似ていることからこの地に "釜戸” という名前が付いたそうです。

IMGP0536.JPG
[右斜め上] 最後に瑞浪名物 "中島醸造" を土岐川の対岸から望みます。



何度となく訪れているこの東濃下街道。美しい里山の景観と古い町並みは、どれだけ観ても飽きません。
春には春の顔、夏には夏の顔、そして秋、冬と四季それぞれの表情を魅せてくれる下街道。
特にこの初夏から晩夏が一番素晴らしい顔になっています。
また、今度は赤が色づく秋に訪れてみたいと思います。


<<9月2日のルート>>


9月2日の走行データ
距離 61.6km
最大標高差 181m
平均斜度 上り:2.5% 下り:2.5%
獲得標高 上り:392m 下り:383m

9月2日の走行ルート
土岐市駅前~多治見市虎渓山
虎渓山~虎渓町
虎渓町~虎渓山
虎渓山~土岐市泉
土岐市泉~瑞浪市和合
和合~釜戸
釜戸~恵那市武並
武並~釜戸
釜戸~瑞浪駅前
瑞浪駅前~和合
和合~土岐市肥田浅野
肥田浅野~土岐市駅前

下街道(したかいどう)は、江戸時代に中山道と名古屋城下を結んだ脇往還で、善光寺道、釜戸筋、内津道、名古屋道、伊勢道とも呼ばれ、 中山道の大井宿と大湫宿の間にある槙ヶ根追分から、名古屋城下の伝馬町札の辻まで、土岐川(庄内川)の沿岸を通る全長15里の街道。
「日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の帰りにこの道を通った」と言う伝説があり、街道としての歴史は古い。土岐川は、川底が浅く急流であったために水運が起こらず、陸路としての下街道が発達した。
                                                   (Wikipedia より)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 6

jam

色々とレトロな橋が多くて撮影が楽しそう、
緑が効いてますね!
by jam (2014-09-05 18:20) 

ぼの

jamさま、
お久しぶりです♪
そうなんですよね。何度も来ているところなのに、
ついついカメラを構えてしまうんですよ(笑)。
で、往復60km程なのに、半日もかかってしまう…
でも、これが楽しいんですよね(笑)。
by ぼの (2014-09-06 00:54) 

のっぽさん

景色にランドナーが溶け込んでいますね!
by のっぽさん (2014-09-08 09:34) 

ぱぺっと

とてもいいですねぇ。
見ていると、旅が本当にしたくなります。
いつも走る同じコースでも、天候や季節、気温によってずいぶん感じ方も見え方も変わってくるのがいいです。
最後の酒蔵…うーん、行ったみたい、飲んでみたい!です。
by ぱぺっと (2014-09-08 10:55) 

ぼの

のっぽさん
こんばんわ。
こういった景色を堪能したくて
ランドナーを選んだのですよ♪

里山景観に本当に良く馴染みます(笑)
by ぼの (2014-09-12 00:34) 

ぼの

ぱぺっとさま、
ありがとうございます。
天候や季節だけでなく、自分の気持ち、テンションによっても
かなり変わってきますよ。
それにしても、自分で改めていうのもなんですが、
この地域、素晴らしいです(笑)

因みに中島醸造のお酒、
「始録」と「小左衛門」は格別に美味いです♪
一度お試しあれ(^^)v
by ぼの (2014-09-12 00:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: