So-net無料ブログ作成
検索選択

2014.07.15 美しい緑、阿木と岩村の農村景観を辿って [自転車散歩]

自転車復帰して一週間。 前回の走りで殆ど影響がなかったことをいいことに、復帰第二弾としてこの時期に見ておきたい風景を探しに、里山を散策です。
この時期に見ておきたい景観とは、岐阜県中津川市と恵那市の境界にある阿木(あぎ)、そして古い町並みが有名な恵那市岩村の田園風景。
この地区は「農村景観日本一」と呼ばれていて、この夏の時期が最も美しいといわれています。
今年は見に行けないかなぁ・・・と半ば諦めていたのですが、体調も良くなってきたし、思い切って行ってみることにしました。

IMGP0360.JPG
阿木、岩村方面へ向かうのは一年ぶり。 自転車で行くのはこれで3回目です。前回は瑞浪、山岡経由で回り、明知鉄道に並行して恵那市街地へ降りるルートではしりましたが、今回は身体のことを考え、恵那までJR、恵那から明知鉄道で輪行して阿木へ登る計画を立てました。

いざ、出発です。 と、ちょっと家のことで野暮用が出来てしまい、出発がかなり遅れてしまいました。電車のアクセスがちゃんとできればいいのですが・・・。

IMGP0338.JPG

案の定、恵那駅に着き、明知鉄道側へ向かうと次の電車は50分後。 待っているのも時間が勿体ないので、そこから阿木方面へ自走することに。
燕号を組立てて出発します。 しかし今日は暑い。 今日は暑さとの戦いもあるなぁ。
恵那駅から257号線を阿木、岩村方面へ走り出すと、次第に道は登りになってきます。 20分も漕いでいると、かなり登ってきました。

IMGP0339.JPG

あれよあれよいう間にかなりの標高に。 久しぶりのヒルクライム。 やはりちょっとしんどいです(苦笑)。
ちょっとづつ休憩を入れながら登っていきます。

IMGP0341.JPG

暫く登ると、ダムが見えてきました。 阿木川ダムです。 ここも、ダム湖100選に選ばれているそうで、期待が膨らみます。 しかーし! そこへ行くには私の最も嫌いなトンネル抜けがあったのです。ちょっと長いその "花無山トンネル" は、歩道があるとはいえ、やはり怖いです。 岩村から恵那へ抜ける最短の道ということで、車もかなり通ります。 トンネルの中はうるさいうるさい(苦笑)。 恐る恐る、やっとの思いでトンネルを抜けると・・・

IMGP0345.JPG

阿木川湖です。 ダム湖100選に選ばれた静かな湖です。

IMGP0346.JPG
IMGP0347.JPG

が・・・この暑さ。 人が見事にいません。 ドライブインも開店休業状態(笑)。
自転車を置いて暫し休憩。 いやぁ、それにしても暑い(泣)。 今日は35度を超えてるんじゃないかな?
自販機で水を買い、頭から被る。 気持ちがいい♪
阿木川湖を暫く散策し、阿木の田園を目指して出発です。
ダム湖を出て257号線から脇へ入り、阿木方面へ向かいます。地図上ではわかりにくかったのですが、結構アップダウンが激しくいきなりバテバテ状態(笑)。

IMGP0348.JPG

小さいトンネルを越え、阿木川湖に沿って走ります。

IMGP0349.JPG

すると、一面に広がる田園地帯が! 思わず自転車を止め、田園地帯を眺めます。 この田園地帯、見覚えがあります。 辺りを見回してみてわかったのですが、ここは昨年道に迷って偶然出会った風景だったのでした。なんという奇遇(笑)。 だったら、阿木の農村地帯もこの近くです。

IMGP0351.JPG
IMGP0352.JPG

先を急ぎましょう。この美しい風景をカメラに収めて、再び漕ぎ出します。 下り坂の道から見える吊り橋も記憶があります。間違いありません。 この道を下ると・・・ありました。
美しい緑一色の空間。 空の青と大地の緑とのコントラストが素晴らしい。

IMGP0354.JPG
IMGP0355.JPG
IMGP0356.JPG

この田園風景を観たかったのです。 今年も来てしまいました。 素晴らしい…
暫く自転車を置いてその場に立ち尽くします。 暑かったけど、終始アップダウンの道だったけど、来てよかった。燕号をバックに記念撮影。 ランドナーが風景に溶け込んで、いい雰囲気です(自分で言うのも何ですが…笑)

暫くこの地にまったりと癒された後は、次の岩村地区に向かいます。 阿木の集落を抜け、山を越えていきます。 一つ山を越えると岩村地区に入ります。 ここも農村景観の美しさは有名らしく、山を越えたところに展望台があって、岩村の田園景観を一望できるそうなのですが、その山を登って更に展望台まで登る気力がなく、今回はスルー。 実はこの時点で相当バテていたみたいです(苦笑)。

IMGP0357.JPG
IMGP0359.JPG

しかし、下から見てもこの素晴らしさは十分に伝わってきますよ。 途中、中富地区で、藁葺屋根の民家を発見。まじまじと見ると、藁葺屋根も素晴らしいですね。 後から知ったのですが、この民家、一日限定一組ですが泊まることができる民宿も兼ねているそうなんです。 一度、こんなところに泊まってみたいですねぇ。

IMGP0360.JPG

時間も押してきている為、ゆっくりもしていられません。 岩村の町並みまで先を急ぎます。

IMGP0362.JPG

しばらく走ると岩村の古い町並みに入っていきます。 ここは前回、前々回に来訪した記事を書いていますので、今回は割愛させていただきますが、この城下町も何度来ても素晴らしいですね。

IMGP0363.JPG

一通り町並みを一年ぶりに散策。駅前で休憩です。

IMGP0364.JPG
IMGP0365.JPG

驛構内のレトロな雰囲気は相変わらずでしたね。
しかし日陰がなく、暑いです。 じっと駅前ベンチで座っていてもじっとり汗がにじんできます。 暫くゆったりと体を休め、帰途に就くことにします。

帰りは、明知鉄道沿いを山岡方面に走り、山岡からもう一つのダム湖、道の駅「おばあちゃん市・山岡」を経由して瑞浪に降りていく、前回とは全く逆のルートを辿っていきます。

IMGP0366.JPG

この山岡辺りも 木々と山と田園の景観が素晴らしいです。 やっぱり来て良かったですねぇ。

IMGP0367.JPG

しかしこの帰り道に思わぬアクシデントに見舞われ、顔面蒼白の事態になってしまうとは・・・・
(以下のレポは、以前に記事にも載せているので、お読みになった方はご承知だと思いますが、もう少し詳しく載せておきます。)

山岡から道の駅までの間に、ちょっと足に違和感を感じるようになりました。 病み上がりで無理しちゃったからかな。 などと思いながらあまり気にせずに走っていました。 道の駅で休憩をとれば大丈夫だろうと、道の駅へ急ぎます。次第に違和感が痛みに変わってくるのを覚え、「これはまずい」と思い出したのですが、時すでに遅し。
両足はかなりの疲労しているのか、漕ぐ度に関節に痛みを感じるようになりました。 もう限界だと感じ、道の駅で休憩します。

IMGP0368.JPG

道の駅「おばあちゃん市・山岡」は日本一の水車がある素晴らしいところですが、そんな景色を観れるほどの余裕はなく、急いで室内に入り、身体を休めます。
十分休養と水分を取り、身体が落ち着いたところで再び帰途へつきます。

IMGP0370.JPG
IMGP0371.JPG

大分痛みも和らいできたので、小里川湖で写真を撮り、地元まで一気に帰るつもりでしたが、瑞浪まで降りてきたころに再び痛みが再発。 いつもの「さくらさくらのさんぽみち」に差し掛かるところで、信号待ちのために自転車を降りようとしたら、両足が曲がらず降りることができません。
自転車に跨ったまま、暫く呆然と立ちすくんだ状態なのです。 とたんに吹き出す冷汗。 これは相当まずい。
暫くして、やっとの思いで、自転車から降りることができ、最悪の速度で歩きます。 近くのコンビニで涼み、水とアイスクリームを買い、体を冷やします。 水は足と頭から被りました。

暫くしてやっとの思いで、自転車に跨ることができ再スタート。 しかし、50mも走らないうちに足がまた硬直してきます。 これが熱射病だとわかったのが遅すぎましたね(苦笑)。
歩いたり、休んだりしてやっとの思いで自宅に辿り着いたときにはもう18時をまわっていました。

病み上がりにロングツーリング、そしてヒルクライムにこの暑さ・・・。無謀でした。
帰り着いてからカミさんは勿論、次の日には職場でも同僚に怒られましたよ(笑)。
しかし、これが笑いごとで良かったです。一歩間違えば最悪の事態になっていたかもしれません。
皆様も、この暑い時期、熱射病には十分にお気を付けくださいまし。

ともあれサイクリングのほうは、一番いい時期にこんなに美しい風景を堪能できました。
これからは、十分に気を付けてサイクリングを楽しみたいと思います。



本日の走行データ
距離 51.8km
最大標高差 436m
平均斜度 上り:4.3% 下り:4.2%
獲得標高 上り:681m 下り:805m

本日の走行ルート
恵那駅~阿木川湖・阿木川ダム
阿木川湖~阿木
(農村景観日本一スポット)
阿木駅~飯沼
飯沼~中富
(岩村農村景観日本一スポット)
中富~岩村
(岩村古い町並み)
岩村驛~花沢温泉
花沢温泉~山岡
山岡~おりがわ湖
(おばあちゃん市、山岡)
おりがわ湖~小里
小里~瑞浪駅
瑞浪駅~和合
和合~土岐市肥田
肥田~土岐市駅

--ブログ内LINK--
2012.10.30 明知鉄道ポタ 岩村~日本大正村 
2013.05.17 恵那の里山、三つの日本一 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村



nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 6

suzutaka

ぼのさん、こんにちは
お医者様のお許しが出たからといって、このクソ暑い時期に日影が無いルートはヤバいですよ(笑)
阿木川湖やおばあちゃん市・山岡は見覚えのある写真です。どっちもそれなりの坂があったような気がします(^^;;
で、その間は確か田園地帯ですよね・・・・影が無い。
今日もぐんぐん気温が上がってます。私たち夫婦も来週はどうしようか悩み中です。
渓流沿いの緩やかな道があればいいのですが、難しいですね(笑)
by suzutaka (2014-07-25 20:38) 

ぼの

suzutakaさま、
ありがとうございます。
ほんと、ヤバかったです(苦笑)。
全く日陰がなかったのは計算外でした(笑)。
以後気を付けます(笑)。

しかし、今日も暑かったですね。
多治見地区はなんと39度超え(爆)。
私も来週は控えようと思います。
suzutakaさんも十分お気を付けくださいませ。
by ぼの (2014-07-26 00:36) 

jam

復帰の時期としてはちょっと大変な暑さですね~
しかし、写真を見ていると「ランドナーで撮りたい風景」だったのが伝わってきます。
写真を見ているだけでも川に飛び込みたくなりますね~

熱中症は気付いた時にはヤバいですよね、
塩分・水分解っちゃいるけど・・・
ちなみにかれこれ2週間ぐらいになるのですが我が家に一台だけある居間のエアコンが動きません、
冗談じゃ無く熱中症になりそうです。
電気屋さんが来るのは来週…
家族はブーブー
動かないのは私の責任じゃないのにぃぃぃぃぃ(泣
by jam (2014-07-26 09:14) 

ぱぺっと

帰りの緊迫感が読んでいても伝わってきました。

農村景観日本一は明智鉄道を利用した時にそんな場所があるんだというのを知って、そのときからわたしも行ってみたいとずっと思っているので、輪行経験と時間的な余裕ができたらいつかチャレンジしてみようと思います。
それにしても、やっぱり緑がきれいな田園風景が広がる時期が本当にきれいですよね。
行きたくなる気持ちもわからなくはないですね。とはいえ、やっぱりご家族やみなさんの心配を思うと…(^_^;)

by ぱぺっと (2014-07-26 17:21) 

ぼの

jamさま、
実は我が家もエアコンの調子悪いです。
リモコン部分が壊れていて手動でしか動きません(笑)。
いちいち椅子か脚立を出してきてスイッチを入れないといけないのです。
結構これが手間でして・・・(笑)。

しかし、暑いとやたらイライラして誰かに当たりたくなりますよね(笑)。
早く治るといいですね。
by ぼの (2014-07-26 23:48) 

ぼの

ぱぺっとさま、
明知鉄道、今度は各駅で降りて周りを散策してみたいです。
でも、秋ごろですかね(笑)。
もう熱中症は懲り懲りです(苦笑)。


by ぼの (2014-07-26 23:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL: