So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2015.05.11 新緑の比良山系 武奈ヶ岳と堂満岳、武奈ヶ岳周回登山 (其の一;堂満岳) [山歩き]

本当は4月に計画していた滋賀県の名山、武奈ヶ岳。残念ながらその日は天気が崩れるとの予報で急遽登る山を変更し、計画が流れてしまいました。
そしてその一か月後の5月11日、漸く武奈ヶ岳登山が現実のものになりました。
この山、以前からかなり気になっていた山で、予てから登りたいと思っていました。計画も何度もしましたっけ。しかし実現はされませんでした。
まず登山口が地元から遠いということ。滋賀県と言っても琵琶湖の向こう側。やはり実行には勇気が要りました(笑)。そしてこの山を熟知している方が当時はいなかったということ。色んな山の情報を摂取していくうちに、この山は道迷いによる遭難が多いということ。などなど…。
しかし、考えてみたらどれも克服できることだったのです(笑)。

DSC_0556.JPG


この春、武奈ヶ岳登山の呼びかけをしたら、思いのほか参加していただける方が多く、勇気付けられました。しかも、最近ご一緒していただけるようになった滋賀の山友さん(ケイさん)が武奈ヶ岳は何度も登られているとのこと。これは嬉しいですね。
早速、ケイさんとルートやCTを入念に計画。満を持して遂にこの日がやってまいりました。

ルートは色々案を出した結果、イン谷口から青ガレ(ケイさんお薦めのガレ場)、金糞峠を経由してまずは、この時期石楠花がとても綺麗だという堂満岳に立ち寄ります。そして再び金糞峠に戻り、コヤマノ岳から武奈ヶ岳山頂へ。
山頂の景観を楽しんだあと、下山は八雲平、北比良峠を経て登山口に戻るという周回登山に決定。

当日は絶好の天気。ワクワクしますね。本日のメンバーは自分を含めて総勢7人。さぁ、楽しみ登山が始まります♬

続きを読む


nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

2018.05.04 ヒトツバタゴ散策サイクリング in 東濃 (花とヒトツバタゴに囲まれた下街道自転車散歩) [自転車散歩]

5月に入り、気候も良くなったということで(え?良くなりすぎでもう暑いって?--笑)、久しぶりに自転車乗らないとなぁ…と考えていたところ、新聞の地方版に "ヒトツバタゴ満開" の記事と写真が載っていました。
「こりゃ行かなかんわ」ということで、早速自転車で "例のところ" へ。
"例のところ" とは地元東濃の名スポット、瑞浪市釜戸のヒトツバタゴ自生地です。

DSC_0424.JPG


天気のいい休日、ちょっとした自転車散歩に出かけてみました。
ヒトツバタゴのことに関しましては、先日この記事の序章ということで、速報をアップしていますので、そちらを是非ご覧くださいね。
ブログ記事はコチラ

続きを読む


nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

登山速報! 新緑の武奈ヶ岳(5/11)と御在所岳(5/15)に登ってきました。 [登山関連(山道具など)]

5月に入ってからGWの一連のバタバタで中々山歩きが出来ませんでしたが、11日と15日に行くことが出来ました。
11日はいつもの平日登山部の仲間で滋賀県は比良山系の武奈ヶ岳へ。15日は個人的な山行で、毎年恒例の御在所岳へ身内の追悼登山をしてきました。
この5月、中々スケジュールが詰まっていて、特に毎年恒例となっている御在所追悼登山が出来ないんじゃないかと危ぶまれていたのですが、なんとか5月中に登ることが出来てよかったです。

DSC_0617.JPG

5/11 武奈ヶ岳周回登山 


DSC_0774.JPG

5/15 御在所 追悼登山 


まだ、5月前半の「ヒトツバタゴ散策サイクリング in 東濃」の記事がアップされていないので、取り急ぎさわりだけ(笑)。 登ってきました報告をしたいと思います(苦笑)。
本編は後日じっくりとご紹介いたしますね。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

2018.04.30 エメラルドグリーンに輝く木曽の秘境、阿寺渓谷 [おでかけ、ぶらり旅]

今年はなんと最大9日もある大型連休、ゴールデンウィーク。
私には毎度そんな楽しい連休とは無関係。今年もGW期間中の休みは二日のみ(涙)。その貴重な休みをたまには家族サービスしなきゃ、ということで色々行き場所を考えた末、某SNSで知人が訪れていた阿寺渓谷へ行ってみることにしました。

DSC_0346.JPG




続きを読む


nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

2018.04.26 鈴鹿の奥座敷、最後の秘境「イブネ・クラシ」 (其の二:杉峠からイブネ・クラシへ) [山歩き]

新緑の歴史街道千種街道。その道程には信長暗殺計画の場になったであろう岩や、街道集落跡、鉱山跡など遠い歴史を物語る街道遺構が満載でした。そして目を瞠るような新緑の色!
素晴らしい緑のトンネルの中を潜っていくような素晴らしい街道歩きでした。
そして、もうすぐイブネへの分岐となる杉峠に到達です。

DSC_0155.JPG


…イブネ。最後の秘境。鈴鹿の奥座敷。どんな光景が待っているのでしょう。
期待に胸膨らませ、杉峠の最後の急登をこれから越えていこうとしています。
鈴鹿の奥座敷、最後の秘境「イブネ・クラシ」の第二幕が始まります。

※前回の記事、第一幕はコチラ




続きを読む


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

東濃お花巡り 2018 ~ ヒトツバタゴと初夏の花たち [Photo]

先日の休みをいただいた日、前日の新聞でいつも観に行く瑞浪のヒトツバタゴが見頃を迎えているとの記事を読み、久しぶりの自転車で観に行ってきました。
ヒトツバタゴは花をつけると、一気に咲き誇り、一週間ほどで散ってしまいます。
毎回見に行くのですが、休みの日程の問題で、見事に咲き誇るヒトツバタゴはいまだかつてお目にかかっていないのです。
昨年は残念ながら観に行くことすらできず…(涙)。 「今年こそは!」 と思っていた矢先の新聞記事。
こりゃ、行かなきゃいけませんね。
ということで、観に行ってまいりました。
今年は例年より少し早い開花だそうで、自分の休みとのタイミングはばっちり!(^^)v

DSC_0423.JPG


山行記が、イブネの記事のまっただ中なのですが、季節ものということで、またまたお話を中断する形になりますが、旬の写真をお届けいたします。
尚、このヒトツバタゴ散策の自転車散歩記事は後日記事にまとめますので、そちらも楽しみにしていてくださいまし。

続きを読む


nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

2018.04.26 鈴鹿の奥座敷、最後の秘境「イブネ・クラシ」 (其の一:新緑の千種街道) [山歩き]

最近、鈴鹿の山に魅了されています(笑)。今回もまた鈴鹿の山。今回は先日その名前の由来の記事でご報告していた「最後の秘境」とも言われている、鈴鹿の奥座敷「イブネ」と「クラシ」。
いつも御在所岳へ登って、望湖台から眺めていた奥座敷。

DSC_0036.JPG

最近知り合った滋賀のお友達にイブネに行く計画を聞き、同行させていただくことになりまして…。しかし、口コミって恐ろしいですね(笑)。次々に話が伝わり、当初三人の予定が最終的には総勢9人の大所帯に(笑)。
まぁ、気心知れた仲間たちですから、ワイワイと賑やかに登るのもいいかもしれませんね(笑)。
当初は釈迦ヶ岳登山の取り付きに利用した朝明渓谷の駐車場からの予定でしたが、前日までの雨により、増水が懸念され、急遽反対側の滋賀県は甲津畑から取り付くことに変更。直前に下見をしに行ってくれた滋賀の友人に感謝です。

ルートは甲津畑から千種街道を歩き、杉峠を経てイブネに向かう計画です。総勢9人の御一行様、ワイワイと楽しく賑やかな山行の始まりです。

その第一幕は、歴史街道で知られる新緑の千種街道歩きをお伝えいたします。

序章的な章、イブネの語源についての記事はコチラをご覧くださいませ。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

2018.04.19 花と苔と絶景に癒された春の御池岳周回登山 (其の三:苔の日本庭園から鈴北岳) [山歩き]

素晴らしくいい天候に見舞われた御池岳周回登山。
第二部は御池岳登頂後、絶景のボタンブチに廻り、テーブルランドで至福のランチタイム。そして奥の平に向かいました。
いよいよ最終章では、日本庭園で一面の苔の絨毯を楽しみ、鈴北岳へ向かいます。

DSC_0935.JPG


※ 前回のブログ記事はコチラ




続きを読む


nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

2018.04.19 花と苔と絶景に癒された春の御池岳周回登山 (其の二:御池岳山頂から絶景のボタンブチ、奥の平へ) [山歩き]

一年半ぶりの御池岳周回登山。初御池岳のお二人を含む総勢5名でのグループ登山です。
前編では花と苔のコグルミ谷登攀の模様をお伝えいたしました。第二弾は、御池岳登頂から絶景の天狗の鼻とボタンブチ、そして奥の平へ向かいます。

DSC_0919.JPG


※ 前回のブログ記事はコチラ

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

鈴鹿の奥座敷、最後の秘境「イブネ」…その語源とは? [登山関連(山道具など)]

山行記、御池岳の途中ですが、ちょっと話題を替えて…
4/26に「鈴鹿の奥座敷」といわれている 『イブネ』に行ってきました。
イブネはいつも御在所岳に登って望湖台から眺めているだけの秘境だったのですが、鈴鹿の山々を歩きだして3年、漸くその秘境に足を踏み入れることが出来ました。
本日の記事は、そのイブネ山行記のさわりをちょっとだけ。
本編は後日記事にまとめるので、そちらを楽しみにしていてください。


DSC_0146.JPG

ここイブネは "鈴鹿の奥座敷" とか "最後の秘境" などと言われ、登山者たちに人気のスポットになっています。今でこそ、ルートが確立され、歩きやすくなっていますが、昔は笹薮に覆われて中々到達するのが困難な場所とされていたようです。

続きを読む


nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -